Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【便利だからこそ気をつけたい】サブスクリプションの罠に気をつけよう。ポイントは、あなたの問題意識にかかっています。

月額課金の落とし穴に気をつけよう

今、「サブスクリプション」と言われる月額課金について、様々なサービスが展開

されています。

僕は、今、月額課金で使っているサービスは、

  1. アマゾン(年会費4900円)

  2. i Cloud 50GB ストレージ(月額130円)

  3. ジム(月額5800円)

大体、これぐらい。(独自で入っている、保険等は、ここでは含んでいません

今のところ、全て、僕にとっては、必要とするサービスばかりです。

ただ、この「サブスクリプション」というのも、使用目的によっては、

できれば抑えたいサービス。

本記事では、「サブスクリプション」について、「便利であるが故に、気をつけたい

こと」と称して、僕が考える、「サブスクリプションについて」を、挙げています。

日頃の支出を見直すきっかけになればと思いますので、気になる方は、ぜひこのまま

読み進めていただければと思います。

知らぬ間に、勝手にお金が引かれているサービスは、ありませんか?

f:id:ebaysearteacher:20191019132641j:plain

近年、様々なサービスで、この「サブスクリプション」というのが、採用されて

います。

このサブスクリプションの特徴というのは、「最初の●日間は、無料でお試し、

その後、良いと思えば、継続して、使用は可能。ただし、課金が開始される

といったものです。

消費者にとって、こういった、「お試し期間」というのは、嬉しいもの。

ですが、「無償が故に、安心して、気づけば、いつの間にか、お金が引き落とされ

ている」といったことが、あるわけです。

皆さんも、毎月のクレジットカードの請求書なんかに、そういった請求はありません

か?

今からすぐにでも、見直して見てください。

みんながスルーする理由。それは、無償という気持ちが抜けきれていないため

f:id:ebaysearteacher:20191019132909j:plain

では、なぜ、「サブスクリプション」というのは、皆さんが、あまり気を止めないのか

その理由を一言で言うと、

無償期間からの感覚が、有償になってからも、抜け出せていないから

まさに、これに尽きると思います。

つまり、今はどうか知りませんが、携帯の大手キャリアで、契約した時に、

最初1ヶ月のみ、「必ず入って欲しいオプションに強制加入」させられた経験

はありませんでしたか?

その後、1ヶ月以内に解約すれば、料金は発生しませんといったやつのことです。

あれって、オプションごとに、色々ありましたが、全て少額だったので、更新期間

を忘れ、そのまま、お金を払い続けてしまった経験が、僕には何度もありました。

皆さんはいかがでしょうか?

本当に必要かどうか、目的意識をはっきりさせよう

f:id:ebaysearteacher:20191019133057j:plain

世の中、様々な、目を引かれる、「サブスクリプション」というのは、我々の

生活を豊かにしてくれます。

が、一方で、「お金を毟り取られている」という、落とし穴に、ハマりかけている

のだということにも、同時に目を向け、気づくべきだと思います。

例えば、月額120円とかであっても、年間で、1500円ぐらいですよね。

その間、その払った分の元は、十分、取れるんでしょうか?

そこまで、計算して、それでも必要なら、購入手続きに踏み切るべきですし、

そうでないなら、無料期間内に、さっさと、契約解除すべきだと思います。

課金する新たなオプションが増えたら、既存のサブスクリプションを見直そう

f:id:ebaysearteacher:20191019133201j:plain

もし、どうしても、課金すべきサブスクリプションが発生したら、既存のサービス

は、必要かどうか、再度、見直して見ては、いかがでしょうか?

つまり、「普段、見直す機会がなくても、課金するとなると、既存のサービスを

否が応でも、目に入ってしまうもの」だからです。

それなら、その時点で、「断捨離するか、継続するか」の判断ができるでしょう。

世の中、「絶対」という言葉は、存在しないと考えよう

これは、僕の考えですが、何でもかんでも、「絶対」という人こそ、信じられないと

いったことありませんか?

それは、「モノやサービス」も同じで、「このモノやサービスが、絶対必要なもの?」

って、聞かれると、「いや、別に必要ないよ」って、いうこと、しょっちゅうで

すよね。

つまり、「落ち着いて、考えれば、”絶対”なんて、言葉は、存在しないのかも

と、僕は考えています。

「絶対必要なもの」とは、「国民として、果たすべき義務であったり、働くことで

あったり」など、以外は、意外とどうにかなるものではないでしょうか?

だからこそ、日頃より、「問題意識を持ち、どうしても必要なものだけを買う

といった、習慣づけが必要になると思います。

以上、一般市民にとって、大事な「お金の話」をさせていただきました。

本記事を見て、少しでも、思い当たる節がある人は、ぜひ、見直すきっかけに

なればと考えた次第です。