Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【海外輸出にトラブルはつきもの】ebay輸出転売ビジネス初心者〜中級者必見!バイヤーからのクレームを、円満に終結させるノウハウを伝授(体験談例付き)

海外輸出では、トラブルは頻繁に発生します

海外輸出ビジネスは、よく問題が発生するものです。

例えば、「商品が届かない」とか、「追跡番号を追うと、すでに配達済だけど、

いまだ届いていない」とか、「関税が発生したけど、どうしてくれるんだ」とか、

数え切れないほどの問題は、発生するものです。

僕も転売ビジネス5年の経験があり、今でも現役プレーヤーとして、ebay輸出を

楽しんでいますが、本記事では、先日発生した、お客さんからのプチ・クレーム

を、たった4往復のメッセージで、円満に解決できたので、その簡単な経緯や

実際のメッセージのやり取りの経緯などを示しながら、「トラブルを発生した

時の対処方法」を、お教えしたいと思います。

初心者の方は、まだそこまで販売経験がないと思うので、将来の参考に

していただければと思います。

海外輸出のビジネスに、トラブルはつきものである

どんな職業でもそうですが、トラブルがないビジネスなど、存在しません。

海外輸出は、常に世界のどこかで、トラブルが発生するものです。

おそらく、僕以外のebay輸出をしている人たちも、多かれ少なかれ、

たくさんのトラブルを経験されているはずです。

では、同じ転売ビジネスなのに、「国内転売」と、「海外転売」では、

どうしてこうもトラブル発生数に大きな差が出るのか?

これは、僕の経験談ですが、海外では、同じ職業でも、仕事のルールや、

やり方、職員たちの意識など、全く持って、独特な文化が根付いていると

考えています。

ですので、「日本ではこうだ!なぜ、海外では、こうではないのか?」など、

考えることが、非常にナンセンスであると思っています。

海外バイヤーも、人それぞれである

海外のバイヤーさんでも、色々な方がいます。

国外からよく購入するバイヤーさんは、一言話すれば、わかっていただけることも

海外から一度も購入したことのないバイヤーさんになると、海外から購入する

ことさえ、不安だったりするわけです。

そういうバイヤーさんに、税関のことや、郵便事情のことを言ったところで、話が

通じるものではありません。

それは、僕たち、日本人でも同じことが言えると思います。

今回のトラブルの経緯(メールやり取り文もあり)

では、本記事の本題に入りますが、今回は、10月末に購入してくれた、オランダの

バイヤーさんより、いただいた、クレームが発端でした。

以下、商品到着後、最初にもらったメールを掲載するので、ご覧ください。

f:id:ebaysearteacher:20191105143820p:plain

日本語で、このバイヤーさんの意味を、超簡単に要約すると、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

商品届いたよ。ありがとう。だけどね。ある商品に大きな亀裂が入っていたんだ。

これは、僕にとって、とても残念なこと。

返品したいけど、関税で45ドルかかるので、あなたが補償するか、何か、解決策は

ないですか?返事をお願いします。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こういうメッセージが来ました。

このようなメッセージが来たら、みなさんなら、どう対処しますか?

「え?どう言った問題?」「具体的に教えてよ?」って、なりませんか?

なので、僕は、「証拠写真をメールで送ってください」と送り返したのです。

■2日後、、、

バイヤーさんより、証拠写真が送られてきました。

ここでは、掲載できませんが、もらった証拠写真を見て、問題の所在がはっきり

したのです。

問題の所在さえ、わかれば、あとはこっちのもの!

如何に補償することもなく、クレームを終結させるか?

それだけ考えて、お客さんとの交渉に挑み、4日を費やした結果、、

f:id:ebaysearteacher:20191105144006p:plain

お客さんも納得し、見事、「補償することもなく、返品することもなく、

クレームは、無事、双方、円満に解決することができました。」

お互い、円満に終結できる、妥協点を探そう

結局は、お客さんも、決して、あなたのせいにしたいわけではないと思います。

ただ、せっかく、お金を出して、購入してくれたので、届いた商品も

出品写真で見た通りの物が送られてこないと、最初は腹が立つものです。

それを、「お金を返したくないので、返事をしない」とか、「適当に

あしらう」とかすると、Negative Feedbackをもらうきっかけとなるわけです。

重要なのは、「お客さんの困っていることを、まずは聞くこと」

そして、一緒になって、「お互いどうすれば、円満に解決できるか?」を、

話し合うこと。

税関や、郵便局のせいで、押し切らないこと!

トラブルが発生した時の、基本的な対処法

  1. お客さんのクレーム内容を聞く

  2. 問題発生の背景を、時系列で、双方整理する

  3. 問題発生の、所在を探る

  4. お客さんのクレーム内容とその解決する希望方法に対して、交渉を開始

  5. 最後は、妥協点を見つけ、早めに終結すること

以上です。

本記事では、「トラブルが発生した時、お客さんの要望通りに、返金・返品

対処をしてしまっている、転売ビジネスを始めたばかりの方へ」

いきなり遭遇しても、困ることのなきよう、自分の体験談も踏まえて、

書かせてもらいました。

僕の転売ビジネス5年間のノウハウが、ぎっしり詰まった内容になっています。

今まですぐに諦めていた人も、まずは交渉から始めてみてください。

クレーム次第では、せっかく得た利益を手放さずに済む可能性もありますよ。