Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay、ヤフオク、アマゾン物販初心者必見。副業レベルでは、意外と知り得ない、「固定費」から「確定申告」のお話を説明します。

# 商売する上で、回避できない取引項目とは?

ebay、ヤフオク、アマゾン転売ビジネスの初心者の皆さんは、商売をする上で、

絶対に回避できない「取引項目」があるのですが、お分かりになりますでしょうか?

今回は、その点について、お話していきたいと思います。

先日書いたブログの復習「収支について」にて

まずは、7/26に書いた以下のブログを、復習がてらご覧ください。

https://blog.hatena.ne.jp/ebaysearteacher/ebaysearch.hatenablog.com/edit?entry=26006613378231896

簡単に言いますと、どんなビジネスにも、「収支のバランス」について、書かせて

いただき、特に、転売ビジネスの例で挙げた場合ということにも、触れさせていただ

きました。

このブログをご覧になって、お分かりの通り、売り上げが発生すると、必ず

  • 仕入
  • 送料
  • 手数料
  • 梱包費

などなど、発生することは、もう図を見ていただければ、一目瞭然だと思います。

では、売り上げが挙がっていない場合でも、放っておいても流出していくお金と

いうのが存在します。

これを、一般的に、「固定費」と言いますが、「固定費」とは、どういったものが

あるか、お分かりでしょうか?

### 固定費の種類

まず、

  • 光熱費(家に居ると、使わざるを得ない費用)
  • 通信費(電話、インターネット)
  • 水道代(トイレなど、仕事中使用した場合)
  • その他

ざっと思いつくまま、書いても、これだけの固定費が存在します。

つまり、売り上げが挙がって、「やった〜〜!売れたぞ〜〜〜。」と嬉しがっても、

まだ、存在するのが、この「固定費」です。

意外と、転売ビジネスの初心者の皆さんは、売り上げ計算の時に、「固定費」が

頭の中から、抜けていたりする人が多いと思われます。

#### 副業であれ、年間所得が20万円を超えると、確定申告の対象になる

正直、あまり、このブログでは書きにくいですが、敢えて申し余すと、副業であれ、

「買ってから売る」ということをしている限り、もう「事業」と見なされるのが

通常です。

よって、事業届けを出していない場合は、副業であろうとも、年間所得が20万円を

超えると、「確定申告」をしなければいけないのです。

これは決められた事項でありながらも、実際きちんとできている人は、どれほどいるか

は、ここでは触れないでおこうと思います。

ですが、いくら副業レベルであろうが、所得が低かろうが、「決め事は決め事」です。

ストア運営者=経営者なので、このことを理解しておくのは、当然かと思います。

##### 転売ビジネスは、「手数料と固定費で、利益は結構なくなっていく」

例えば、事業として、ebayを運営していく場合、たくさんのお金が毎月支出として

出ていきます。

例えば、

  • 事務所の家賃(自宅を事務所としていて、まだ住宅ローンが残っている場合も、ここには含まれるが、詳細は割愛)
  • 事業車(家の車を使っている場合は、仕事用とプライベート用は、分割する)
  • 各種保険
  • 接待
  • 出張費
  • その他、諸々

とりあえず、出ていくお金は、仕入代金、送料、梱包費以外にも、まだまだたくさん

あるのです。

巷で、「利益100万円突破〜〜」と言っている人も、結果、本当にこれらのお金を全部

差し引いて、利益100万円と言っているのか?と、疑問に思う必要があります。

###### 副業レベルでは、上述事項なんて、関係ないなんて、思っていない??

確かに、副業レベルなら、そんな細かいこと、「私たちには関係ないよ」って、

思っていませんか?

でもね、何度も言いますが、副業であろうとも、「ストア運営=経営者」であるわけ

です。

そうすると、これを知っているのは、まず前提であり、その上で、商売をする際に

必要となる「自己資金」を持って、「転売ビジネス」に挑まないと、本当に

一人で商売をして、家族に頼ることなく、すべて自分で賄うのであれば、相当負担に

なるのです。

多分、転売ビジネスで、確定申告をしたことのない方がほとんどなので、あまり実感が

ないかもしれませんが、まさにこれが真実です!

以上、参考になりましたでしょうか?

副業であれ、本業であれ、目指すのは、「利益」のみ。

なら、利益をたくさん残すためには、放っておいても出ていくお金「固定費」を

徹底的に見直しましょう。

どの会社にいようが、ご自身で商売をしようが、この「無駄なお金を抑える」ことは、

決して、忘れてはいけないと私は考えます。

少し、難しいお話になったかもしれませんが、あまり、転売ビジネスをやっている

コンサルからは、ブログなどで語られることではないと思ったので、こちらで書かせて

いただきました。

今すぐには関係ないかもしれませんが、どうか、皆さんの頭の片隅にでも置いてもらえ

ると幸いです。