Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【物欲を無くしたい人必見!】今からでも遅くない?物欲は止められる!本気で物欲を止める方法をお教えします。(経験談含)

物欲を無くしたいと思う方へ

早速ですが、みなさんが、物欲がありすぎて、困ることって、ありませんか?

誰でもそうなんですが、「あれが欲しい」「これも欲しい」という気持ちがあっても、

なかなか、抑えられない。

故に、ストレスがたまり、借金をしてでも、購入してしまう人が多いのも、この

世の中、実際にあるようです。

そこで、「物欲を一気になくす方法」として、私の経験談を元に、皆さんに

お話していきたいと思います。

少しでも、「納得」とか、「共感」していただけるところがあるようでしたら、

コメントいただけると幸いです。

人間とは、欲の塊だらけである

f:id:ebaysearteacher:20191019105441j:plain

僕は、昔、欲しいものは、何でも購入していました。

例えば、「洋服」「携帯」「靴」など、高額商品ばかり。

故に、貯金しようとしても、すぐにお金が減って、なかなか、貯金ができないと

いった状況がありました。

恥ずかしながら、30代前半でも、そういう欲求がずっと止まらず、何かに付けて、

給与が出るたびに、「あれを買う」とか、「これを買う」とか、散財しまくり

だったと思います。

そう考えると、人は「欲望のままに生きる生き物であり、その欲求は、他の誰でも

ない、自分自身しか、制御できない」ということですね。

なぜ、人は、収入以上の物欲を欲するのか?

f:id:ebaysearteacher:20191019105724j:plain

皆さんのまわりに、こんな人いませんか?

  1. 身につけるものは、常に高級志向

  2. よく人に奢りたがる

こういう人と、お付き合いすると、決して、皆さんにも、良い影響を及ぼさない

ので、一線を引いた、お付き合いが望ましいと思います。

そういう方は、「お金があることに、感覚が麻痺しているので、どんどんお金を

使おうとする。だけど、そのお金は、どこから湧き出たものか?その人の身の丈に

あっているものか?」

非常に、疑問だらけです。

そういう方の主な特徴として、

  • 異様なまでのお金に対する執着

  • 過去の成長背景(家庭背景)など

考えられることは、たくさんあると思いますが、「自分に良い影響を及ぼさない

可能性」が少しでも垣間見れたら、すぐに距離をとったほうが良いでしょうね。

開業した途端、少し麻痺しかけました

f:id:ebaysearteacher:20191019110109j:plain

かくいう私も、開業して、もうすぐ2年目。

その前から、少し散財癖があったことは、否めません。

そして、開業してから、さらに追い討ちをかけるかのようなことが起きました。

それは、今まで手に入れたことのないお金が、開業した初月から、自分に舞い込んで

きたのです。

今までサラリーマンだったので、決まった給与しか、受け取ることはありませんでした

が、自営業は、頑張れば頑張るほど、お金は全て自分に入ってくる。

だから、「勘違い」していた時期があったことは、否めませんし、今となっては、反省

事項でもあります。

だから、経費として、大好きなApple製品をたくさん買いました。

結果、買っても、仕事で使ったのは、ほんの一部。

こういうことが、開業した頃、あったのです。

ただ、年度末の売り上げを計算した時に、その影響が、数字に現れてくる。

これは、まずいなと正直思いました。

ある日を境に、物欲がピタッと止まった。

f:id:ebaysearteacher:20191019110232j:plain

結果、ある日を境に、物欲がピタッと止まり、今まで何も考えずに、欲しいもの

しか買っていなかったのに、「考えて買うようになった」のです。

まあ、こんな発言を、30オーバーの男がいうのも、恥ずかしい話ですが、僕に

取っては、大きな前進でした。

それ以降、何かを買うときは、

  • 何のために買うのか?使用目的は?

  • どれぐらい使う予定なのか?

  • もしかしたら、他のことで、代替できる可能性はないか?

これらを考えたあと、すぐには買わずに、一晩過ごし

翌朝、起きてから、気持ちが昂っていたら、買うようにしています。

こういう改善を重ねるごとで、我が家でも、私も、だいぶ、冷静に物事を見ること

ができたと思っています。

結局は、散財を止めるには、自分が失敗をするというきっかけが必要

よくテレビとかで、「買い物三昧が招いた結果、たくさんの消費者金融から、

借金をした」というような、番組を見たりしますが、そういう人の結末は、

僕は二種類存在すると思っています。

まず、

  • 改心して、質素に生きる人

  • 改心せず、自己破産しても、また、お金を借りにいく人

これも、結局は、その人次第。

特に、

改心せず、自己破産しても、また、お金を借りにいく人

なったら、もう人生終わったも同然。

最後は、もうどういう結末になるか、目に見えていますよね?

人は、物欲の塊である。

これは、誰もがそうであるということ。

だけど、それを生かすも殺すも、結局は、自己責任でやらないといけない。

そうやって、何かを経験しないと、人はわからない生き物なんですね。

自分も含め、ぜひ、気をつけたいなと思う次第です。

以上、人によって、考え方は様々でしょうが、「お金のトラブルは、その後、

予測もしない、大惨事を迎える可能性」もあるので、思い当たる人は、

是非是非、注意された方が良いかと思います。