Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay物販で、出品期間の設定に悩んでいる方は必見。長期間売れず、閲覧数とウォッチ数が伸び続けているのは、最初の出品のタイミングと、出品個数に密接な関係が濃厚だからです。

ebayの最適な出品期間とは?

ebay初心者の方は、「出品の最適な期間って、どれぐらいですか?」と、いう

疑問を持たれている方は、多いのではないかと思います。

そこで、私なりに、「最適な出品期間の設定方法」というのを、お教えしたい

と思います。

特に、「何を基準として、出品期間を設定すれば良いか」の、指標がない方は、

ぜひ、この記事をお読みいただければ幸いです。

閲覧数やウォッチ数が、全てではない

ebayも、以前と違い、出品を取り下げない限り、半永久的に手数料は取られていく

システムに、2019年になってから変わりましたね。

これって、セラーにとって、すごく不利だと思いませんか?

私は、不利だなと常々思っています。

そこで、無在庫販売でずっと商品を出し続けている場合、「閲覧数やウォッチ数は

たくさんあるけど、売れるかどうか分からないし、このまま出品を継続して良いか」

って、悩むことはありませんか?

これって、ものすごく、重要で且つ悩みどころですよね?

だって、在庫はないのに、手数料はずっと払い続けていかないといけなくなるわけ

ですものね。

そこで、私なりに、まず、判断する基準として、お勧めするのは、「閲覧数やウォッチ

数が多いからと言って、売れるわけでは決してない」ということを理解していただきた

いです。

理由は、「無在庫販売と出品数が密接に関係している」からです。

無在庫販売と出品数が密接に関係しているとは?

正直、これを文章化して、お伝えするのは、短文ではなかなか伝えずらいのですが、

私が思うに、無在庫販売って、お客さんからすれば、「誰から購入しても結果、

一緒なわけで、価格が最安のセラーから買えば良い」という考えになっているわけ

ですよ。

つまり、あなたの出品期間が長ければ長いほど、また、在庫数が多ければ多いほど、

バイヤーさんは、「まず、買わない」と決断にいたると思うのです。

逆に言えば、「いずれ、売れないと、価格を安くするかもしれないから、もう少し

待ってみよう」って、なるかもしれません。そのため、「とりあえず、このセラーの

商品は、ウォッチに入れておこう」って、なるわけです。

お分かりでしょうか?

私は、以前のブログで、短期間で、出品を取り下げるのは、まだ時期尚早だとも

言いましたが、「売れ筋」に関しては、話は別です。

「これだけ、ウォッチがあるのに、なかなか売れていかない」というのは、元は、

各セラーの「無在庫販売とその出品個数」が、密接に関係していることが、濃厚で

あると、推測します。

なら、出品を取り下げるタイミングって?

もし、あなたの商品が、2ヶ月以上、閲覧数とウォッチ数が増え続けているのに

売れていないのであれば、やることは、

  • 一旦取り下げる
  • ライバルを見て、再出品を試みる(けど、出品個数は限定する)
  • もう出品しない

がベストではないでしょうか?

有在庫商品の場合は?

有在庫商品の場合は、まさに、出品は取り下げない方が良いですね。

「有在庫で持っている」 = 「あなたが売れると判断して、仕入れた証」な

わけですから、出品を取り下げると言った、選択肢はないはずです。

また、有在庫というのは、早く商品を売らないと、手数料以上に、キャッシュフロー

面で大きく影響が出てくるので、やはり、出品を取り下げると言った選択肢にはならないと

私は考えます。

自分のリサーチの甘さに、反省するしかない

出品手数料の問題で、出品取り下げをするか否かを迷っている人は、自分のリサーチ

の精度が低かったと反省する良いチャンスだと私は思うのです。

これは、私でもいまだにあるのですが、特に、無在庫販売で出品している商品で、

早く売りきっている人は、

  • 出品が誰よりも早く
  • 出品個数も自分なりに限定

している人が多いように、お見受けします。

どこで差がつくかは、やはり、「情報収集」と、「撤退のタイミング」が、自分なりの

基準を持っている人ではないでしょうか。

やはり利益を出している人は、あまり、「欲をかかない」という共通点があります

から。

リサーチの精度を上げるためには、たくさんリサーチをこなすこと

毎度、言っていることですが、リサーチの精度を上げるには、やはり、リサーチの

頻度をこなさないといけません。

たとえ、毎日1時間でも良いので、継続してやること。

一番ダメなリサーチは、「目的もなく、ただ闇雲にリサーチする」ことです。

効率が悪いだけなので、その時のリサーチで、成果が出なくても、「今日はこの

検索ワードを検索する」とか、「このセラーさんをリサーチするとか」を、決めて

継続してやる人が、最短で成果が出ると、私は思います。

以上、「出品期間の設定」についての、疑問について、私なりの見解を述べましたが、

参考になりましたでしょうか?

結論、「これが正しい方法だ!」みたいな、答えなどはないですが、私の経験上、

確実に、「いつ出品を取り下げるかで悩む人」は、「最初の出品のタイミング」と

「出品個数」が、最適ではないことが、主な要因の可能性が大きいと思います。

一度、ご自身の商品を出品する際の、「基準づくり」の参考になれば嬉しいです。