Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【製造原価で、利益は大きく変わる】利益10万円を目標とする、転売ビジネス初心者の方へ。販売商品の原価率を理解&意識しよう!

原価率って、わかりますか?

転売ビジネスをされている方は、普段、「何に重きをおいて、実務をこなされて

いますか?」

「利益ある商品のリサーチ?」「出品商品の仕入れ?」はたまた??

まあ、ほとんどの人が、一人で実務をこなしていると思いますが、

やはり、最終的に気にしているのは、「どれだけ販売して、どれだけ、

利益を生み出したか?」ということですよね?

それって、単純に、

・販売価格-仕入れ価格-落札手数料-送料

で、計算できると思います。

ただ、本来、「原価率」という言葉で締めくくった場合、

「製造原価率」という言葉も、転売ビジネスでは当てはまると、僕は思っています。

本記事では、「転売ビジネスにおいての、製造原価率とは?」という観点から、

転売ビジネスにおいての、正しい利益の出し方をお教えしたいと思います。

この記事は、あくまでも、「知識」として、知っておいていただくだけで、結構です、

これを知るだけで、転売ビジネスにおける、様々な概念が、ガラッと変わると

信じています。

ご興味ある方は、このまま、お読みいただければと思います。

そもそも、何を以って、製造原価率と呼ぶのか?

転売ビジネスでは、「仕入れ価格」が、それに該当します。

そもそも、製造原価率の意味を申し上げると、

売り上げに対する原価の比率

です。

例を申し上げると、

・仕入れ価格 1000円

・販売価格 2000円

これらの原価率は、いくつになるでしょう?

答えは、

仕入れ価格¥1000÷販売価格¥2000✖︎100%=50%

つまり、事例の場合、原価率は、50%となります。

だけど、これだけでは、まだ”利益”とは、言えません。

ここに、「落札手数料や送料」が、引かれていきます。

よって、事例の商品の、”最終利益”は、50%以下にならなければいけません。

これらを、「原価率」と読んでいます。

リサーチや、発送は、製造原価率ではないの?

では、日常の、リサーチ業務や、発送は、「製造原価率」と呼ばないのか?

答えは、「呼びます」です。

ただ、詳しく算出する必要性はありません。

副業レベルなので、そこまで気にする必要はないでしょう。

利益10万円に到達するまでの、プロセスが大事

巷では、「誰でも利益が10万円取れる方法」というような、謳い文句で、

動画や、ブログを発信している人がおられます。

かくいう僕も、その一人です。(笑)

だけど、一つ疑問を持って欲しいです。

「利益10万円到達するまでに要する、製造原価って、どれぐらいですか?」

転売ビジネスが長い人は、この製造原価率は、初心者の方より、低めであることは

間違いないでしょう。

でも、初心者の人が、やっとの思いで、達成した利益10万円の製造原価を見てみると、

とてつもない、製造原価率を放っているかもしれません。

つまり、「同じ10万円の利益達成でも、人により、製造原価率は大いに差がある」

ということが言えると思います。

具体的に起こすアクションとは?

転売ビジネスで、利益10万円を目標に、製造原価率を低めに抑えるためには、

何をすべきか?

  • リサーチから出品までを短縮化させる

  • 回転率の良い商品を扱う

  • 1日の目標利益を、落札件数1件で達成させる

これらを意識するだけで、自然と、梱包費用や、発送頻度が少なくなってくる

と思います。

以上、いかがでしょうか?

転売ビジネスには、あまり、聞き慣れない、「製造原価について」を、お話させて

いただきました。

ストア運営している方は、みなさん、「社長である」という意識を持って、実務に

取り掛かると、利益も自然と上向きになってくるかもしれませんね。

セミナー形式になってしまいましたが、ご参考にいただければ幸いです。