Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay物販をされている方は必見。ebayで長期的に需要のある廃れにくい、商品カテゴリーとは何かを説明します。

ebayで廃れていかない、カテゴリーとは?

昨今、ITのめまぐるしい進化により、様々な仕事がAIに代替されるといった話題

がある中、皆さんは、「ebayでは、何があっても、廃れにくいカテゴリーは何か」

を考えたことはありますか?

この記事では、まだebayを始めて間もない、初心者の方向けに、

「ただ稼ぐだけでなく、長期的に需要があり続けるリサーチの思考」

を持って、ebayのリサーチ作業に取り組んでいただければという思いで、書こうと

思っています。

リサーチに困っている人は、ぜひ、参考にしていただければと思います。

”長期”的な需要って、つまりどういうこと?

転売ビジネスでは、常にトレンドを意識して、日々、売れ筋商品をリサーチし続ける

のですが、トレンドというのは、極論、「長く需要はない」のです。

つまり、短期的には、ものすごく需要がありますので、短い期間で、たくさんの

取引が発生するのですが、ある一定の期間を超えると、相場が急激に下がってきます。

話だけ聞いていると、まさに、FX投資なんかを思い出しますが、転売ビジネスも同様

に言えるのです。

一方、長期的な需要のある商品は、「頻繁に売れない」に加え、10年経っても、

メーカーが生産終了しない限り、需要はあり続けます。

見た感じ、利益を多く得られるのは、短期需要>長期需要 と 思われがちですが、

ebayに関しては、「その逆」が当てはまるということを、理解しないといけません。

短期需要と長期需要の商品のリサーチの頻度は、倍も差が出る?

申し上げた通り、「短期需要=利益が大きい」のは確かですが、その代わり、ずっと

売れ続けないので、「ネタ切れ」になるたびに、リサーチをしないといけません。

その頻度は、長期需要のある商品をリサーチするときと比べると、”倍”の差は

明らかに出てきます。

つまり、長期需要のある商品というのは、メーカーに商品在庫があり続ける限り、

リサーチするのは、「ここ最近の全体の売行き動向」をチェックするぐらいと、

たまにする「価格調整」のみで、ほとんど触らなくても良いわけなのです。

結果、リサーチにそこまで時間をかけることなく、店舗仕入れができたりと

有意義に時間を使うことができるので、大きく稼げるのは、短期需要の商品では

なく、「長期需要のある商品」ということは、明白なのです。

でも、長期需要のある商品って、何なの?

確かに、簡単に、「短期需要のある商品」はまだしも、「長期需要のある商品」

って、どう見つければ良いのかって、なかなかわかりませんよね?

その答えとして、ズバリ、「趣味」に関するものが当てはまります。

人は、趣味に関することなら、飽きないし、ずっと続けていくものですよね?

だから、「長期需要」があるのです。我々、ebayセラーも、そこに目をつけるべき

です。

初心者の方は、「頻繁に売れていかないよ!」とか、「利益が出ないじゃん」とか、

いう人がいることも私は知っています。

だけど、商売というのは、「長期的な目線」で物事を見ていくことで、「木を見て

森を見ず」に陥らなくて済みます。

そういう観点から、物事を考えた場合、やはり「趣味」の商品をメインにリサーチ

した方が、「長期的に需要」は出てくるので、ゆる〜く、長〜く、商品は売れ続け

ます。

利益3桁を目指したければ、「短期需要+長期需要のある商品」で販売すること!

月収3桁を目指すには、資金もさることながら、扱う商品によって、大きく左右

されると思います。

長期需要ある商品は、今すぐ結果は出ませんが、徐々に出てくるので、ぜひ焦らないで

まずは「小さく稼ぐ」ことを、念頭に置いてください。

初心者の方は、「ebayは大きく稼げる」と思っているから、リサーチの「幅」が

いつまで経っても広くならないのだと思います。

基本、大きく稼ぐのは、「潤沢な資金」と、「高額商品を販売し続ける」ことの

繰り返しで、達成できるものです。

資金に制限がある場合は、やはり、「小さく稼ぐ→徐々に大きく稼いでいく」を

念頭にやっていくしかないと私は思います。

以上、「ebayで廃れていかないカテゴリーとその考え方」について、書かせて

いただきました。

これで、初心者の方は、リサーチの方向性というのは、ある程度、固まってきたかなと

勝手に推測しますが、初心者であれ、ベテランであれ、結果、リサーチは一生ついて

まわるものなのです。

毎日、リサーチのために最低1時間は時間を割いて、必ず毎日出品することを心がける

ようにしましょう。

結果は、自ずと出てくるので、心配は無用であると思います。

ebayのリサーチは楽しいので、楽しみながらやっていきましょう!