Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

リサイクルショップへの持ち込み経験のある人へ。リサイクルショップの、「買い取り基準」を、元リサイクルショップの店員が教えます。

リサイクルショップでの買い取り基準とは?

どこの地方にも、必ずある、リサイクルショップ。

そのリサイクルショップにも、「買い取ってくれるもの」「そうでないもの」が

あることはご存知でしょうか?

そんな、リサイクルショップでの持ち込みを経験されたことのない方へ、

過去、リサイクルショップで一年半ほど、勤務経験のある私が、リサイクルショップで

の「買い取り基準」を、詳しくお教えいたします。

「家の不用品を売りたい」、「ネットオークションで出品するのは面倒」などという方のために、

ぜひ、ご参考にしていただければと思います。

全てを買い取ってくれる訳ではない

HPやお店のポスターに、「高くで買い取ります!」「査定だけでも!」と言った、

広告をご覧になったことはあるでしょうか?

今では、どのリサイクルショップに行っても、そういった広告は目につきますね。

実際問題、そのように書かないと、集客が見込めないことも事実です。

ですが、見積もりを依頼する、我々が、その「広告の意味」を理解していないことが

非常に多いと、私は思います。

要するに、「なんでも買い取ってくれる」= 「ゴミでも引き受けしてくれる」 みた

いに、思っている人が、非常に多いのです。

正直、言いますと、リサイクルショップは、「全てを引き取ってくれる、買い取ってく

れる」という訳ではありません。

その理由を、ご説明いたします。

広告は、「売れる商品のみ」限定である

広告や、HPで言っている、「他店よりも高く買い取ります」とは、「売れる見込みの

ある商品だけ」という意味です。

ですが、実際に多いのが、「何十年前の壊れたお皿」とか、「靴下一足」、

「鉛筆一本」だけと言った、持ち込みが多く、見積もりが出せないと言った状況に

陥ったことが、何度もありました。

買い取り価格に、過度な期待はしないほうが良い

一般的に、買い取り価格の基準は、各リサイクルショップによって、様々です。

例えば、

  1. 売れ筋か?
  2. 商品の状態は?
  3. 動作は?
  4. 付属品は?
  5. 使用年数は?

などを、考慮した後、自店舗の買取基準に合わせた買い取り価格で、お客さんに

見積もりを提示します。

実際の買い取り価格の基準ですが、だいたい、相場の五割もいくことはまずありま

せん。

これは、私が当時勤めていた店舗以外のお店でも、だいたい同じ基準だということを

他店で実際働いている人に、聞いたことがあるので、信ぴょう性はあると思います。

ちなみに、ここでいう、「相場」とは、”ネットオークション”での、「平均落札額」

を指しています。

買い取り価格を少しでも上げるためには?

リサイクルショップでの買い取り価格を、少しでもあげるコツとは、「少しでも

清掃して持ち込む」こと。

持ち込みする人で、「汚いままで持ち込む」人が、非常に多いです。

こうなると、職員は、店頭に出す前に、清掃することも考慮に入れるので、その分、

査定額から、若干引いたりすることがあります。

これは、非常にもったいないです。

できるようでしたら、少しでも、清掃して、持ち込むことをお勧めします。

まとめ

  1. リサイクルショップは、全てを買い取る訳ではない。(店舗による)
  2. 買い取り可能な商品は、「売れる見込みのあるもの」のみ。
  3. 買い取り価格は、相場の50%以下である。
  4. 買い取り価格をあげるための工夫は、「綺麗な状態で持ち込む」こと

いかがでしたでしょうか?

まあ、必ずしも、全てが当てはまるわけではありませんが、リサイクルショップ

へ持ち込む際に、「どういったものを買い取ってくれるの?」とか、「本当に

高くで買い取ってくれるの?」と言った疑問にお答えするために、この記事を

書かせていただきました。

リサイクルショップで、それぞれの「カラー」があり、「得意不得意」があるので、

査定額に満足いかない場合は、いろいろ聞いてみるなり、ネットオークションに

出品してみることを、検討されてはと思います。