Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【会社員勤めの40代(アラフォー)の方へ】第二の人生は、40代から設計するものです。解雇対象を回避するための考え方を伝授します。

あなたは、会社と共に心中する?それとも、次のステップへ移る?

40代以降の皆さんに、本記事ではメッセージを発信しています。

本記事でも、過去、すでに3回ほど発信している、「40代以降の職探し」について、 真剣に考えていただきたく思い、本記事では、「あなたは、会社と心中する?それとも 次のステップへ移る?」というテーマで、書いていこうと思います。

過去、投稿した記事↓↓

www.tani-blog.com

www.tani-blog.com

www.tani-blog.com

最近、何かと、とりだたされている、「40代以降の継続雇用のお話」で、 今まで会社勤めで頑張ってこられた方は、どこかで不安な気持ちを抱いている のではないでしょうか?

すでに、トヨタの社長でさえも、「生涯雇用は、確約できない」と言っている 以上、昔のように、「良い大学を出ていて、大手企業に就職できれば、安泰だった 時代」とは言えなくなってきています。

ですので、みなさんが、常に危機感を持ち、昔のように、「60歳を目安にセカンド ライフを考える」のではなく、「40歳を目安に、セカンドライフの設計を考え、 進んでいくべき」なのではないかと感じています。

もし、少しでも、「自分も共感できる内容かも」と、思っていただけましたら、 読み進めていただけると幸いです。

会社は、「社員も経営者の立場で仕事をすべきだ」って、言うけども、、、

f:id:ebaysearteacher:20191005210914j:plain
指図 フリー画像

昔、僕がサラリーマンとして、入社した時、上司から、「社員も経営者のような 心で、働かないといけないよ。」って、言われたことがありました。

そのころは、「は?俺は、一般社員だから、そんなこと無理に決まってるじゃん?」 って、口には出しませんでしたが、心の中では、思いっきり反発していたのを 覚えています。

でも、今、自分も個人で経営する立場になって、ようやく理解できてきて、 「あ?あの時の上司の言いたかったことは、こういうことだったのかも?」って、 わかるようになってきました。

つまり、会社員でも、個人事業主でも、「自分の今いる座標が変わるだけで、見える 景色も違う。だから、考え方も、変えていかないと、やっていけない。」と いうわけですね。

40代に差し掛かり、あなたは、昇格しましたか?

f:id:ebaysearteacher:20191005211148j:plain
出世 階段

たとえば、新卒で入社した会社でも、あなたが40代の場合は、すでに入社20年ぐらいであると思います。

通常、日本の企業は、一般社員から、5年おきぐらいで、昇格するものだと思いますが、今の日本では、40代になっても、 役職のない方がいたり、もしくは、役職はあっても部下が一人もいない方も、中にはいる場合もあるようです。

すると、会社としても、人件費の高騰を少しでも抑えたく思うあまり、そういう人材は だんだんと鬱陶しく感じる存在になるかもしれません。

全体的な若返りを図ろうとしている会社と、それにすがろうとする40代以降の社員に 大きな軋轢が存在するのも、納得はできます。

もし、ある日、会社から、早期退職を募集されたら?

f:id:ebaysearteacher:20191005211316j:plain
相談 フリー画像

私は、経験はありませんが、聞く話によると、早期募集をかけている会社では、 早期退職をしてほしい対象者を1名づつ呼びつけては、面談をするそうですね。

仮に、あなたにも、そのような話があがったら、あなたはどうしますか?

おそらく、会社というのは、いくら拒んでも、強制的に辞めさせる方向へ持っていく のではないでしょうか。

そう考えただけでも、なんか、ぞっとするものがありますね。

関連部署への異動願いも考えておこう

f:id:ebaysearteacher:20191005211503j:plain
異動 フリー素材

仮に、入社一筋同じ部署の仕事で、頑張ってきたあなたでも、昨今のAI化導入という話題で、自分の地位もどうなることかと、考えたことは、一度や二度ではないはずです。

それなら、早いうちに、会社に、「異動願い」を出してみるのも、ありではないでしょうか?

普通、会社が考えることは、「仕事の生産性を考え、コストをできる限りカットすること」だと思うので、誰でもできる仕事なら、別にその人がいないといけないというわけでもないかと思います。

でも、「長年、やってきた部署から、離れるのは、今更できないよ」って思うかもしれませんが、「背に腹は変えられぬ」なので、そこは、会社の変化に伴い、自身も変化 する時なのかもしれません。

そこで、僕のオススメは、「誰もやりたがらない部署」です。

実は、そこに、「あなたが、まだ生き延びるチャンス」があると考えています。

誰もやりたがらない=競い合いは皆無 であるということ

f:id:ebaysearteacher:20191005211737j:plain
競争 フリー素材

誰もやりたがらない部署って、ある意味、「左遷」みたいなイメージを取られがちだと 思いますが、実は、そこが”狙い目”です。

「誰もやりたがらない=会社も動かしようがない部署」ということになると思うのです。

つまり、「自分から、あえて、泥を被りにいく」イメージだとお考えください。

そうすることで、「誰でも代わりはいる存在」から、「絶対に必要とされる存在」に なれる可能性があるわけですよね。

こういう話を聞いて、なんか、考えられませんか?? 考えたくも、想像したくもないかもしれませんね。

それでも、「いつかは、早期退職に対象になるかもしれない」という危機感があれば、 人間、なりふり構わず、なりふりかまわず、何でもできてしまうものですよ。

あなたに、「見栄とプライド」さえ、捨てることができればですが。

挑戦したことは、退職勧告を受けたとしても、絶対に役に立つんです

本記事の最後ではありますが、あなたがやってきたことは、すべて無駄ではないはずです。すべてに「意味がある」と、私は考えます。

ですが、結果、どうなっても、「何かしなければ、次にはいけない」ことを理解しないといけません。

会社に入れば、たとえ理不尽なことにも、答えていかないといけません。 だから、一番大事なのは、「あなたが何ができるかよりも、何をやってきたか?」です。

次に職を探すとしても、自分で何か起業をするにしても、「自分は今まで乗り越えてきたことを糧に、頑張れる」という気持ちが、やる気を爆増させるものです。

自信がない人に、誰も魅力は感じません。

だから、世間では、45歳以上のリストラの話をしていても、見るのは、「次」です。

あまり、余計なことは、考えても、しょうがないと思いますよ。