Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay物販で、売り上げ増加に悩んでいる人必見。ペイパルのレポートで、分析して、対策をすれば、改善の余地ありです!

売り上げ増加のために、発送国を拡大するのは、間違っています

ebay初心者の方で、「売り上げが、なかなか上がらない!少し発送国を

拡大してみるか?」と、思ったことがある人は、少なからず、いるのでは

ないでしょうか?

そんな私も、ebayを始めた頃は、「そのような安易」な考えを持ってい

ました。

でも、経験を積めば積むほど、この発送国の拡大など、「意味がない」

ことに気づかされるのです。

この記事では、売り上げがなかなか上がらないと悩んでいる方へ、私の経験

も交えて、お伝えしていこうと思います。

売り上げが上がらないのは、出品商品に需要がないから

売り上げが上がらないのは、決して、あなたのストアで扱っている商品全てが

問題があるわけではありません。

結論から言うと、

  • バイヤーの需要性がない
  • 価格が高い

だけだと思うのです。

もし、「価格が高い」だけなら、安くすれば良いだけだですが、「需要性がない」

のであれば、見直すのは、セラーであるあなた自身の「リサーチの精度を上げる」

ことだと思います。

売り上げを上げるよりも、「利益」に目を向けてみる

確かに、売り上げ増加も大事ですが、ストアを経営しているのであれば、最終的に

利益を残さなければ、意味がありません。

売り上げ増加は、高価な商品を販売すれば、誰でも売り上げ増加は可能です。

ですが、最終的に利益を残すことが重要なわけで、あまり「売り上げ増加」に躍起

になることは、私は必要ないのではないかと思います。

売り上げを上げるよりも、支出を減らすことの方が、数倍簡単!

先ほども申し上げた通り、「売り上げ増加」に伸び悩んでいるのであっても、

販売経験さえ積めば、誰でも、売り上げは必ず上がってきます。

それよりも、利益を残すためには、ストア運営者として、「支出」を減らす

努力をすべきではないでしょうか?

以前のブログで紹介した、「ebayで商売する上での、利益の内訳」と言う内容で

紹介したこの記事を、よろしければ、今一度、お読みください。

www.tani-blog.com

ebayでは、固定費の比率が、まあまあ占めています。

他人のプラットフォームで商売しているので、当然といえば、当然です。

そこを理解した上で、「減らすべきところは、まだまだたくさんある。」と言うこと

です。ここを理解しないと、いつまで経っても、利益の向上にはつながりません。

月一で、売り上げ国の分析をしてみよう!

皆さんは、ペイパルで、「対象月に、どの国の人が、どれくらい購入してくれた」

と言う、パーセンテージを表示しているグラフを見たことはありますか?

以下が、ペイパルのレポートから、見ることができる対象のグラフです。

1:まずは、ペイパルにログインし、レポートのページに移動する。

f:id:ebaysearteacher:20190811144954j:plain
paypal 売り上げ分析 1

2:レポートの、「分析情報」をチェックする。

f:id:ebaysearteacher:20190811145106j:plain
paypal 売り上げ分析 2

3:売り上げの内訳金額が、「国内」「国外」と、それぞれ表示される。

f:id:ebaysearteacher:20190811145217p:plain
paypal 売り上げ分析 3

4:国毎の、ランキング表示も確認できる。

f:id:ebaysearteacher:20190811145307j:plain
paypal 売り上げ分析 4

5:顧客情報も明確に表示されている。

f:id:ebaysearteacher:20190811145351j:plain
paypal 売り上げ分析 5

つまり、この部分で、あなたのストアの「売り上げ分析」ができてしまうのです。

よって、「売り上げが上がらない」のは、発送国の拡大という対策は間違っており、

「どこの国の人が、何を買ってくれるのか?」まで、分析できれば、今後の商品展開

ならびに、リサーチにも、方向性が見えてくるのではないでしょうか。

以上、如何でしたでしょうか?

売り上げ増加に伸び悩んでいる前に、まずは、こういった無料で提供されている

レポートをしっかり分析して、活用しましょう。

通常、購入される国というのは、上位5国でほぼ売り上げも占めてくると思うので、

完全な「ワールド ワイド」にする必要性は、私はないのかなと思っています。

逆にいえば、このように、レポートを使い、分析をすることで、対策も絞れる

はずなので、あえて、発送国を拡大するのは、効率が悪いと思います。

以上、皆さんの参考になりましたでしょうか?

売り上げの頭打ちにあっているセラーさんの、少しでも参考になればと思っています。