Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【ebay、ヤフオク、アマゾン転売をされている方は必見】まだまだあるよ!仕入れ価格を下げるための、”交渉術”を伝授します。試してみる”価値”は大いにあります!

まだまだある、仕入れを少しでも低く抑える方法とは?

転売ビジネスをしていると、少しでも仕入れを抑えて、利益率をあげたいという

思いはありますよね。

でも、販売者側の心理としては、「少しでも高くで売りたい」と思うわけです。

商売の、「需要と供給」とは、そういって、成り立っています。

では、「相場」というものが存在する以上、これ以上、価格を交渉できる余地

って、ないのでしょうか??

おそらくそんなことはないと思います。

もちろん、販売者との「交渉次第」では、いくらでも下げてもらえる余地はあるはず

です。

成功率は、そこまで高くはないと思いますが、「試してみる価値」はあると思うので

この記事では、その方法をみなさんに伝授します。

日本人は、交渉をすると、「悪い」と思う、習慣がある

日本人は、相手のことを考え、「あんまり、ゴリゴリに交渉すると、仕入先も気分を

害するのでは?」と、変に気を使うことが多いです。

これは、日本人の良いところでもあるのですが、商売では、決して、良いとは言えない

ケースも出てくると思います。

そこで、少し考えてみる癖をつけてみます。

「相手の気分を害さず、如何にして、仕入れ値を下げることを、了解してもらえ

るか?」

「これって、個人レベルの商売で、どれぐらい得ができるの?」って、思うかも

しれません。

でもね。”チリも積もれば、山となる”という言葉もある通り、わずか100円でも利益率

って、大きく変わるんですよ。

だから、相手のことに、あまり気を使う必要なんて、そこまでないのです。

「お互いの妥協点」を図れる、「提案」をしてみてはいかがでしょうか?

まずは、自分の要求から述べ、相手の出方を見よう

よく、出品説明文を見ると、「交渉お断り」って、書いてあるところがありますよね?

でもね。それは、「直接的な価格値下げはお断り」という意味で、無理に自分の利益を

下げる行為は、お断りしますと言われているだけなんです。

だから、「相手の利益を損ねず、仕入れを下げる方法を提案して、お互い妥協点を

探り合えば良い」わけであるのです。

例として、あなたが、人気のぬいぐるみを仕入れたいが、価格を少し下げて欲しいと

交渉しようと考えている場合、

  • 発送方法をチェック
  • 送料をチェック

してみます。ぬいぐるみで、そんなに大きくないし、壊れものではないという

ものなら、

「すいません、あなたは、ゆうパックを選択していますが、定形外郵便に変えて

もらえませんか?あと、この商品は、ぬいぐるみで、壊れるものではないので、

しっかり梱包は不要です。重さを抑えることで、送料を安くしていただきたいので、

袋に包んでもらうだけでOKです。いかがでしょうか?」

と、聞いてみます。

すると、ほとんどの人が、「OKですよ」というと、私は思います。

理由は、「仕入れ側である、あなたが提案してきたことで、販売者側の先方に

全く負担や時間を要さない梱包方法でOK」だといっているからです。

交渉のやりすぎは要注意。あくまでも、自分の意見を2割程度に収めよう

上述で申し上げた通り、「ゴリゴリの値下げ交渉」は、嫌われます。

あくまでも、自分の要望を抑えめに言いつつ、提案することが望ましいでしょう。

相手も、利益を下げてまで、売りたいとは思わないはずです。

よく購入する仕入先には、条件付きで、交渉してみる

よく仕入れをするところなら、「条件付きで、安くして欲しい」と、頼んでみては

いかがでしょうか?

例として、「まとめ買いによる値下げ」や、「梱包の使い回し」など。

アイデアを出せば、いくらでも出てくると思います。

あなたが扱っている、商品によって、ぜひ、交渉方法を考えてみてください。

きっと、どこかで、妥協してくれる点が見つかると、私は思います。

以上、いかがでしたでしょうか?

別に、事業を展開していなくても、副業でもできるレベルだと私は思います。

過去、何度も実践している中での、ほんの一例ではありますが、一方、成功率はあまり

高くはないことも否めません。

ですので、申し上げた通り、「トライする価値あり」ということです。

一度、試されることを、お勧めします。