Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

ebay、ヤフオク、アマゾン転売をしている方へ。サンキュー・レターで、感謝の意を伝えよう!経験談語ります。

サンキュー レターについて

早速ですが、転売ビジネスをされている皆さんは、商品発送時に、

「Thank You レター」というのを、同封しておりますでしょうか?

僕は、常に、このThank you レターについては、同封していましたが、最近は

全く同封するのをやめました。

本記事では、このThank Youレターについて、これから書こうかどうか迷って

いる人へ、お話していきたいと思います。

Thank Youレターは、何のために、書くのか?

そもそも、購入してくれやお客さんに、商品と一緒に同封する、このThank Youレター

ですが、「書く目的」は、なんなのでしょうか?

まずは、そこを、販売者として、考えを決めておきましょう。

僕の場合、「次への注文につなげるため」書いていましたが、正直、「書いても書かな

くても、あまり注文には影響ない」と考え、今は書いていないというのが実情です。

ちなみに、僕は、Thank Youレターで、こういった文章を書いていました。

以下、文章の内容になります↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この度は、ご購入ありがとうございます。

商品は、無事到着しましたでしょうか?

今回の当店のサービスは、ご満足いただけましたか?

商品の品質は、問題ありませんでしたか?

もし、よければ、Good FeedBack(良い評価)をいただけると幸いです。

後、何か意見があれば、ご連絡ください。

今後の改善のために、活かしていきたいと考えています。

最後になりますが、当店の商品は、リピーターになっていただくと、自動的に

お値下げもやっており、複数購入でさらにお値下げも実施しています。

今後とも、より良いサービスを提供するために、頑張っていきますので、引き続き、

よろしくお願いします。

追伸:今後、何かありましたら、いつでもメッセージをお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この文章を、毎月130件の発送商品の中に、一枚づつコピーして、同封していました。

面倒ですが、それも楽しんでやっていたのです。

肝心のリピーター再獲得は?

果たして、皆さんが、気になる、

  • リピーターの獲得

  • Good Feedbackの獲得

は、どうだったか??

約5年ほどやってきて、

  • リピーター  5人
  • 高評価獲得  全取引件数の5割程度

しか、得ることができませんでした。

つまり、約5年間、A4用紙1枚あたり、1〜2円ほど使って、頑張っても、

そこまで、大きな収穫はなかったということになります。

この結果をどう捉えるか、これは、販売者自身の考えに寄りますので、僕の

方では、「これが正しいやり方だ」とは、言いにくいところがあります。

過去2回ほど、バイヤーから、感謝の手紙を受け取りました

それでも、中には、わざわざ、スイスから、葉書一枚ぐらいに、ぎっしり文字を埋めて

手紙が届いたこともありました。

最初、誰のことかわかりませんでしたが、あとで名前を調べると、「あ〜、この前の

お客さんじゃん?」って、いうこともありました。

だから、一概に、「Thank Youレターは意味がない」とは、僕の経験上、言えないんで

すよね。

お客さんに、感謝を伝えるための、ツールであると考えよう

インターネットが普及して、今では、電子メールや、SNSでのやり取りが一般的な中、

こうやって、手書きでの手紙を送ったり、送っていただいたりすると、なぜか、

ほっこりするものです。

だから、最初から、「次への注文をつなげるため」に書くようだと、あまり注文は

こないということが、わかっていただけたかと思います。

昔、日本では、「おもてなし」という言葉が大流行しましたが、通常、「おもてなし」

というのは、「表と裏がない」という意味にもなるそうです。

だから、「リピーター獲得のため」という思いがある時点で、人は寄ってこないんだと

いうことですよね。

国が違えど、一人のお客さん、一人の人間です。

僕も、長年やってきて、そういうところは、まだまだ考えが足りていませんでした。

以上、いかがでしたでしょうか?

転売ビジネス向けの、Thank Youレターの意見は、賛否両論あるかと思いますが、

今後の参考になればと思い、書かせていただきました。