Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay、ヤフオク、アマゾンの転売をしている方へ、リサーチで売れ筋商品を見つけられない場合は、「○○○○ー」をブラさないことを意識しましょう!

リサーチでは、ブレてはいけないものとは?

ebay、ヤフオク、アマゾンをされている方へ。

日々のリサーチで、「利益のある商品」を見つけるために、「なかなか売れ筋が

見つからないな〜」と、お悩みの方も、おられると思います。

そこで、「短期需要」のリサーチについてではなく、「長期需要のある商品」を

見つけるための最短の方法をお教えします。

今、リサーチで、「少し、ブレブレなリサーチをしているな〜」と思われる方は、

ぜひ、ご参考にいただければと思います。

そもそも、リサーチで、売れ筋商品を簡単に見つけられれば苦労はしないはず

皆さんは、日々のリサーチに、どれぐらいのお時間をかけていますか?

ベテランがよく言う「15分ぐらいで、利益○○万円」と言うのは、日々の鍛錬と

経験からきているものであって、初心者の方は、まだそんな短時間で、売れ筋を

見つけるまでには、至っていないと思います。

だから、売れ筋商品を、短時間で見つけることができるまでは、日々の

積み重ねが大事ですが、リサーチについては、やはり、「時間をかけてじっくり

取り組む」のが良いと、私は思います。

そして、リサーチにも目的意識を持って、決めた時間で、リサーチから出品まで

やりきるのが良いと思います。

目標は、リサーチの頻度を減らし、放っておいても、売れ続けていく商品のリサーチ手法を身につけることである

とは言っても、販売経験を積み、長くやればやるほど、誰でもリサーチ時間は、短時間

で済むものですが、頻度をさらに減らしていきたいと言う気持ちも出てくると思いま

す。

リサーチの時間をさらに減らして、余った時間を他のことに費やすことができれば、

より理想ですよね。

ですので、私が言う「放っておいても、長期的に需要があり、且つ、リサーチの頻度が

徐々に減っていくリサーチ方法」とは、

- カテゴリーは、絶対にブラさない

です。

つまり、早く結果を求めようと、うわべだけで、「売れていないから、この

カテゴリーは止めておこう」って、ほとんどの人が、そのように思うのですが、

正しいリサーチは、「カテゴリーをブラさない」ことが一番だと私は考えます。

カテゴリーをブラしてしまうと、あなたの主目的である、「長期需要のある

商品」がいつまで経っても、見つけることができないと言う現象が発生するのです。

だが、商品のジャンルは、変えてもOK.

先ほど、「カテゴリーはブラさず」と申しましたが、それでも、「具体的にはどうした

ら?」と思う方もいるかもしれません。

そこで、次に取る行動として、「ジャンル」を変えることです。

もう少し細かく言うと、

カテゴリー:靴 商品ジャンル:子供→若者→大人→老人(向け)

みたいな、イメージだとお考えください。

こう言う思考であれば、「靴」と言う、あなたのリサーチの主目的をブラすことなく、

ジャンルの変更だけで、たくさんのリサーチの幅が増えてくると思うのです。

長期需要の商品を見極めるのも、決して楽ではない。結論、トライしてエラーすること

結果、長期需要のある商品は、販売経験と日々のリサーチの積み重ねがモノを言います

が、現在、ebayでバンバン売っている人たちも、最初は、トライ&エラーの繰り返しな

訳で、たくさんの失敗の中、やっとの想いで、「長期需要のある商品」にたどり着いた

のだと思います。

ですから、決して、「カテゴリー」だけはブラスことなく、ジャンルを変えていきなが

ら、自身で長期需要のある商品を見つけていっていただければと思う次第です。

以上、いかがでしたでしょうか?

日々のリサーチは、本当に根気がいる作業で、少しでも利益が出る商品が見つからない

と、悶々とするものですが、「カテゴリーをブラさない」と言う主目的があるからこ

そ、継続できると思うので、根気よく頑張っていただければと思います。