Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

新卒者、転職者向け。良い会社選びについて。自分の体験談も交えて、私なりの見解をお話しします。

# 良い会社選びについて

皆さんは、「良い会社」に少しでも長いこと勤めたいという気持ちはありませんか?

私も、会社員時代、常に不満ばかり持っていて、いつも、「会社は俺のことを評価

してくれない。」と、ブツブツ文句ばかり言っていました。

でも、たとえ、どういう理由があろうとも、入社する時って、「自分である程度

納得して入社」している訳なので、文句が言えないのもまた事実。

では、「どうすれば、少しでも、良い会社に長く勤めることができるのか?」

を、私の経験からくる見解を含めて、お話しできればと思っています。

## ITが発達したこの時代、良い会社は、常に情報発信を怠っていない

今は、ホームページや、ブログ、そしてSNSなどの普及により、不特定多数の

人が、スマホやPCがあれば、発信できたりする時代であります。

私のような個人経営者でも、常に、ツイッターや、ブログでの情報発信を怠りません。

大企業でもそれは同じ。新しい商品のリリースがあるたびに、頻繁に情報を発信

して我々に教えてくれます。

だから、「情報発信=経営者の理念」と言っても、過言ではないと思うのです。

それに対して、「情報発信」を全くしない経営者、ブログを月一ぐらいでしか更新しな

いお店など、そういう会社は、ただ単に、「不信感」しか募りません。

「何をやっている会社なのか?」「経営者は、どういう理念を持ち、どういう事業を

展開していくのか?」と言った、何も情報発信がなされない会社というのは、

もし入社しても、雇用者は、あまり長く働けないのではないかと感じてしまいます。

### 入社する前は、ぜひ、会社の下見や、働いている人から、話を聞くことをお勧め!

まずは、面接に行く前に、情報を収集しましょう。

そして、過去、その会社で働いている人がいれば、話を聞いたりして、どんな会社か

ある程度、情報収集は必要です。

#### 雇用条件を曖昧にしたり、契約書がない場合は、入社するのをやめたほうが良い

個人経営や、零細企業でよくありがちな、「うやむや契約」を、しっかり「クリア」

にしておくことが必要です。

たとえば、「給与日はいつ?」「福利厚生?」などです。

大体の会社は、最初の3ヶ月は、時給は870円だが、4ヶ月目からは、時給が900

円になるのに、はっきり言わず、半年後に、施行されたり、土日勤務、深夜勤務の手当

てがつかなかったりという会社が多いです。

私も過去、そういう会社や個人経営者のもとで、働いたことがあるので、よく分りま

す。

そういう会社は、ただ、雇用者を「人として扱わない」人が多い傾向にあるようなの

で、早く見極めて、転職したり、退職したほうが無難だと思います。

##### 雇用者のSNSを覗き見する経営者も要注意

これは、私の過去の体験談ですが、ある会社に勤めた時に、その社長の態度が日に日に

変わっていくのが、目に見えて、分りました。

結果、その会社を辞めて、始めてわかったのですが、ツイッター上で、ものすごい

リサーチをかけて、「私であろうツイートを探し当て」常に、監視をされていたこと

に気づいた訳です。

別に実名をだしていたわけでもなく、顔出しをしていたわけでもないのに、ものすごい

執念だなんと後になって、背中が凍りついたような、いやな思いをした思い出があり

ます。

後、「本人の許可も得ずに、前の勤め先に、本人の仕事の評価」を聞かれていたりも

していたようで、それも後になって分りました。

もし、そういうことをされたら、直ちに、弁護士などに相談して、指示を仰いだほうが

良いと思います。

法律上、「本人の同意なしに、前の会社に、本人のことを、いろいろ聞くのは、

法律違反である」ので、決して、泣き寝入りすることはないと考えます。

私は、自己紹介文でも述べている通り、持病持ちだということを、面接時に述べて

おらず、そのことも、当時、勤めていた社長は知ってしまい、挙句の果てに、

そこで勤務している、ほぼ全社員にバラされてしまっていることも判明。

私は、もうこの会社でいるのは、自分のためにはならないと判断しました。

###### 100%自分に合う会社など、この世に存在しない。でも、決め手となるのは 経営者の価値観と、あなたの価値観が一致するかどうか

少しでも、「不信感」を抱くような会社であるなら、入社するのは辞めましょう。

そこで、大事なポイントとして、会社選びに重要なことは、給与よりも、経営者を

信頼できるかどうかです。

ここがしっかりしていて、あなたが心地よく働けるのであれば、多少の無理も聞けたり

しませんか?

逆に、「自分の価値観が明白ではなく、言っていることと、やっていることが違ったり

パワハラ上司を蔓延させていたり、部下が困っていても、助けてくれない、放置プレー

の経営者が存在するなら」それは、あなたがその会社を、「選択ミス」したことに

なります。

まあ、すべて、会社や経営者の問題とは言えませんが、失敗した人生を送ることの

なきよう、常にスキルを磨き上げ、あなた自身しかできないことを構築できれば、

それに越したことはありません。

以上、如何でしたでしょうか?

全て、賛同いただけなくとも、少しは、自分の考え方と同じであるなど、共感を

持っていただけましたら、参考いただければ幸いです。

人生、「お金」に執着しすぎても、決して良い方向には転ばないという例えを

お伝えしました。