Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【最安値なのに、売れないの理由とは?】転売ビジネス初心者向け!最安値で売れないのは、『検索キーワード』からではなく、「ストアのフォロワー』から購入されているから。

あなたのストアーには、フォロワーがいますか?

転売ビジネスをされている方は、ご存知かと思いますが、どのプラットフォーム

で、販売しても、”フォロワー機能”というのが存在します。

みなさんが運営しているストアには、どれぐらいのフォロワー数がいますでしょうか?

本記事では、「単価が最安値なのに、商品が売れていかない」と、嘆くあなたに、

「販売単価が最安値でも、売れていかない、もう一つのカラクリ」をお教え

したいと思います。

これは、ストア運営において、とても、重要な事項であると思いますので、

気になる方は、ぜひ、このまま、お読み進めていただければと思います。

最安値にしたところで、売れていかない、理由とは?

よく、ブログや、動画で、「最安値に価格を設定しましょう。」って、謳われて

いる方はいますが、正直、最安値でも、「売れるケースとそうでないケース」

があることは、ご存知でしょうか?

初心者の方は、リサーチで、常に、最安値を狙った、出品をされていますが、

「最安値で設定しているのに、二番目、もしくは、三番目に価格が高い、Top

の販売者が売れている」っていうような、傾向はお見受けしたことはあると

思います。

つまり、「なぜ、最安値なのに、あなたの商品が売れていかないのか?」の

理由を、理解しないと、おそらく、ずっと、あなたの商品は売れていかないと

思います。

では、その理由とは、何か?

それは、

・検索キーワードから、最安値の販売者より、購入するパターン

・ストアのフォロワー機能から、購入するパターン

と、二通り、あると、考えられます。

つまり、

まだ、実績のない販売者は、検索ワードからの、最安値での購入ケース

が、多く、

実績ある販売者は、フォロワー機能から、新規出品の都度、購入されるケース

というパターンに、分けられるわけです。

これらを、要約すると、

フォロワーが多い、ストアほど、他の販売者との価格比較ではなく、直接購入

してもらえる比率が高くなる

ということですね。

では、フォロワー数とは、どこで、確認するの?

僕は、ebayのリサーチコンサルと謳っているので、本記事では、ebayを例に

させていただくと、

f:id:ebaysearteacher:20191028154910p:plain

僕のストアですが、こんな感じで、約200名ほど、フォロワーがいます。

つまり、販売経験が長くなれば長くなるほど、ここのフォロワーも、どんどん

増えていくでしょう。

フォロワーになってもらいやすいストアとは?

これは、100%経験則に基づいた、私論になりますが、「あなたが扱う商品

が、どれだけリピートされるような、商品を扱っているかどうか」ということ。

例えば、その時期、流行った、パッと出の商品を扱ったところで、なかなか

フォロワーにはなってくれません。

フォロワーさんとは、「あなたのストアで、リピートしてくれるお客さんである」

ことが前提ですから、扱うなら、「長期的に、安定的に供給可能な商品に限られる」

わけです。

あなたのストアに、「長期的に需要があり、かつ、安定的に供給できる商品」

は、ラインナップされていますか?

時には、違うジャンル商品展開することで、コアなバイヤーの集客も意識しよう

過去の投稿記事で、何度も言いました。

商品ジャンルは問わず、売れるものは、なんでも売ること。固定概念が、

あなたの売り上げを妨げている」ことに、気づくべきです。

ebayでは、自社ブランドの販売展開はできないのだから、ライバルは、全て同じ

環境であるということ。

新しい商品の展開で、あなたの専門知識も、一つ増えていくわけなのですから、

初心者の皆さんは、「自分は、これしか売らない」って、今の段階で決めずに、

どんどん販売していくことに、チャレンジしていくべきでしょう。

そういう行動が、いずれ、違った分野に興味のある、コアなバイヤーより、

「こういうのが、欲しいんだけど、ありますか?」

と、いう質問が来る一つの要因となるわけです。

以上、いかがでしょうか?

「フォロワー数=販売」の、因果関係を、ご説明いたしました。

決して、「最安値だからといって、売れていくものではない」ことが、

ご理解いただけたかと思います。

フォロワーというのは、ブログにしかり、SNSにしかり、簡単につくものでは

ありません。

結局は、みなさんの、「試行錯誤」の結果によるものだと、僕は思います。

ぜひ、焦らず、コツコツ積み上げていく方法で、頑張ってみては、いかがでしょうか?