Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay、ヤフオク、アマゾンの転売ビジネスで、リサーチに行き詰まっている方へ。リサーチで凹まない考え方をお教えします。ポイントは発想の転換です。

リサーチで凹まないための、考え方とは?

ebay、ヤフオク、アマゾンをしている物販の方へ。

日々のリサーチで、なかなか、利益が出る商品を見つけるのは、そう簡単では

ないかもしれませんし、実際、そう感じている方もいるかもしれません。

だからといって、「リサーチがしんどいな〜」と思わなくても大丈夫です。

要は、心の持ちようでいくらでも、「しんどいと思う気持ち」に変化が起こります。

この記事では、その点について、発想の転換方法を皆さんに伝授します。

リサーチを、「宝探し」に置き換えてみる

皆さんは、転売ビジネスのリサーチを、「完全たるビジネス」で固執してしまっている

ので、利益が出る商品が見つからないと、「しんどいな〜」と思ってしまうのだと

思います。

ですが、最初のうちは、そんな考え方は、一切、無用だと私は思います。

皆さんは、ドラゴンボールというアニメをご存知ですか?

我々が幼少だったころ、初期のドラゴンボールが流行っていて、学校から帰ってきた

ら、真っ先にテレビの前で、わずか30分しかない、アニメを楽しみにしていたもので

す。

そのアニメで、ブルマという女の子が、自作のドラゴンレーダーという丸い機械を

使って、ドラゴンボールを探索していたシーンがあったことは、皆さんの記憶に

まだあると思います。

まさに、イメージとしては、そんな感じで、リサーチというより、「探索」すると

いうイメージで、商品のリサーチを楽しめば良いと思うのです。

当時のアニメTVの中で、ブルマは、ドラゴンレーダーで、ドラゴンボールの在り処を

キャッチすると、ワクワクドキドキしているシーンがありましたよね?

まさに、転売ビジネスのリサーチも、そういう気持ちでリサーチすると、だいぶ、

考え方も変わってくると思います。

利幅ではなく、どれだけの時間をかけて、リサーチできたのかに焦点を置いてみる

例えば、リサーチをしていると、「なかなか利幅がある商品が見つかりません。

どうしたら良いですか?」みたいな、悩みを、過去、幾度となく、聞いたことがあり

ます。

それは、転売ビジネスをする上では、しょっちゅうだし、明確な答えを導き出せないけ

ど、「継続しかない」と答えることしか、できないのも事実です。

ですが、悩みを聞く上で、リサーチの段階で、多かれ少なかれ、「利益がでる商品」

をリサーチできているはずなのに、「大きな利益がある商品が見つからない。」と

皆さんは声を揃えていうのです。

その考え方もわからなくはないですが、やはり、「目先の利益」ばかり考えている

ので、そういう発言が出てしまうのです。

私は、皆さんの意見とは、まるっきり逆で、たとえ500円の利幅でも、「利益」には

代わりはなく、「どれだけの時間をかけて、利幅500円の商品をリサーチできたの

か?」という視点から、物事を考えていくべきです。

それが、五分かけて、500円の利幅が取れる商品を見つけられたなら、時給にすると

どうなるでしょうか?(もうお分かりだと思います)

普通、五分で五百円を稼ぐなど、サラリーマンをしていたら、なかなか難しい話です。

少し視点を変えるだけで、こうも考え方が変わるのだということを知っていただきたい

です。

副業レベルなら、そこまで「お金」に固執せず、利幅のことは無視して、リサーチを楽しもう!

以上、申し上げた通り、リサーチに悩む人たちの、根本的な考え方は、「お金」に

固執しすぎているからです。

最初のうちは、どう考えても、すぐに利益が出る商品なぞ、見つかるなんてありませ

ん。

それよりも、宝探しのようにリサーチを楽しみ、たとえ利幅が少額でも、「利益高」

ではなく、「時間給」に置き換えてみる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

以上、皆さんの、リサーチの悩みを、深掘りして、少しでも「しんどい」と感じない

ような「考え方」の事例をあげさせていただきました。

決して、リサーチを、「義務」と思わず、「宝探し」という発想のもと、気づいたら

リサーチにはまっていたというところまできたら、もう利幅が取れる商品を見つける

ことは容易です。

少しづつでも良いので、リサーチを継続して頑張ってみてください。