Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

40歳以降で、求職をするときの注意点。こうすれば、仕事を見つけることができます。見栄とプライドを捨てましょう!

40代以降の仕事の見つけ方

f:id:ebaysearteacher:20191003152726j:plain
サラリーマン フリー素材

前回から、「40代以降の再就職」について、2回ほど、関連記事を投稿して きました。

その上で、本記事では、「具体的に、40代以降がすぐに仕事を見つける方法」 として、私の過去の経験則からわかったことを、お伝えしていきたいと思います。

私は、まだ40歳一歩手前ではありますが、35歳に病気で解雇勧告を受けてから、 自営業になるまで、短期募集のみで食いつないできた経験があるので、少なからず お役に立てるのではと思います。

今は、会社員として働かれていても、今の時代、40代はいつでも解雇されると いう頭で生活された方が良いでしょう。

まずは、分野関係なく、年齢でフィルターをかけよう

f:id:ebaysearteacher:20191003152916j:plain
年齢制限 フリー素材

いくら、雇用の上限が上がったといっても、雇ってもらえるかどうかは、また 別の話ですよね。

ですので、一般的に企業が設けている、「年齢」の枠から、フィルターを かけましょう。

まあ、ある程度は、分野は絞り込んでおいてではありますが。。

検索結果から、仕事の詳細を1社づつ確認していく

では、あなたが、ざっくり絞り込んだ会社で、さらに仕事内容を見ます。 一番重要なポイントは、「募集要項に対して、自分の経験がどう活かせそうか?」 というところ。

それは、あなたが正社員を目指そうが、アルバイトを探していようが、一緒のこと。 雇い主は、「志望動機をチェック」するからです。

そして、募集要項より、先方が求めている人材がどんなものかを読み取ること。

総合的に考えてみましょう。

求職活動は、時間を要するもの。急に解雇扱いを受けた場合、すぐには見つかりません

みなさんが、学生時代、求職活動に、どれぐらいのお時間を費やしましたか? きっと、すぐに探して、すぐに見つけられるなんて、なかなかないですよね。

アルバイトならともかく、正社員で40代以降からの求職活動は、それなりに時間 を要します。

ですので、その求職活動をする間、失業保険をもらえたとしても、いつまで生活 できるのかも逆算して、動かないといけません。

その上で、例えば、あなたが正社員を目指していたとしても、つなぎでアルバイト をしなければいけなくなる時があるかもしれません。

そう考えると、40代以降の職探しって、「こだわりを捨てる」作業が必要に なってくるんですよ。

年齢制限を設けていなくても、年配は不要な職種を見極める

f:id:ebaysearteacher:20191003153214j:plain
年配 フリー素材

では、具体的に職探しをする際、「年齢フィルター」に引っかからなかった 分野の職種があったとします。

その職種をあなたが、「ここ応募したいな、年齢制限無いしな」って、思っても、 そこは、「グレー的な年齢制限」を設けている場合が存在するのです。

理由は、過去2回の記事でも言っているのですが、「若い人中心で運営している 会社に対して、同じ一般社員での年上の社員は、年下上司からしたら、扱いにくい ということ」

まずは、これを理解しましょう。

ここを見抜けないようだと、面接いっても、撃沈するのが目に見えています。

少しだけ、具体例をいうなら、

  • コンビニ

  • カラオケ

  • ネットカフェ

的なところは、どこへ行っても、「年配の男性」って、少ないですよね? 女性ならまだしも、男性は非常に少ない。

理由は、そういうことではないかと想像します。

狙うは、中小規模の会社で、年齢層は若干厚めの少し年配多めがベスト

f:id:ebaysearteacher:20191003153538j:plain
年配 

もし、アルバイトでも、40代以降で、比較的見つけやすいのは、中小規模の こういった、「年齢層厚めの、少し年配が多め」の会社が良いのではと 思います。

そういう会社は、あまり若すぎる人は、「長く続けられるか?」って、 不安になったりするんですよ。

「これから、若い人材中心に育てていく企業」と、「地元民に愛されている 分野の企業」とでは、40代以降が求職するなら、断然「後者」が、面接に 通る確率が高いと思います。

職種のこだわりを捨てる。前職の実績など、40代以降で求められない?

f:id:ebaysearteacher:20191003153733j:plain
見栄とプライド フリー素材

最後に、職探しに、「見栄とプライドは不要論」を、過去、2回の記事に 書かせていただきました。 少し、長めですが、よければ、読んでくだされば嬉しいです。

www.tani-blog.com

www.tani-blog.com

最悪、正社員の仕事が、自分の思い通りにならないのが見つからないのであれば、 アルバイトから始めても良いのではないでしょうか?

企業は、「即戦力」とかいうけど、上司は、ほぼ年下ですよ?

なら、「見栄とプライド」を捨てなければ、合わない仕事で、正社員でやるなんて 苦痛ではないですか?

それよりも、アルバイトでも良いので、「好きな仕事で稼いで、残りは、自営業で 稼ぐ」とかしていけば、うまくいけば、二重の収入が得られるかもしれません。

「若い人は若い人なりの考えがあり、年配は年配なりの考え」で、うまいこと 仕事を探さないと、いつまで経っても、職は見つかりませんよ。

なんども言いますが、もし、40代以降で、「見栄とプライド」が邪魔しているなら、 それを感じさせないような、職種に転換すべきではないでしょうか。

その上で、自分の経験を活かした仕事なんて、いくらでも創り出せますし、 自分で何かを始めることも可能ですよね?

最後に

今は、年齢関係なしに、働きたければ、何歳になっても、働ける時代になったと 思います。

もし、少しでも有意義な人生を送りたければ、40代以降は、「雇用されるのではなく、 する側にまわる」ことを考えないといけません。

その目標を達成するには、暫定的なアルバイトなんて、苦でもなんでもないはず。

見つからないのは、「その人が選り好んでいるだけ」です。

以上、過去の私の経験則から、40代以降で職をスムーズに見つける、具体的な方法 をお伝えしました。

少しでも、皆さんのお役に立てればと思う今日この頃です。