Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay、ヤフオク、アマゾン転売をされている方は必見!販売する商品カテゴリーの具体的な増やし方をお教えします!考え方は、マインドマップを用いよう!

商品カテゴリーの具体的な増やし方について

前記事で、「販売商品のカテゴリーを増やす、”メリット”と”デメリット”について

お話ししましたが、「そのカテゴリーの具体的な増やし方」と称し、

どのように増やせば、効率よく、且つ、バイヤーの集客増も見込めるかの考え方

をお教えします。

まだ、ストアを開設して、間もない販売者さんで、これから、売り上げ増や、集客増

を考えている方は、ぜひ、ご覧ください。

カテゴリーの増やし方は、”戦略”が大事

前回、投稿した記事で、「販売商品のカテゴリーを増やす、メリット、デメリット」

という記事に書いているのですが、

www.tani-blog.com

この記事にて、「戦略を持とう!」と、書かせてもらいました。

では、具体的に、「どのように、戦略を持てば良いのか?」って、わかりますか?

その戦略方法って、きちんと考えないと、無意味に、出品作業が増えて、「工数増の

集客少」になりかねないですよ。

ですので、まずは、その”戦略”の主な考え方を、一つづつお伝えします。

販売主軸は、ぶらしてはいけない

仮に、あなたのストアで、美容品(Beauty)を売っているとします。

これが、売り上げの八割以上を占めている場合、当然ながら、主軸商品ですね。

でも、ジャンルが、複数しかないとなると、売り上げが落ち込んだ時に、

他のジャンルで、カバーしたくても、カバーできないということが陥ります。

なぜかというと、転売ビジネスは、「売り上げ予測が不可能」だからです。

安定しないからこそ、「先回りをして、伏線を敷いておく」ことが大事で、出来る

TOPの販売者は、「1つのカテゴリーで絞ることは、まずしません。」

このことを、皆さんは、理解すべきだと思います。

では、以下にて、その具体的な増やし方の説明をいたします。

基本、考え方は、「マインドマップ」を用いよう!

私は、リサーチに行き詰まった方々に、「マインドマップの手法」をおすすめ

しています。

もし、あなたの売り上げの八割が、「美容品」だとしたら、図に表すと、

f:id:ebaysearteacher:20190916170058j:plain
ebay 転売ビジネス 販売カテゴリーの増やし方 その1

と、なり、見た感じ、3つしかジャンルがありませんよね?

つまり、美容品が主軸なら、その枝分かれ先のジャンルを増やしていけば良い

です。

その考え方として、

f:id:ebaysearteacher:20190916170145j:plain
ebay 転売ビジネス 販売カテゴリーの増やし方 その2

になります。

こうすれば、主軸をぶらすことなく、販売ジャンルを開拓することが可能です。

ちなみに、売れていない人は、この増やし方をわかっていない人が多いです。

Terapeakなどで、調べた売れ筋を、そのまま、真似るような感じで、カテゴリーを

増やしていくと、あなたのストアを訪れたお客さんからすれば、「何をメインに

売っているのか?」という疑問を持たれ、リピーターが付きづらくなります。

ですので、基本、「主軸はぶらさず、その先の、枝分かれを増やしていく方法」

を学んだ方が得策でしょう。

”変化”は、売り上げ停滞のきっかけになる、だけど、それでも継続する心を持とう!

例えば、いま、主軸で売っている、「美容品」と、二割の「おもちゃ」のカテゴリー

以外に、更に、カテゴリーを増やしていきたいと考えたとします。

そうすると、懸念される事項として、「売り上げが、急激に落ちるか、停滞に留まる」

ということです。

要するに、あなたのストアで、カテゴリーを増やしたり、未参入の分野に入る時には、

「馴染む」までには、一定の期間が必要となり、その間は、売り上げが一時期停滞する

こともありえます。

つまり、私が申し上げた、「転売ビジネスは、常に不安定な商売」という言葉を

借りるとすると、売り上げの落ち込みに遭遇した時に、あなたのストアで、その

落ち込みを代替する売り上げがないと、すぐに、売り上げを盛り返すのは、難しい

ということを、先に述べておきます。

ただ、「もっと、売り上げを上げたい!」「たくさんのお客さんに来てもらいたい」

と思う心があれば、そういった、”変化”を成し遂げるには、一定の期間、”我慢”が

必要だということを、覚えておきましょう。

まとめ

「販売カテゴリーの具体的な増やし方」として、

  • 売り上げの主軸は、ぶらさない
  • カテゴリー(主軸)→ジャンルへは、マインドマップの用法で、増やしていくこと
  • 新カテゴリーを増やすのは、”変化”をするということ。売り上げ停滞も、我慢して、継続しよう。お客さんへの浸透は、それなりに時間がかかることを理解する!

以上です。

「販売カテゴリーの増やし方 具体化編」として、お話をしていきましたが、

参考になりましたでしょうか??

シンプルに、「軸をぶらさず、枝分かれをさせる」イメージを持っておけば、

徐々に集客へと繋がると思います。

すぐに実行できるやり方であると思いますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。