Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【今まで会社にしがみ続けてきた人に見て欲しい】40歳代からの再就職について!あなたの【見栄とプライド】が仕事を見つけられない唯一の原因だと思います!

40代以降の職探しについて

いつも、転売ビジネスメインで、記事を書いている私ですが、たま〜には、同じ世代

の方には分かっていただけそうな、「40代以降の職探しについて」と題して、

「あなたがもし、今の勤め先を何かの理由で、辞める(辞めさせられる)ことに

なった時に、慌てることなく、次のステップに進む考え方や具体的な行動の仕方」

というのを、”過去の私の経験則”ではありますが、お話をしていければと思います。

世間は、なぜ、年寄りを採用しないか??

近年、日本では、「終身雇用撤廃」という情報が、ちらほら流れ始めた頃、あの

TOYOTAでさえも、「今後、一生涯、雇い続けるのは難しい」って、言ってたこと

がありましたよね?

今までは、入社したら、「あなたも私も家族同然」みたいな考えから、だんだんと

「役に立っていない人たちを排除していく」方向へ、シフトしていっていると

感じます。

当然、本来ならそうであるべきだし、米国なんかは、もともと実力社会であり、

常に次の良い環境を求め、皆が競い合っているとも聞いたことがあるぐらいです。

また、役に立たない場合は、入社半日で解雇されることなんて、しょっちゅうらしい

ですね。

では、普段、求人募集を見ているときに、「年齢制限」を設けているところが、

ほとんどだと思いますが、皆さんもご承知の通りではないでしょうか?

本記事では、一部の「シニア募集、ミドル募集や、60歳以降の再雇用」というのは

別枠で考え、「40代以降で、仕事を探さないといけなくなった場合について」と

いうテーマで、お話していきたいと思います。

企業の募集要項では、年寄りをあまり差別しないよう、「企業方針により、●●歳まで

の採用による、将来への教育設計のため」みたいなニュアンスで書かれているのを

見ますが、まあ、結論、「年寄りいると、給与は高いし、教育するなら、なるべく

自社のやり方に染まってくれる若い方がいいよね」って、心の中では思っているわけ

だと思います。(と、いうか、絶対そう)

40代以降の職探しは、なぜ、難航するのか??

例えば、大手企業で、部長まで勤めた人が、40代半ばで、一般の中小企業に転職

した時、「使えないレッテル」を貼られることを、私がサラリーマン時代は、よく

耳にしたことがありました。

理由は、「今まで元いた大手では、こうやってきたから、この会社でもこうやるべき」

みたいな、「やり方に沿わない自己流で仕事を進める」人が多数いると、採用企業も

懸念しているのです。

それと、仮に入社させても、上司が自分よりも、年下だったり、周りの社員も年下

の可能性が高いので、ウマが合うかどうかが、心配材料として残るのではないで

でしょうか??

以上の理由により、40代以降の方々が職探しをしようとしても、難航する一つ

の要因となるわけです。

今まで気づいてきた、キャリアなんて、どうでも良い!見栄とプライドを捨てよ!

この記事を読んでいただいている、40代以降の方や、それ以外の年代の方にも

当てはまるのではないかと思うのですが、異性の恋人探しと同じで、

「自分の求めるハードルを下げる」ことで、職なんて、いくらでも見つかると思う」

んです。

過去、あなたが、「〇〇企業の部長で、どれだけ実績があり、どれだけのことを

やってきた」としても、応募した企業が求める素材にマッチしなければ、意味が

ありません。

あと、40代以降の方で、よく見受けられるのが、「積み上げてきたキャリアや栄光

を捨てられない」ような、「見栄とプライド」に溢れた、人たちがまだたくさんいる

ということだと思います。

これは、今まで、100万円の家賃に住んでいた人間が、家賃5万円のアパートに住む

ような感覚に陥るのと同じですが、そこを乗り越えない限り、いつまで経っても、職は

見つからないでしょうね。

35歳の時、病気で解雇になり、父親の介護も経験。定職に就かないと決めました!

私は、35歳の時に、「大腸癌を発症し、大腸を全摘」した経験があるのですが、

その前に、会社から、「自己退職」扱いで、退職を勧告されました。

そして、手術の2年後に、父親の介護を経験。長いこと、介護もしていました。

だから、定職に就くのは無理だし、「定職に就くのはやめよう!」って、腹をくくった

んです。

だけど、生活するには、お金が要りますよね??

なので、今みたいに、転売ビジネスをするまでは短期でできるバイトばかりやってたん

ですよ。

挙げれば、キリがないですが、在宅の仕事や、コンビニや、工場などなど

そんな感じで、食いつないでいました(笑)

今となっては、良い思い出で、良い経験をさせてもらったと思っています。

その時にわかったのは、お金が貯まらないなんかと同じで、職が見つからないのも、

結局は、「見栄とプライド」が邪魔をしているからなんだと、経験してわかりました。

自分を素直に出そう!正社員にこだわる必要ってある???

現在は、人手不足で、なかなか集まらないと、悩んでいる、企業さんが多数存在

します。

でも、年取ってからの正社員での応募はきついもの。

私は、過去の経緯から、すでに正社員には就かないことを決めたので、仮に勤める

となったら、アルバイトでしか勤めないと思います。

だから、「こだわりさえ無くせば、年寄りだからと言って、見つからないってことは

ないはず」

まずは応募先に電話でもして、問い合わせること。

そして、より良い就業先の見つけ方として、

  1. まずは自分の経験が活きそうな分野を選ぶ(100%一緒でなくてもOK)

  2. 給与は二の次。年齢に引っかからないか、確認。

  3. 面接で聞かれるであろう内容を想定し、準備。

  4. 応募動機から働きたいという意気込みまで、考えが理路整然としているか、整理。

  5. 会社に入社したら、”どう貢献できるか?”を言えるようにすること!

あとは、当たって砕けろですよ!

全て捨てて、一からやり直せば、なんとかなると思います。

以上、近年の大手企業のリストラニュースなんかを聞いていて、自分に置き換えた時、

「自分ならどう行動を移すだろう?」って、考えていたことがあり、この記事を書くこ

とにしました。

本当に「明日は我が身」だという思いで、毎日、一緒延命頑張らないとと思います。

悩んでおられる、40代以降の方を中心に、参考になればと思います。