Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【商品コンディションは関係ない】転売ビジネス初心者必見!『底値』での仕入れができれば、新品でも、中古でも、同額の利益を確保することは可能です。

仕入れの底値の相場を理解されていますか?

転売ビジネスをされている方は、自身の運営するストアで、売れ筋商品を

いくつか展開されていると思います。

これらの売れ筋商品を、みなさんは、「どういったコンディションの状態」で、

販売していますか?

「100%の新品未開封?」、「開封済だけど、未使用品?」、「目立ったキズはない

程度の美中古?」など、色々あると思います。

本記事では、コンディション状態には関係なく、みなさんが「底値」で仕入れる

ことができれば、「販売価格に大きな差が出ても、取れる利益に大きな影響が

出ないこと」を、ご説明したいと思います。

今回はわかりやすいように、「新品・未開封」と、「新品・未使用 開封済み」を

例に、ご説明していきます。

「底値で仕入れること」を意識すれば、利益には大きく影響しません

転売ビジネスをされているみなさんの多くで、”メルカリ”や、”ヤフオク”を

利用されている人は、たくさんいると思います。

例えば、よく売れている商品なら、継続して、仕入れはしていきたいけど、

メルカリや、ヤフオクなど、「メーカー」ではないので、仕入れには、

個人出品者と交渉することもあると思います。

でも、出品者次第で、対象商品の相場もグンと上がってしまうこともあるので、

場合によっては、たくさん利益を取れないかもしれません。

そこで、みなさんにお教えしたいのは、「別に同じ商品コンディションに

こだわる必要はない」ということ。

仮に、あなたのストアで、「新品・未開封」で、よく売れている商品があっても、

ランクを下げて、「開封済み、新品・未使用」でも、取れる利益は、「同じ」だと

いうことを言いたいのです。

「本当にそんなことありえるの?」って、思ったあなたは、考え方が偏って

いる可能性があるかもしれません。

それを実現できるのは、結果、どんな商品コンディションであっても、「底値

で、仕入れられているかどうかが、大きなポイントになるからです。

その意味を、以下にて、ご説明していきます。

「新品・未開封」と「新品・未使用」の比較

f:id:ebaysearteacher:20191104184550j:plain

こちらの図を見て、一目瞭然かと思いますが、「商品コンディションを変えても

利益は変わりませんよね?」

これが実現できるのは、リサーチ時に、対象商品の「底値」を理解できている

場合のみなんです。

販売形式の組み合わせ次第では、底値も大きく変わってきます

みなさんのストアで扱っている売れ筋商品ですが、「単品形式での出品」

それとも、「複数形式での出品」でしょうか?

f:id:ebaysearteacher:20191104184631j:plain

どちらにしろ、「利益がより取れる出品方法」で、出品すれば良いと思います。

ですが、「商品により、販売形式を変えるだけでも、大きく利益が取れるかどうか

が変わってきます。

また、販売形式を変えるだけでも、それぞれの「底値」も変わってくることを

理解しておく必要があると思います。

一辺倒の販売形式に、プラスアルファを加えるだけで、利益は大きく変わります

本記事の最後になりますが、転売ビジネスを副業としてされている方は、

仕入れの「底値」を理解したほうが良いと思います。

つまり、「あなたが欲しい利益を取るためには、いくらで仕入れないといけないのか

を理解すること」が、とても大事です。

仕入れの相場は、日々、変動します。

販売者も、販売サイトの相場に合わせて、仕入れ値を大きく変動させてくるでしょう。

ならば、仕入れる側も、その変動に合わせて、「販売方法を検討してみる」だけでも、

「目標とする底値」も大きく変動することを、実感して欲しいと思います。

以上ですが、参考になりましたでしょうか?

転売ビジネス初心者の方には、あまり、実感のない、「仕入れの底値に対する考え方

について」、書かせていただきました。

もし、少しでも、みなさんの概念を覆すことができればと思っています。

参考にしていただけると幸いです。