Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay、ヤフオク、アマゾン転売で、利益率にお悩みの方必見。高利益率を維持するヒントは、うどん屋さんに隠されている!

#### 利益率って、大事ですか?

ebay、ヤフオクそしてアマゾンの転売ビジネスをやっていると、嫌でも管理しないと

いけないのは、「利益率」というもの。

では、この転売ビジネスで、「高利益率が維持できていない」と、悩んでいるあなた

へ、毎取引で利益率を高く維持する必要はなく、

  • 月1集計
  • 年1集計

ぐらいのペースで、利益率があがっていれば、OKだということをお話しします。

それに加え、日本で有名な、「某飲食店」を例とし、「ある販売手

法」で、高利益率が確保できている仕組みも、合わせてお教えしたいと思います。

これを見て、あなたも、ebayや他の転売ビジネスで、すぐに実践できる手法

だと思うので、真似してみてほしいと思います。

## 毎取引で、高利益を維持するのは、困難なので、諦めよう!

ebay、ヤフオクそしてアマゾン転売では、プラットフォームが違えど、やっている

ことは一緒です。つまり、「仕入れて、販売する」ということです。

でもね。皆が毎取引で、高い利益率を維持するのは、難しいのですよ。

理由としては、過去、ブログで何度も申し上げている通り、

  • 手数料(ebay+paypal)

が存在するからです。

これは、月一とかに発生するのではなく、あなたの商品が落札されるたびに、

プラットフォームが、販売額から、勝手に差し引いているわけです。

これって、結構、痛いですよね!

だけど、「他人さんのプラットフォームで、販売している以上は、それぞれの

規約」というものが存在し、それに従わないといけません。

だから、回避しきれない、この手数料があるからこそ、毎取引で高い利益率を維持

するのは無理なので、諦めた方が良いということです!

### 毎日の収益は、しっかり管理しよう!

では、高い利益率を確保するのは、難しいと言っても、ストアを運営している

「謂わば経営者」である以上、毎日の「売上管理」は、必ずしないといけません。

そして、毎取引で、「どれだけの収益」があったかを、管理する必要があります。

その中に、「利益率」という項目もありますが、毎日「どれぐらいの利益率が

達成できたのか?」を、表計算で管理しておきましょう。

経営者である以上、こういう管理をするのは、当たり前です。

自分のストアの経営状況を知らない経営者なんて、この世に存在しません。

#### 正しい利益率は、年一で集計結果として出てくるもの

最終的に、確定申告の前に、あなたの利益率が、平均以上なら、私はそれで御の字だと

思っています。

なぜかというと、こう言った転売ビジネスは、いつどこでどういったトラブルに

遭遇するか、わからないからです。

よくある事例として、海外輸出の場合は、「商品未着」とか、「商品破損」とか、

「詐欺」なんかもあります。

その度、運営側が味方をしてくれれば良いですが、毎度、セラー側に立った判決

を下してくれるとは限りません。

だから、セラー側が、「負ける」ことの方が、ほとんどだとお考えください。

そうすると、せっかく、集計した利益率も、問題が発生した時点で、返金対応

に追われ、正しい利益率など、出せるわけがありません。

よって、あえて、そこは気にせず、年末時点で、平均以上なら、私は御の字だと

思うのです。

##### 日本国内大手企業から学ぶ、利益率の考え方と、高利益を生む方法とは?

皆さんは、日本国内の飲食店って、「低い販売単価で、利益出せてるのかな?」

って、不思議に思ったことはありませんか?

実は、低い販売単価でも、「ある販売手法」で、大きく利益を生んでいるのです。

例えば、うどん屋さんを例にすると、お店では、うどんの種類が豊富にあり、惣菜、

握り飯などがありますよね?

それぞれ、お店に並ぶまでに発生した「製造原価」とは、どれぐらいかって、

考えたことはありますか?

まあ、普通の人は、そこまで考えたりはしませんよね。でもね。あんな低い単価

でも、見えないところで、しっかりと利益率は保たれていて、全体で良いバランス

を保たれているから、平均しても、利益率は高めなのですよ。

例えば、

・うどん一杯の販売単価 5〜600円

ぐらいだとすると、粗利益は、60%〜70%は取れていると思います。

要するに、原価率がものすごく低いわけですね。

うどん一杯を例にすると、製造原価は、約200円ぐらいといったところでしょうか?

こればかり売り上げていても、うどん屋さんは、商売あがったりです。

そこで、惣菜や、握り飯が登場します。

おそらくですが、うどんよりも、惣菜や握り飯の方が、売上はずっと大きいと思いま

す。

ですが、売上が大きい分、そこまで利益率は多くはないと考えます。

そんな感じで、毎日、バランスよく、保たれているので、利益率はそれぞれバラバラ

でも、1日の売上集計の時は、大きな利益率を生んでいるのです。

要するに、「いろいろなものを、組み合わせて、相乗効果を図っている」という

ことなのです。

###### 出品するときも、「販売形態」を意識すると、利益率は向上します

例えば、あなたが、Aという商品を単品で出品したとします。

その利益率は、単品売上ベースで、10%としましょう。

10%って、正直、大したことないし、こんなのがたくさん売れたところで、

利益もたかがしれてますよね?

でも、Aという商品を、複数で販売する代わりに、「何個以上買うと、○○%オフ」

といえば、お客さんは、「そっちの方が得だから、買ってしまおう!」という

心理が働きます。

つまり、売上も、単品より、複数販売の方がずっと上がるし、利益率も複数販売の

方が、ずっと高くなるわけです。

これで、お分かりでしょうか?

つまり、リサーチをする時に、売れ筋商品を見つけたのは良いけど、「単品で

出品する商品」と、「複数で出品する商品」というところも、意識しながら

リサーチができると、なお良いということですね。

商品によっては、お客さんの需要により、まとめ買いなんかも、たくさんあるわけな

ので、お客さんからすれば、「様々な出品形態」があるセラーから購入できた方が

お互い、win winになれるというわけなのですよ。

以上、利益率について、記事を書いてみました。

転売ビジネスを始めた頃は、あまり気にもしなかったと思いますが、上述した通り、

こういった観点から考えていくと、リサーチの幅や、商品の売り方も、じっくり

考えるきっかけになったのではないでしょうか?

ぜひ、気になる方は、出品形態を見直して、様々な出品形態で、利益率の向上に

努めてみてください。