Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

転売ビジネスで、商品が売れていかないと悩む方は必見!無闇に、『出品を取り下げない』という選択肢も検討してみよう!

出品を取り下げないという選択肢とは?

転売ビジネスをしている方は、日々、「仕入れたけど、なかなか売れていかない」と

いう、状況に遭遇すると思います。

私でも、いまだに、そういった商品を、在庫で持っていたりするものです。

販売経験も長いので、”商品回転率”を意識した、仕入れをするのですが、

商売はそううまくいくものではありません。

そこで、せっかく出品をしたけども、なかなか売れていかないが故に、出品を

取り下げてしまうという、「残念」な行為をしてしまっている人を、よく

見かけたりします。

そういう方向けに、「出品した商品を取り下げないという選択肢」もあることを

ご説明しますので、少しでも、当てはまるかもと思った方は、読み進めていただけると

幸いです。

売れ筋商品なら、必ず売れていくんです

例えば、あなたが、仕入れた商品が、売れ筋商品だったとします。

売れ筋なのに、「全く売れていかない」状況が続き、ある日、出品を取り下げてしまい

ました。

それって、正しい選択肢なのでしょうか?

結論から言うと、答えは「NO」です。

売れ筋なのだから、売れないわけがないです。

そこで、冷静に分析して欲しいこと。それは、

  • ライバルの出品者数

  • ライバルの在庫

  • 直近の売れ筋

  • 過去の同等のシリーズ商品の販売実績

このあたりをしっかり分析できていれば、「今は売れなくても、必ず売れていく」

んです。

まずは、その点を理解しましょう。

今の出品形態では売れないのかもしれません

例えばですが、あなたが仕入れた商品を、「単品形式」で出品すると、ライバルが

100人いるとします。

ライバルの販売価格が、仮に売れたと仮定した場合、”落札手数料-仕入れなど”諸々

差し引くと、赤字すれすれで販売していたとしましょう。

そして、そういった、販売形態で出品している人が、まさにライバルが100人いたと

します。

これでは、当然ながら、「勝てるわけがない」ですよね?

でも、「販売形態を変えてみる」という発想に転換してみるといかがでしょうか?

つまり、「単品+アルファ」で、出品してみるんです。

すると、同じ商品でも、100人のライバルが、「あなた一人しか出品者がいない」と

いう状態になると思いませんか?

実は、その記事を、過去、投稿させていただいています。詳しくは↓↓

www.tani-blog.com

www.tani-blog.com

何を以って、出品を取り下げる対応を取れば良いか?

では、一体、「何を以って、出品を取り下げる対応を取れば良いか?」ですが、

これは人それぞれです。

例えば、「閲覧数が伸び悩む」とか、「ウォッチが全然つかない」とか、あると

思いますが、そういった商品以外であるなら、継続して出品する価値はあると

思います。

また、ebay輸出の場合、「出品手数料がもったいない」みたいなことを思われる

人もいるかもしれませんが、1年通して、黒字になれば良いわけだし、出品し続け

ないと、「そもそもの商品が売れていかない理由」というのが、分析できないと

思います。

少しの手数料を節約したいがために、「今後のリサーチの参考になるデーター取りを

自分自身で放棄している」ようなもの。

要は考え方次第だということですね。

以上、いかがでしたでしょうか?

みなさんが、出品を取り下げないという選択肢を持つことで、これだけ考え方の幅も

広がることを、お分かりいただけたかと思います。

全て実行できなくても、ひとつでも共感できることから、実行してみてはいかが

でしょうか。