Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【ebay初心者向け】ebayとヤフオクの相場って、どれぐらい差があるの?一番大事なのは、最終的に利益がいくら残るかが大事です!価格差だけに騙されないでください。

国内の相場と、国外の相場の違いって??

ebayをこれから始める方や、初めて間もない方へ。

商品を販売するにあたり、「相場チェック」というものをされていますか?

まあ、毎日リサーチをすれば、誰でも「相場感覚」というのは、身に付いてくるもの

ですね。

では、それらの相場が、「どれぐらいの差があり、どのプラットフォームで販売すれ

ば、利益が出るのか?」を、把握されていますでしょうか?

この記事では、ebayを専門にしている人向けに、「相場感覚を身につけること」の

大切さと、「ebayって、本当に高く売れるものなの?」という観点から、お話を

していきたいと思います。

ebayで販売すれば、国内向け販売よりも、高くで売れるわけとは?

よく、いろいろな方のブログで、「日本とebayの”価格差”はこれぐらいあるよ!」

って、言っている情報を見たことがあると思います。

確かに、そうなんです。ebayでは、国内向けより、販売価格は高めで売れるのです。

と、いうか、「高くで売れて当たり前」なのです。

その理由として、以下、「相場の価格差」を表した、簡易図を作成しましたので、

ご確認ください。

f:id:ebaysearteacher:20190826212514j:plain
ebayとヤフオクの相場の価格差 簡易図

ざっと、図に表すと、「見た目は大きな差があるように思いますよね?」

でもね、よ〜く、考えてみてください。

「自分の利益を乗せて、落札手数料を乗せて、送料無料の人は、送料を乗せると、

これだけの価格差があって、当たり前ですよね??」

だから、必然的に、「国内より、高い販売単価で売れて当然」なのです。

商売は、最終的に、”いくら、利益を残せるか?”が大事

では、次に、「仕入れ値を引いて、落札手数料を引いて、送料を引いた時」どれぐ

らいの価格差が、あなたの「利益」として、残るでしょうか??

以下、ebayとヤフオクの相場の価格差を、例にとって、描いてみました。

f:id:ebaysearteacher:20190826212630j:plain
ebayとヤフオクの相場の価格差 検証 その1

f:id:ebaysearteacher:20190826212708j:plain
ebayとヤフオクの相場の価格差 検証 その2

見ていただいてわかる通り、「ebayとヤフオク価格差 検証2」の図まできて、

初めて、「あなたの手元に、最終的にいくら残るか」がわかります。

ebayを始めようと検討している方や、まだこの簡易図の関係性を理解できていない

初心者の方は、ぜひ今一度、理解をしていただくようお願いします。

また、以前、「ebayの収支について、利益を算出するまでの価格の構造」について

ブログに記したので、合わせてご覧ください。

www.tani-blog.com

ここまでやって、”利益”がいくら残るかなのですが、販売価格が高ければ高いほど、

手数料で引かれていく分も大きくなり、「ebayで売るより、ヤフオクで売った方が

高くで売れる」ということがあります。

「そこを理解できているか」が、非常に大事です。

結論、ebayをやるには、こういった条件と覚悟が必要

たとえば、「これから、ebayを始めたい」とか、「ebayは、国内転売よりも稼げる」

と聞いた人たちは、以下のことを、念頭においておいた方が良いと思います。

■ebayをするにあたり、

  1. 資本金が10万円以上あること
  2. ebayをやる、確固たる目標
  3. 何があっても、揺るぎない精神
  4. 海外の方に、日本の製品を届けたい

と、いった、「特別な思い」がないと、「ただ稼げそう」っていう思いで、やると、

「必ず挫折する」と、申し上げておきます。

相場は常に変動している。常に対応できるよう、販路は複数確保しておこう

相場は、いつも同じではありません。

いつか、下降してくるものです。

なので、より、商品を高くで販売するために、「販路をいくつか持っておくこと」

をお勧めしています。(過去ブログでも書いているので、よければ合わせて読んで

ください)

www.tani-blog.com

出来るセラーは、一つに絞ることはありません。

いくつか販売経路を持っています。

相場の幅広い知識と、変動をチェックすることで、利益は必ず出せます。

皆さんも、「見た目の価格差」だけで判断することなく、幅広い目線で、商品リサーチ

をして、少しでも大きく利益を得るように、頑張ってみましょう。

以上、いかがでしたでしょうか?

私は、ブログのメインページのバーナーにも書いてある通り、「経営者目線」でお話しすることも

このブログではしょっちゅうあります。

副業から入る人は、意外と、見落としやすい項目であると感じているので、

過去、発信したブログと合わせて、ご覧いただければと思います。