Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay物販をしていて、売り上げに悩んでいる人必見。売り上げ増加のために、出品点数を増加するといった、「定義」は存在しないことを説明しました。

売り上げ拡大は、そう急ぐものではないですよ

過去ブログで、「売り上げ拡大のために、発送国を拡大することのリスク」と

言ったお話をしたことがあるのですが、それと合わせて、「出品数をあげる

ことも、売り上げ拡大に関係するのか?そして、本当に利益増加につながるのか?」と

いった観点から、この記事では書かせていただこうと思います。

結論、「あまり関係性はない」と、断言します。

その理由を、以下にて、ご説明していきますので、「売り上げ拡大には、出品数

を増やすことが大事」だと、思い込んでいる人は、ぜひ、みていただけたらと

思います。

「売り上げ拡大」=「出品数増加」 が、絶対的な定義なの?

よく、ブログや動画で、「売り上げ拡大には、どんどん出品しましょう!」って

おっしゃっている記事をご覧になられたことはあるのではないでしょうか?

確かに、謳われていることも一理あるのですが、100%そうとは言い切れないのです。

販売経験が長いTRSセラーは、多い人で、3万品目とか出品している人は、ざらに

いますね。

詳しくは知りませんが、金額及び出品点数のリミットも、想像できないぐらいの数字で

はないかと予測が立ちます。

でもね。これって、すごいんでしょうか??

ebay初心者の方は、リサーチで見つけた、対象出品者が、こういった何万品点も出品

している現状を見て、「どこか勉強できる点はありますか??」

次に、その対象セラーの取り扱いカテゴリーや、売れ行き動向なんかは、いかが

でしょうか?

当然、何万品点も出していたら、売り上げも相当ないと、いけないですよね?

こんな莫大な出品点数を管理するのに、「どれだけの人を使って、コストをかけて

いるのでしょう?」

などなど、疑問点がたくさん出てきませんか?

また、仮に、1万点扱っている人が、月に売り上げる、「金額」や「件数」って、

全体の何パーセントを占めているのでしょうか?

それらを全部加味して、売り上げ拡大が図れても、「手元に残る利益」って、

どれぐらいなのでしょう??

通常、「売り上げ拡大」 = 「増収」 が、成り立つはずですが??

リミットが上がれば上がるほど、全てを、「人手」で管理するのは、無理がある!

ここでは、リミットを、

  • 1億
  • 10000点

としているセラーがいると仮定します。

すると、このセラーの、平均販売単価は、¥10000/個 だということがわかります。

まあ、これぐらいなら、一般的なのですが、問題は、「リミット」です。

まず、金額面からいうと、ネットオークションをやっている人間で、「一億円」と

いう資金を持っている人は、全体の一桁パーセントではないでしょうか??

これが全部売れたとしても、どれだけの人が、この資金を賄えるものか??

まず、ほぼ不可能に近いと言えますね。

次に、出品点数ですが、10000点だと、一人で管理するのは難しくなるので、

「外注」なり、「ツール」を使う人がいると思います。

いったん、自分の手から離れて、管理すると、発生するのは、「管理コスト」に

なります。

これって、楽なように見えて、実は「楽」ではないんですよ。

理由は、「サービスに対する統一感を持たせることが難しい」からです。

外注やツールは、いずれ業務面で安定は図れる。でも、お客へのサービス精神は?

外注やツールというのは、「膨大な業務を、こなすための一つのツール」でしか

ありません。

だから、きちんと指導して、管理さえすれば、いずれ、「業務の安定」は図れます。

ただ、ebayセラーとして、普段の業務をこなすだけで、満足していてはダメです

よね?

我々が注文をもらえるのも、「お客さんあってのこと」。だから、外注やツールを

導入できるわけです。

でもね。自分がebayストアを運営するとき、「日本の商品を、お客さんに届けるんだ」

と、それなりにポリシーを貫いていたのに、自分→他人が管理することで、その

「精神」というものだけは、他人には絶対に伝わらないのです。

なぜなら、仕事を請け負っている人は、業務発注者の、そういった、まどろっこしい

精神なんて、「どうでも良い」と思っています。(残念ですが)

重要なのは、業務をこなした分だけ、しっかり賃金を受け取れることだけです。

あなたは、お客さんへのメールの返信から、梱包にまで、細部にわたって、すべて

外注で管理をされているのでしょうか?

もし、「それで全てできている」と思ったら、「すぐに考え直した方が良い」

のかもしれませんね。

個人経営で、売り上げが100万円満たないレベルなら、高望みはしないこと

以上、書かせていただいて、「売り上げ拡大」 = 「出品点数増加」 の

定義が、必ずしも、「利益」に直結するものなのかという観点から、お話を

していきました。

個人の意見ですが、ebayは、「ネットオークション」です。

ネットって、店舗と違って、管理工数がかからないのが、メリットでありながらも、

一方で、「お客さんからの信頼」を勝ち取るためには、顔が見えない分、十分

配慮しないといけないと思うのです。

そういう意味で、「売り上げ拡大」 = 「出品点数増加」 の定義があるとしたら、

まずは、それだけの「需要」ができるまでの、「信頼してもらう土台作り」をしていか

ないといけません。

バイヤーさんは、「ちゃんとした、信頼あるセラーから、購入したい」と考えて

います。

もし、「出品点数増加」により、一人で管理ができなくなり、「外注」に任すこと

が発生したら、「信頼作り」を構築できるメンバーを招集していかないと、

必ず、どこかで、「ホツレ」が発生すると思います。

その基礎構築があって、初めて、「出品点数増加により、お客さんの需要も増し、

利益に直結できてくる」と、いった、定義が成り立ってくるのではないでしょうか?

だから、売り上げが上がったからといって、さらにあげるために、売り上げ100万円

未満の人が、いきなり外注とかは、考えない方がいいでしょうね。

多分、それ以上に、「コスト」の発生は、回避できないような気がしてなりません。

「外注」= 「自動化」 みたいな定義に騙されるな!

よく、「外注化することで、仕事を、半自動化できました」っていう文言を耳に

しますが、これは、「全てを自動化」できたわけではないですよ。

上述で書かせてもらった通り、「お客さんへのサービス精神」や、「信頼構築」までを

外注で自動化することは、まず無理でしょうね。

だから、様々な人は、ブログで、「半自動化」と書いているのだと、私は思います。

■追記事項

出品点数が少なくても、「利益に直結する方法」は、まだあります。

それは、「リサーチの精度をあげる」こと。

私の例で言えば、出品点数が、500点を満たしていなかった時でも、売り上げは

100万円は軽く突破できていました。

結局は、何の戦略もなく、「いきなり、拡大しまくるのは問題」であると言えます。

以上、売り上げ拡大に図ろうと、様々な手段で、検討している人は、一度立ち止まって

「今は、いったい、何をすべきか?」考えることに集中しましょう。

売り上げ拡大を、急ピッチで進めたところで、あなたに、「何の得」もありませんよ。