Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay輸出をしている方は必見。転売ビジネスに、スキルは不要です。大事なのは、売れるものは何でも売れると言うチャレンジ精神と、偏見の心を捨てることです!

世の中では、専門知識が大事だとは言うけども、、、

転売ビジネスをされているみなさんは、転売ビジネスには、どういった”スキル”が求め

られると思いますか?

私は、過去、転売ビジネスには、「目利きが重要」とか、「ストアは専門化しないと

いけない」とか、散々言ってきましたが、本記事では、転売ビジネスには、正直、

「たいしたスキルは必要ないですよ!」と言うテーマでお話ししていきたいと思い

ます。

「あれ??なんか、以前、言っていたことと、全然違うじゃないか!」とお思いかも

しれませんが、全然違わなくはないんですよ。

文言は少し似たように聞こえますが、今からお話しするのは、また違ったお話しに

なります。

転売ビジネスについての、”概念”みたいなのを、変えてくれるような、そんな記事に

なっているので、よければ、そのまま読み進めてくださると嬉しいです。

”目利き”は、スキルではない(私論)

転売ビジネスには、多少の”目利き”が必要です。

確かに、これは本当の話で、特に、「この商品売れる!」って、いう、確信みたいなも

のが、経験値を積んでくると、あるんですよね。

それって、特別、売れ筋をリサーチしたわけでもなく、見ただけで、「これ、売れ

る!」って、感覚です。

その中でも、極めて、転売ビジネスでの、”目利き”の部分でいうと、「中古商品」に

しか、当てはまらないと、思うんですよ。

つまり、転売ビジネスでの、”目利き”って、「中古商品が出品できる価値のあるものか

どうか」という判断ができる人のことをいうと思うんです。

つまり、そこだけしっかり判断できる能力が備われば、あとは、「仕入れて売る」のみ

で、あなたの仕事は終わりなんです。

だから、”目利きはスキル”ではなく、ただの”品質チェック”だと、思います。

ストアの専門化は、スキルを持たなくても可能(私論)

私は、過去、転売ビジネスでは、将来、「いろいろなカテゴリーを、一部のカテゴリー

に制限して、ストアを専門化しましょう」と、申し上げてきました。

理由は、ebayでは、販売実績を積めば積むほど、売れ筋に絞り、「自分の得意」で

最終的に落ち着く傾向が、他の販売者さんからでも、見受けられるからです。

また、専門化にするメリットとして、

  • コアなリピーターがつく

  • スポット的な購入ではなく、合わせ買いでの購入もしてくれる

  • リピーター同士の横のつながりで、新たな顧客をゲットできる

  • ブランドを根付かせることができる

色々他にもあるかもしれませんが、大体は、こんな感じではないでしょうか。

そんな私が言う、「ストアの専門化はスキルは不要」と言う意味ですが、

どのお店でも、色々売ってみて、最終的に落ち着くのが、現状の販売カテゴリーと

言うだけであり、それまで決して、対象商品について、詳しく研究してきた

わけではありません。

ですので、「販売実績 = それなりの知識はある」ぐらいのイメージですので、

スキルと言われるものは、一部を除いて、ほぼ存在しないと言っていいと思います。

それでも、みなさん、普通に、売り上げて、利益を出しているんですから、

スキルはそこまで必要はありませんよ。

では、ebay輸出で経験を積んで、一体、何を学べて、どんなスキルが身につくか?

あなたが、一生涯、ebay輸出をやっていこうと、心に決めているのであれば、その知識

は、ebayのみならず、ヤフオクや、アマゾンでも、十分活かせることは可能でしょう。

ですが、一旦、転売ビジネスから離れて、違う仕事をしようと思った時、この転売

ビジネスは、どんな汎用性があるでしょうか??

私の経験上、

  • リサーチ力

  • 隙間時間程度でやる、転売ビジネスで稼ぐ力

程度です。

まあ、それ以外、ネット販売をしている会社に潜り込んで、担当として雇ってもらう

程度で、みなさんにとって、大きなスキルと言えるほどの知識は身につきません。

正直、転売ビジネスをやめたら、商品知識を活かす場面も、そこまでないわけです。

悲しい話に聞こえますが、事実、そうなんですよ。

売れるなら、カテゴリーや、販売のプラットフォームにこだわるな!

転売ビジネスを始めた頃の私がそうでしたが、「自分の得意」とか、「自分の好きな

もの」にしか、リサーチしておらず、売り上げが伸び悩んだことがありました。

ある日のあるセミナーに参加した時に、「こだわりは捨てろ!売れるなら、ジャンルは

関係ないよ」って、講師に言われてからは、今まで興味のなかったジャンルにどんどん

チャレンジするようになったのです。

つまり、売れていない人は、「自分のスキルに過信しすぎて、得意なものしか、手を

出さない」から、どこかで頭打ちを喰らい、「転売ビジネス売れない」みたいな

独自で出した誤った結論を、ブログとかで書いたりするわけですね。

そうではなく、「売れるなら、なんでもOK.販売のプラットフォームも関係なし」

と言うことを常に念頭に置いておけば、転売ビジネスで一番大事なのは、

「スキルではなく、目利きでもなく、なんでも興味を示すこと、そして、どんな情報

にも、敏感であれ」と言うことなんですよ。

こう聞くと、話はすごいシンプルに収まっていると思います。

外国語は、多少の理解力は必要!

結論、海外輸出の業務で、外国語は、必須です。

よく、グーグル翻訳でOKみたいな、そんなブログも拝見しますが、英語以外の外国語

を、英語に変換して、グーグル翻訳で見た時に、ニュアンスが違ったりとかは

しょっちゅうあります。(以前、↓↓みたいなブログを書いたので、よければ

ご覧ください)

www.tani-blog.com

せっかく、お客さんがあなたの商品に興味を持ってくれているのであれば、外国語を

全く理解できていないのは、「意思疎通できない販売者」とみなされ、さっさと

違う販売者のところに行ってしまうかもしれません。

これって、もったいない話なんですよ。

まとめ

  1. 転売ビジネスには、スキルは不要

  2. 大事なのは、どんなジャンルにもチャレンジする精神と偏見を捨てる心

  3. 海外輸出は、やはり外国語は必要!

以上です。

今回は、「スキル」についての、お話をいたしました。

どんな仕事でも、専門知識があれば良いですが、「転売ビジネス」と言うくくりで

言えば、不要だと思います。

それよりも、「チャレンジして、失敗すること」の方が、得るものは大きく、

そこで、大きなスキルを得るきっかけを作れるかもしれません。

次回の記事では、「転売ビジネスで、意図的に専門スキルを身につける方法」と言うテーマで

書いていきます。

よければ、次回の記事にもお読みいただければ嬉しいです!