Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebayリサーチで、リサーチ対象となる「参考になるTRS(Top Rated Seller)」の見極め方として、「評価(feedback)内容」でも判別すると良いです。

# リサーチで、参考すべき、良いTRSセラーとそうでないTRSセラーの見極め方とは?

誰かのブログで、「リサーチに困れば、TRSセラーの商品を参考にしよう!」

と、書かれているのを、目にしたことはありませんか?

私もその中の一人で、「参考になるTRSセラーを真似てみよう!」と、何度も、

ツイッターやブログで書いたことがあります。

それでは、一体、「参考になるTRSセラーとは」どういったセラーのことを

いうのでしょう?また、「そうでないTRSセラーってある?」と、思われた

方へ、私が、その判断基準の一つとして、判別方法を伝授させていただきますので、

ご参考いただければと思います。

## リサーチ対象となる、TRSセラーを見つけたら、まずは評価のNegative内容をチェック!

例えばですが、皆さんは、リサーチをする時に、「あ?利益がでる商品を見つけた

ぞ!」と思い、わざわざ、そのセラーの評価を見たりする人は、いるでしょうか?

多分、ほとんどの人が、「見ていない!」と、答えるのではないかと、私は思うので

す。

ですが、私は、敢えて見るようにします!

理由は、「Negativeの評価内容には、学ぶべきことがたくさんあるから。」です。

まず、以下の一例をお見せします。

f:id:ebaysearteacher:20190806232644p:plain
Negative feedback その1

これは、あるTRSセラーの、評価内容です。

ある月の初旬段階で、3件の、Negativeをもらったようですが、お客さんの評価内容が、

  • 到着後、梱包がボロボロだった
  • 長期間、家を留守予定だが、未だ到着していない

などの、評価内容になっています。

バイヤーの評価内容を見る限り、完全に、「セラーに大きな非はなさそう」だという

ことが推測されますね。

これぐらいの内容なら、誰にでも起こりうる内容だと、私は思います。

では、逆に、すでに10件以上の、Negative feedbackをもらっている

TRSセラーの評価をご覧ください。

f:id:ebaysearteacher:20190806233159j:plain
Negative feedback その2
f:id:ebaysearteacher:20190806233223j:plain
Negative feedback その3

評価内容を見ると、

  • まだ到着していない
  • 問い合わせのレスポンスがない
  • 皆さん、買わないほうが良いですよ。。。

など、もう酷評きわまりありませんね。

このように、リサーチをする上で、全ての人が、評価率100%とはいかなくても、

「バイヤーへの、アフターフォロー」があるかないかで、評価内容に大きく現れて

います。

つまり何を言いたいかというと、negativeが多い人は、「酷評内容で、リサーチ対象と

なるTRSセラーかどうか」を判別する、一つの基準となるのです。

### つまり、どういうこと?

negativeには、我々が学ぶべき、様々な内容があります。

目的は、販売経験が少ないebayセラーは、「反面教師」として、気をつけるべき

だと思うのと同時に、評価内容に記されている商品タイトルから、もし、あなたが

リサーチで見つけた商品が、「酷評」されていたら、その内容によって、

「取り扱うべきではない。」という判断ができてしまうメリットもあります。

例えば、あなたがリサーチした商品のあるセラーさんの、negative内容を見ると、

1ヶ月に二度も、同じ対象商品で、「箱がボコボコ」とかいう内容があれば、

「もしかしたら、売れ筋商品かもしれないけど、輸送中に、トラブルがあった時に、

商品が壊れやすい特性があるのかもしれない。」という、「推測」が可能だったり

します。

「実際、商品自体、普通の商品のようには見えるのに!」ということです。

おそらく、ほとんどの人には、理解してもらえないと思いますが、過去、何度か、

negative評価を見て、私も判断の間違いをストップできた過去がありました。

そういった商品は、いずれ、「リサーチ検索」から、だんだんと消えていったり

出品者も少なくなっていくものなのだということも、同時に学ぶことができたのです。

なので、対象セラーの、「Negative評価には、たくさんの学ぶべきこと」が詰まって

いるので、私は、Negative評価も同時に見るようにしています。

#### それ以外に、判別できる基準はないの?

それ以外に、判別できる基準は、まだあります。

対象出品者の「販売形態」です。

「大量在庫を持ち、価格はぎり黒字」で販売しているセラーさんは、リサーチ対象から

外しても構いません。

そういう「販売形態」のセラーさんは、別に、「この商品で、利益が取れなくても、他

のところで利益を取っている」から、問題ないのです。

ですが、まだ販売経験が少ない、ebayセラーが、「売れているから!」といって、

同じ商品を、そのバイヤーより安く出品したところで、多分、売れていくことはないと

思います。

##### 大事なのは、お客さんにきちんと向いているセラーかどうかということ

私が考える、「参考にすべく、TRSセラー」さんは、

  • 評価は、常に99.5%以上をキープ
  • negative feedbackの内容はどうか?
  • 販売形態も、大量在庫を持たない、常に3個づつぐらいで出品している
  • 専門性があるか?
  • terapeakで常連か?
  • 大きく利益を取りすぎていない

などを、見ると良いでしょう。

こういったセラーさんからは、「常に学ぶべきところ」がたくさんあります。

ebayでまだ販売経験が浅いセラーさんは、特に、こういったセラーさんから、

上述で挙げたことを意識して学ぶようにしてみてください。

リサーチでは、「Positive」からと、「Negative」からと両方から学べる

ことが可能です。

「TRSセラーを真似しよう」という意味は、こういった経緯があるからです。

あと、Positive評価の高いTRSセラーさんは、「お客さんに向いている」良い

セラーさんでもあると言えるでしょう。

そういう意味でも、総合的に、リサーチする上では、我々もバイヤー同様、

「評価内容」で判断できることが、たくさんあるという事例でした。

いかがでしたでしょうか?

まだebay物販を始めた方は、「なぜ、Negativeを見ないといけないの?」

って思われたかもしれませんが、negativeのバイヤーが記載した内容を見るだけ

でも、「学ぶべきこと」と、「リサーチ対象」とすべきセラーであるかの

判別ができてしまうということを、お教えしたかったのです。

もちろん、これらが全て、正しい「良いTRSセラーの見極め方」とは言いませんが、

あながち間違いではないとも、自分の様々な経験から、分かっているので、

もし、リサーチで、「誰を真似たら良いのか?」を、悩んでいる人は、こういった

ことも参考にしていただけたらと思います。

皆さんの参考になりましたら幸いです。