Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【10代、20代、30代前半の方向け】将来、何をするか、迷っている方へ。海外での勤務経験は、あなたを成長させてくれます。私の経験を語ります。(最終章)

香港に滞在しながら、2週間、就職活動をしました

私は、香港にある、日系の人材会社に登録し、日本にいながら、履歴書を作成して、

あとは、人材会社から、送られてくる、募集要項を見ながら、気になる会社に募集

していました。

そして、ある日、人材会社より、いくつか、面接のオファーがあったということで、

連絡があり、本格的に、香港に渡航して、就職活動に臨むことにしました。

滞在先は、香港の格安ドミトリーを経営している日本人の人がやっているところで

滞在しながら、毎日、中国本土の広東省の日系工場へ、面接に行っていました。

時には、白タク(違法)で、時には、個人バイク(違法)で、目的地まで行き、

面接しては、香港に帰るといったことの繰り返しでした。

そして、6社ほど、面接を受け、ついに2社より内定をいただき、そこから、

1社を選んで、とりあえず、日本に帰国することになりました。

それは、24歳(今から15年も前)のことでした。

再度、中国へ旅立つことに!

日本に戻り、両親に面接を受かったことを報告し、家で再度渡航の準備をするため、

1週間ほど、日本で滞在しました。

まだ、正社員として、日本で勤務したことがなかったので、それは、興奮冷めやらぬ

状態で、ついに目標がかなったという時間ができた時でした。

そして、2004年9月に、中国へ渡航することになったのです。

それから、2社渡り歩き、計8年間、就労経験を積むことができました

結果、最初の会社は、一年で退職し、二社目では七年間勤務しました。

様々なことがありましたが、たくさんの失敗と少ない成功、そして、人との出会いが

自分を大きくさせてくれたと思うと、中国で勤務していた経験は、一生の宝物に

なりました。

ちなみに、二社目の七年間、勤務した会社の元同僚とは、今でもやりとりがあります

し、私同様、八割以上が、独立して、商売をやっており、友人には恵まれているなと

誇らしげに思う次第です。

チャンスは一度きり!悩まず、直感で行動することも必要!

結果、私は、その先輩の話を聞かなければ、自分は行動せず、今、何をやっていたかは

想像すらできません。

ですが、論理的に考えても、答えなんて出ないときは、この世の中、多々あります。

だから、「やりたい!」と思えば、直感で、動くことが必要な時があるのです。

10代、20代、30代前半の皆さんで、これから海外で働いてみたいと思う方は、

ぜひ、今の日本の会社を退職して、海外へ出ましょう。

もし、あなたに、手に職があれば、正直、語学はできなくても大丈夫な場合が

ありますが、まずは、「動いてみること」が大事。

海外へ出たら、あなたが想像し得ない、「大きな世界」が待っています。

海外への進出は、自分の器を広げる大きなチャンスでもあるので、ぜひ夢を叶えて

ください。