Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay物販初心者の方必見!リサーチに行き詰まった時は、アカウントからリサーチの幅を派生させていく方法もあることを、マインドマップで描いてみました。

# リサーチの幅を、TRSのアカウントから派生させていく方法

毎度、皆さんのリサーチで理解できていないところを体系的に気づいていただけるよ

う、マインドマップで描かせていただいておりますが、今回は、「アカウントから

派生させていく方法」を伝授します。

アカウントの場合は、他と違って、アカウント以外にも、様々な派生のさせ方に

気づくことができますし、そのアカウントセラーの、ある部分を研究するだけで、

今後、フォローすべきセラーかどうかの判断もできてしまいますので、ぜひ

ご覧ください。

## Terapeakで、検索キーワードから、よく売れている、アカウントに注目する

まずは、私が描いた、マインドマップをご覧ください。

f:id:ebaysearteacher:20190802000845j:plain
マインドマップ ebayリサーチ アカウントからリサーチ幅を広げていく方法

この図でいくと、リサーチであなたがフォローしているアカウントが、

・AからD

までいたとします。(仮)

次に、あなたがフォローしているアカウントのセラーは、どういった、検索キーワード

の商品をたくさん売っているのか、さらに、枝分かれをさせて、派生させていきましょ

う。

すると、扱っているキーワードの商品は、無数に出現することがわかるはずです。

(それが、○の中を、黄色で塗りつぶしてある区域になります。)

### キーワード→出品形態に派生させていく

次に、たくさんのキーワードをあぶり出したら、あなたがフォローしているアカウント

のセラーが、次に、「どういった出品形態で出品した時に売れているのか?」

を、枝分かれさせていきます。

(それが、○の中を、ピンク色で塗りつぶしてある区域になります。)

この時点で、私なら、「どのアカウントをフォローして、どのアカウントをフォロー

しないか」を決めてしまいます。

つまり、

・アカウント→キーワード→出品形態

と来て、その出品形態で、「フォローする必要がない」と、切り捨ててしまうわけで

す。

#### 出品形態を見るだけで、その舞台で戦えるかどうかが、決まってしまう。

私が思うに、参考すべき、TRSセラーは、

  • トレンドを抑えるのが上手
  • 誰よりも早く出品をする
  • 適正個数が売れたら、さっと撤退できる

セラーだと思うのです。

そこに加えて、出品形態に非常に無駄がなく、「どうすれば、回転率を早く

して、売り捌けるか?」を、知っています。

これができていないセラーも大勢います。

ただ、私が見る限りでは、できるTRSセラーは、この「出品形態」に他の人とは

違った「工夫」をしているのがわかるのです。

##### ebay物販初心者は、検索キーワードから、どう派生させていけば、キャッシュを 生むかの方法が理解できていない

先日のブログで、「ebay物販初心者は、検索キーワードから、どう派生させていけば

キャッシュを生むか?」ということを、理解できていないことを、お話ししました。

詳細は、以下、ブログを載せておきますので、よろしければ、ご確認をお願いします。

blog.hatena.ne.jp

ただ、今回のマインドマップで、体系的に見ていただくことで、だいぶ、私が

何を言おうとしているのかが、より理解が深まったのではないかと思っています。

要するに、リサーチで、「キーワード」だけが、全てではありません。

それをどう「派生させていくか」を学ぶのが、このマインドマップなのです。

###### リサーチには、深堀が大事

ebay物販初心者の皆さんは、長期に需要のある商品を、「売れたら補充」だけして

運営できるような、商品を扱いたいと思ったことはありませんか?

そこには、「活きた検索ワードの使い方」を知る必要があり、それには、深掘りを

していくことが大事です。

確かに、検索キーワードだけでも、売れないことはないですが、多分、超短期需要の

ある商品しか扱えず、また次のお金になるネタを、永遠に探し続ける羽目になるの

です。

もし、長い間、ebayで商売をしていこうとお考えなら、短期需要の商品よりも、長期

需要のある商品を取り扱い続けられるよう、皆さんの間違った考え方を変えていかない

と、いつまで経っても、この転売ビジネスで、潤うことができないと思います。

以上、いかがでしたでしょうか?

私も、マインドマップという手法で、皆さんのリサーチでつまづきそうな箇所を

書かせていただくことで、「気づき」があるのではと期待をしながら、毎度

マインドマップを描かせていただいております。

もし、自分の不得意とするところが、マインドマップを描くことで、気づくことが

できるのであれば、ぜひ、私の過去のブログなんかでも参考にいただき、

ご自身でも描き進めていっていただければと思っています。