Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ヤフオクやメルカリで、在庫を持っているかどうかの見極めが難しい、怪しい無在庫販売の個人経営者を見極める方法を教えます。私も引っかかった経験あり。

日本国内の無在庫販売は、許されていませんよ

転売ビジネスをされている方は、仕入れで、メルカリや、ヤフオクを使った

ことは、多々あると思います。

でも、その仕入先が、「本当に在庫があるのか?」って、疑問に思ったことは

ありませんか?

メルカリや、ヤフオクでの無在庫販売をしているアカウントから、商品を購入

すると、その販売者や、仕入れ側のあなたに取って、どれぐらいの「デメリット」

が存在するかを、この記事ではお話ししていきます。

なんども言いますが、この記事では、「デメリット」を中心にお教えいたします。

メルカリも、ヤフオクも、無在庫販売が実現できているのは、一部の事業運営者だけ

よく、動画やブログで、日本国内向けの無在庫販売で、たくさん収益をあげている

「成功者」の話を耳にしたことがあると思います。

ですが、よ〜く、話を聞いてみてください。

そもそも、月商何千万と謳われている方と、私も含めた普通の転売ビジネスをやってい

る人間の「差」って、なんでしょうか?

まさしく、「自己資金力」なのですよ。かつ、事業を展開している。

よって、すでに、「仕入先」と、「交渉」ができていて、商品の購入が発生した時点で

”自分を通さず、メーカー側で、梱包や、発送をしてくれている”と、いうことがある

ことは、皆さんは聞いたことがありますか?

だから、わざわざ仕入れなくても、「無在庫販売」が成功しているのですよ。

だけどね。我々の仕入先は、まさに、「個人」です。その人が事業展開していようが、

副業でやっていようがです。

だから、通常なら、販売者は、「無在庫販売」をしているはずはないと思うのですが、

完全に「そうとは言い切れない」のも、また事実なんですよ。

見た感じ、めちゃくちゃ怪しい出品者の見極め方とは?

では、本題に戻り、「仕入先が、無在庫販売ではないか?」と、疑いたくなる

疑問点をここであげます。

  1. 評価ゼロ もしくは 直近の悪評価率がすでに10以上ある
  2. 写真が宣材写真を使っている
  3. 問い合わせに返信がない。
  4. 問い合わせ後、商品をすぐさま取り消しをしている
  5. 出品説明文が、一行も書かれていない
  6. すでに生産停止商品を販売している & 宣材写真を使っている
  7. 直感的にそわそわする

もし、あなたが、こういった疑問を生じた場合は、仕入先は、無在庫販売でやって

いる可能性があります。

そうなると、「値段が安いから」という理由で、ebayで出品をしてしまったら、

もう大変!

いくら待っても、あなたが購入した商品は、あなたの家に届くことはないでしょう。

これは、私の過去の経験で、何度かあったので、かなり信憑性ありだと自負して

います。

怪しい、無在庫販売者から、商品を買わないようにするためには?

やはり、リサーチの段階で、「値段が安いから」とかで、安易に手を出さないこと

ですね。

それと、仕入先の発送までのハンドリングタイムが、長すぎるのもよくありません。

何かの片手間でやっている場合もあるので、トラブルがあると、火の粉は全て

仕入れ側のあなたに降りかかってきます。

落札してくれたお客さんの信用も失いかねませんので、リサーチの段階で、問題を

つむぎとっておくべきでしょう。

まとめ

  1. 個人経営の無在庫販売業者は、見た目だけでは、在庫有無の判断がつきにくい。
  2. 気になる場合は、まず問い合わせ。
  3. 上述の”1〜7”に当てはまれば、仕入れはやめたほうが無難。
  4. 仕入先のハンドリングタイムは確認。
  5. 販売者側のあなたも、なるべく在庫を持つ努力を。

以上です。

こういった問題を回避するにも、まずは、「リサーチ」が必須です。

十分なリサーチがなされていないと、様々なトラブルに巻き込まれかねないので、

注意が必要となるでしょう。

参考にしていただければ幸いです。