Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay輸出、アマゾン輸出をされている方必見!クリスマス商戦の事前準備で、売上、利益を大幅アップさせよう!

クリスマス商戦の準備は、もうなされていますか?

転売ビジネスをしている皆さんは、もうクリスマス商戦の準備は、なされていますか?

「いや!まだ早くないか?」って、思っている人は、もう結構、遅いです。(笑)

今からでも遅くない、「クリスマス商戦の事前対策方法」として、

・クリスマスに対する、海外の人の思い

・子供向けプレゼントは、納期以前に到着させることは必須である

・有在庫販売への一時転換

・送料設定は、最低でも、国際epacket

・EMSは、もっと時間がかかる?

・もし、納期(最低クリスマス前)に間に合わなかったら?

・12月は、需要が一時落ちる?

・繁忙期は、翌年3月まで続く予定

以上、これらについて、一つづつお話していこうと思います。

特に、国外輸出向けメインのお話ではありますが、国内転売でも、たまにあり得ることなので、合わせて、参考にしていただけると幸いです。

クリスマスに対する海外の人の思いを知ろう!

まず、クリスマスについて、私の経験上、北米、欧州のお客さんの思いは、我々日本人とは全く異なることを理解しよう。

転売ビジネスの記事で、あえて、クリスマスについてのお話はしませんが、「思い」や「熱量」は、全くの相違があるようです。

ですので、それだけ、相手からすれば、「年に一度の大事なイベント」だということを理解し、欧州の文化をそのまま受け継いで、「クリスマスは大事なイベントだ」と言っている日本人とは、”感覚”が違うのだということを、まずは、理解すべきだと思います。

子供向けプレゼントは、納期は超タイト??

申し上げた通り、子供向けのクリスマスプレゼントを、「早めに買う親」もいますが、「12月になって、買う親」もいたりします。

どちらにしろ、思いは、「クリスマス前に到着させてほしい」ということです。

早めに注文をもらえれば、まだ良いですが、国によっては、クリスマスの頃は、長期間休みに入る会社もあるようです??(昔、ポーランドの税関は、長期間、動きませんでした)

有在庫販売への一時転換を検討しよう

普段、無在庫販売をしていう販売者さんは、有在庫販売への転換も一部、考え直す必要があると思います。

申し上げた通り、特に、「子供向けのクリスマスプレゼント」は、納期がタイトなんでです。無在庫販売でも、仕入先がメーカーならまだしも、個人なら、遅く発送されることも十分ありますよね。

また、「ハンドリングタイム」を、5日以上にしている販売者は、「発送の督促」が厳しくありますので、売れ筋商品のみ、在庫を持つことを検討されてはどうでしょうか?

送料は、”国際packet”を基準に価格設定をすること

普段、僕も含めて、国際epacketライトという、一番安い発送方法で発送している販売者さんはたくさんおられることだと思います。

でもね。繁忙期は、「日本を出国するまでの、国内の滞留期間」は、とてつもなく 長く感じるものです。(と、いうか、長い!)

これは、お客さん、めちゃくちゃ、イライラされる一つの要因です。

利益が若干、目減りするかもしれませんが、「仕入れ費用を抑える」などの工夫をしてでも、最低でも、国際epacketで送ることをお勧めします。

国により、EMS発送は時間がかかる?

EMS発送というのは、郵便局の発送方法の中では、一番早く配送される発送方法と言われていますが、クリスマス商戦などの繁忙時期は、少し事情が変わります。

特に、2017年のアメリカの豪雪なんかでは、EMSでさえも、14日ほどかかったこともあり、侮れません。

また、欧州だと、EMSは特に時間がかかる時期でもあります。

抜き打ち検査というより、全件検査といったイメージ。

お客さんにも、「どういう発送方法が良いか」というのを、「お客さんより選択いただく」ようにすれば、万が一何かあっても、大きなトラブルにはならないと思います。

納期(特にクリスマス前)に間に合わなかったら?

この場合、99%のバイヤーは、「クリスマスに間に合わなければ、商品はいらない」って言ってきます。

そうすると、「返品・返金」対応になるのですが、このクリスマス時期に到着できなかった場合、ebayのルール通り、「商品が到着してから返金する」は、バイヤーには 通じません。

理由は、納期通りに送らなかった、「販売者」が悪いのです。

だから、最悪、納期通りに到着できなかった場合、まず強要されるのは、「返金」です。

次に「返品手続き」ですが、これは、どういうリターンポリシーに設定してあっても、返送費用は、「販売者持ち」になる可能性が高いです。

また、納期通りに到着されなかった場合、バイヤーが、自発的に返送手続きをしてくれるのかも、同時に考慮しましょう。

念には念を入れてということですね。

12月は、一時需要は落ちます

これは、私が扱うカテゴリーに限りなので、他の販売者は、存じませんが、クリスマス前の需要が、11月までで全て完了した場合、12月は若干、需要が落ちる可能性があります。

ですので、「11月売れたことを理由に、もっと仕入れよう!」って、在庫を持ちすぎるのは、少し、立ち止まって、考え直した方が良いかもしれません。

もちろん、資金に余裕があれば、問題ありませんが、普通の販売者は、利益の範疇で仕入れをされているはずなので、仕入れても売れないと、相当、痛手を被る可能性が あることを理解しましょう。

繁忙期は、翌年3月まで続く

繁忙期は、毎年、だいたい3月ぐらいまでに続きます。

クリスマスを超えると、次は、長〜い休暇を迎えるからです。 我々日本人からすれば、羨ましい限りですが、欧州の場合は、それが当たり前です。

ですので、長期間の休みの時に、旅行に持っていくものを、ebayで買ってくれるので、繁忙期は3月ぐらいまでは続くのです。

備えあれば、憂いなし

何はともあれ、販売者として、どんなことがあっても、早めに準備をしておくのは、必要です。

クリスマス商戦を経験したことのない販売者さんの参考になればと思う次第です。