Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【リピーター獲得に悩んでいる人必見!】ebay輸出5年の転売のプロが、リピーター獲得の、『メリット』『デメリット』を教えます。(経験談有)

リピーターが欲しいと考えているあなたへ

転売ビジネスをしている皆さんは、リピーターがなかなか獲得できないと

悩んだことはありますか?

そんな皆さんに、「リピーターを獲得するための考え方」と、「リピーターとの

長年のお付き合いの難しさ」を、5年の転売ビジネスの経験で得た感想をお教え

したいと思います。

リピーターがいれば、売り上げは自然と上がります

そもそも、リピーターとはどういう意味か、ご存知ですよね?

「何度もあなたのストアを訪れるお客さん」「あなたの販売する商品のファンに

なってくれたお客さん」など、色々な解釈があります。

ここで重要なのは、「何度も」というところ。

あなたのストアには、「何度も訪れてくれる」お客さんは、存在するでしょうか?

リピーターさんが、定期的に購入してくれたほうが、新規客が短期的に購入してくれる

より、遥かに売り上げは安定しますし、リピーターに受ける商品を扱えば、

それだけ、あなたのストアの売り上げも上がってくるということです。

リピーターに需要がある商品カテゴリーとは

各商品カテゴリーには、たくさんの日本の商品を探している、海外のバイヤーさんは

おられます。

その中でも、とりわけ、リピーターがつきやすい商品カテゴリーというのがあるのを

ご存知でしょうか?

そういうカテゴリーの商品を扱えば、お客さんは自ずと、あなたのストアを訪れ

ます。

何度も言いますが、リピーターとは、「何度もあなたのストアを訪れるバイヤーさん」

のこと。

つまり、

- 長期的に需要がある

- だから、何度もあなたのストアを訪れる

こういう商品を、あなたのストアで取り扱っているかどうか。

カテゴリー選択は、とても重要です。

無闇に、「自分の好きなものが売れる」とは限りません。

「日本であなたのお店にしか売っていない」という商品を扱っていれば

話は別ですが、ebayでは、プライベートブランドの売り出しはできません。

だからこそ、「お客さんの需要」を見定めることが大事です。

リピーターさんとの、長年のお付き合いは、難しい

では、あなたのストアで、「リピーターさん」がついたと仮定します。

あなたのストアでは、毎月10万円ほど、買ってくれるリピーターさんが

いて、そのお客さんにしか、卸さない特別価格を設けたとしましょう。

最初のうちは、お互い、「話し合いで合意」すれば良かったのに、長く付き合う

ことで、そういう関係性が崩れてくる場合があります。

商売をしていると、「需要側と供給側」との、折り合いが、つかないことが、

たびたび出てくるのです。

供給側は、「たくさん買ってもらいたい、高くで売りたい

と願うのに対し、

需要側は、「少しでも安くで買いたい

って思いますよね?

当然、商売をしていると、「買い手が強い」のが当たり前なので、長く付き合う

ほど、要求もさらにエスカレートしてきます。

「前回はこの値段だから、次はもっと安くしてくれ」みたいな。

実際、企業対企業とのやり取りでも、そういったことは、日常茶飯事です。

少し話はそれますが、昔は、「家族ぐるみ」という言葉があり、「人間関係

重視」で、特定の人からしか、買わないような個人商店がたくさんありました。

それから何十年も経過した今では、企業の考え方も大きく変化し、「コスト重視」

でしか見なくなった分野もあるぐらい。

つまり、「どこでも購入できるのなら、別にあなたからでなくてもOK」

という考え方になってきたわけです。

実際、僕のリピーターでも、2年も継続して買ってくれたお客さんはいません。

せいぜい、1年がいいところです。

買ってくれる人が、「何を目的に購入するか」によって、お付き合いの年数も

大きく変わってくるということです。

商品展開に、日々、変化をつけよう

バイヤーさんのニーズは、価格だけに止まらず、商品の品揃え、質、バイヤーの評価

、安定供給など、全てにおいて、総合的に判断されているぐらい、厳しいものに

なっています。

だからこそ、急に「売り上げが減った、これからどうしよう」って、ならないため

にも、常に新しい品揃えや、新規の商品展開、また、より良い価格の提供も踏まえて、

「飽きられないための工夫」もしないといけませんね。

そのような概念が、日頃からあるかないかで、どんなイレギュラーなことがあっても、

乗り越えられない問題はないと、僕は信じて止みません。

以上、いかがでしたでしょうか?

本記事を要約すると、

「リピーターを獲得するための、メリット、デメリット」と考えていただければ

結構です。

転売ビジネス初心者〜中級者の皆さんへ、少しでも参考になれば幸いです。