Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【商品が売れないと悩む前に見て欲しい】ebay、ヤフオク、アマゾン転売者の方必見!売れていた商品が、急に売れにくくなった時の対処法を伝授します。

商品単体で、売れにくくなった時の対処法とは?

転売ビジネスをしていると、扱う商品とタイミングによって、「この時は売れていた

のに、急に売れなくなった」ということが、多々あります。

僕は、過去の記事で、「転売ビジネスは、常に不安定である」と言ってきました。

そんな時でも、「ちょっとした工夫」で、改善できる余地があります。

本記事では、「いつも売れていた商品が、急に売れなくなった時の対処法」を

お伝えしたいと思います。

少しでも、商品が売れにくいと感じている方は、このまま読み進めていただければと

思います。

商品が売れにくいのは、決して、扱っている商品に問題があるわけではない

例えばですが、ずっと売れ続けている商品が、急に売れなくなってきたということは、

たびたび発生します。

それは、決して、あなたが扱っている商品に問題があるわけではありません。

「タイミングや時期的に、売れにくいだけ」なんです。

ですので、「閲覧数やウォッチ数が伸び悩んでいるな」と思っても、まずは、静観し続

けましょう。

すぐに、「出品を取り下げる」とか、「価格を下げる」というような、安易な判断

やめた方が無難です。

出品者状況を再確認する

それでは、あなたが扱っている商品の、現出品者状況を確認します。

確認する内容は、

  • 対象商品を出品している、ライバルの人数

  • そのライバルたちの、出品形態(単体?個数?など)

  • ライバルたちの評価

  • 過去の販売実績

最低でも、これらを見るようにしましょう。

分析していくと、そのライバルたちが、”まだ手をつけていない販売方法”を、

発見できることがあります。

みなさんが目をつけるのは、まさに、”ライバルがまだ手をつけていない販売方法”に

あるのです。

改善点がわかれば、あとは、”実行するのみ”

そのように、「やるべきことさえ」見えてくれば、あとは、試しに実行してみま

しょう。

それでも、売れるかどうかの「保証」は、100%あるとは言えませんが、売るための

「一歩」を踏み出すことができるはずです。

最終的に、「相手を観察して、動きを見ることが大事」になってきます

自身のブランドを販売できないからこそ、誰でも真似できて、参入壁が低いのが

ebay輸出ではないでしょうか。

いずれは、同じ商品を売るライバルが出てくるという考えのもと、常に、ライバルの

動向をチェックし、「自分なりの販売手法」を準備しておくことが必要ですね。

以上、いかがでしたでしょうか。

最初から、全く、的外れな商品を販売しているのなら、ともかく、「売れていたのに、

急に売れなくなった」というケースでは、「すぐに諦めるのは、時期早々である」と

ここでは申し上げたいです。

特に、ebay輸出では、30日の出品期間を経過しても、売れない場合は、自動的に

出品手数料が加算されますが、一旦取り下げて、価格を下げたり、出品を取りやめる

ことは、ある意味、「販売機会の一時的な損失」を、自分で創り出しているという

ことでもあります。

その判断を、「ただ売れないから」というだけで、安易に判断するのは、やめた方が

良いと思います。

もし、自身が扱う商品で、当てはまる商品があれば、ぜひ、ご確認いただければと

思います。