Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【写真テクニックで、落札率を上げる?】転売ビジネス初心者必見!写真撮影のテクニックを学び、高い価格で、商品を売る方法を教えます。(実践中のノウハウも公開します)

商品を高く売るためには、写真撮影のテクニックを学ぼう!

転売ビジネスをされている方は、誰もがやっていること。

それは、「出品用の写真を撮影すること」ですよね。

当然、ebay輸出のみ、「無在庫販売」が適応されているので、出品用の写真を

撮影することはありませんが、「有在庫販売」の場合、必ず、「出品用の写真

を撮影する必要」が出てきます。

写真撮影って、簡単そうに見えると思いますが、転売ビジネスの場合は、

「如何に、価値を上げ、購入者に、”欲しい”と思わせ、しかも高くで販売するか?」

が、考えなければいけない、重要ポイントになってきます。

本記事では、転売のプロたちが、写真撮影のために、駆使している様々なテクニックを

紹介するとともに、転売のプロたちが、「写真上では絶対見せない部分」に関しても、

合わせて、書いていきたいと思います。

もし、写真撮影の仕方でお困りの方は、この基本テクニックを身につけることで、

「閲覧数やウォッチ数」に、変化が出てくるかもしれませんので、このまま

お読みいただければと思います。

出品用の写真次第で、購入者の購買欲は、大きく変わる

皆さんは、メルカリや、ヤフオクで、商品を購入するときに、まずはどの部分を

見ますか?

「値段?」「販売者の評価?」「発送までの日数?」など、

色々あると思いますが、それ以前に、最初にみるところって、「商品写真」では

ないでしょうか?

例えば、同じ商品コンディションなのに、「なぜか、こっちの商品のほうが、きれいに

見えてしまう、だから、こっちを買おう!」って、なったことありませんか?

それぐらい、出品写真て、撮影に気を使わないといけないんですよね。

それでは、購買を訴求するための、登竜門「出品写真の撮影」について、

「一般的に言われているテクニック」に加え、「僕がいつも使っている、iPhone

だけでも、綺麗に写真が取れるテクニック」というのがあるので、

ご紹介していきますね。

写真撮影の環境は大事です

写真撮影には、環境は大事です。

例えば、「ライト」「壁」「機材」「撮影時間」「撮影場所」など、色々ありますが、

基本的なところから、順に書いていきたいと思います。

撮影に重要なこと:其の1 「撮影場所」

ほとんどの人が、撮影には、「自宅」のスペースを使って、撮影されると

思います。

ただ、その場所選びも、「写真撮影のためのスペース」として、設けておかないと

綺麗な写真は撮れません。

オススメは、「窓際」です。まさに、

f:id:ebaysearteacher:20191109091214j:plain

こんなところで、写真撮影するのが、最も良い環境と言えると思います。

撮影に重要なこと:其の2 「ライトや機材」

出品写真を撮影する際は、どうしても必要となるもの。それは、

「ライトや、機材(カメラ)など」

です。

ライトが必要となる理由として、

商品を綺麗に見せるため

で、機材(カメラなど)が必要となる理由として、

商品を撮影する際に、必須アイテムだから

です。

例えば、「ライトって、どんなの買えば良いの?」という方は、

アマゾンで、「撮影用 ライト」などで検索すれば、たくさん出てきます。

ちなみに、今は使っていませんが、僕が過去使っていたライトもURLを

載せておきますので、参考になればと思います。(ちなみに、現在は在庫切れのようです)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B078MCMWJD/ref=ppx_yo_dt_b_search_asin_title?ie=UTF8&psc=1

この中で、皆さんの予算に合うものを、いくつか載っていると思いますので、ぜひご覧

ください。

撮影に重要なこと:其の3 「壁」

商品撮影時、商品が一番綺麗に見える、「背景」というのが、あります。

それは、背景を「白い壁」にすること。

f:id:ebaysearteacher:20191109091400j:plain

白い壁は、「どんな商品でも、際立たせ、価値を挙げてくれる」ので、

背景に白い壁を使うのは、オススメです。

撮影に重要なこと:其の4 「撮影時間」

f:id:ebaysearteacher:20191109091607j:plain

撮影には、「いつ撮影するかが重要」です。

もうこれは、色々な転売のプロが言っていることですが、「大体、午前中もしくは、

午後2時ぐらいまで」がベストであると言えます。

例えば、皆さんのお住まいのところが、「陽の当たりにくい場所」であることを

のぞいて、申し上げた時間帯に撮影できれば、「ライト」の機材も準備する必要

もなく、綺麗に写真を写すことが可能となります。

結構、「撮影時間」は重要視している方は、多いようですね。

僕が使っている、撮影器具と、撮影方法

それでは、僕が普段、出品するときに使っている、撮影器具と、撮影方法を

ご紹介します。

使用している撮影器具

ズバリ、iPhoneです。

他の記事でも投稿していますが、僕は、「Apple信者」ですので、選択肢は、

「iPhone一択」になってしまいます。

もちろん、Androidでも、良いスマホはたくさんあるので、皆さんが普段から

使用されている、スマホをご活用ください。

ただ、一つ、注意点があります。

スマホはできる限り、最新の物が望ましい。なぜなら、カメラの画素数が大きく

撮影結果を左右するからです。

今のスマホは、カメラの性能も大きく進化しているので、そこまで心配はありません

が、念のため、申し上げておきますね。

撮影方法

それでは、僕が使っている撮影方法を紹介します。

このブログを運営したての頃にも、一度、ご紹介させていただいたことがあり、

重複するかもしれませんが、再度、書かせていただきますね。

僕は、iPhoneを使っているので、iPhoneを基準として、お話していきます。

まず、皆さんがお持ちの、iPhoneには、「カメラ」という機能がありますが、

これを、「設定」→「カメラ」で見つけ、タップします。

f:id:ebaysearteacher:20191109091847j:plain

こんな感じです。

ですので、皆さんのお使いのiPhoneで、「写真」をタップした時に、

「グリッド」という、選択機能があれば、「ON」に切り替えていただきたいと

思います。

f:id:ebaysearteacher:20191109091925j:plain

こんな感じです。

では、皆さんの、iPhoneで、「写真」→「グリッド」を選択したと仮定します。

そして、写真を撮る際に、

こんな感じで、

f:id:ebaysearteacher:20191109091941j:plain

白い線が、9分割されて出てきませんか?

これが、iPhoneの「グリッド」という機能です。

僕はいつも、この機能を使っています。

これを使えば、「商品を撮るときの、中心への合わせ方」が非常に楽ですし、

「誰でも綺麗な写真を撮ることが可能」になります。

では、被写体を、この「グリッド」機能を使って、撮っていきます。

f:id:ebaysearteacher:20191109092024j:plain

この例えで撮った写真は、商品の上から、iPhoneのグリッド機能を使って、撮っている

のですが、赤丸で囲っている箇所に注目してください。

そこに、「白と黄の十字線」が見えると思います。

この二つの色の十字線が、交わった時、初めて、「被写体の中心に、カメラの

ピントが合わさった」ということになるわけです。

ですので、まずは、「白と黄色の十字線」が交わるように、ピントを合わせましょう。

次に、「画面を動かさずに、明るさのみを調整させる方法」があるので、

お教えします。

被写体の位置が決まって、明るさを調整したい時、

f:id:ebaysearteacher:20191109092142j:plain

こんな感じで、「画面のどこでも良いので、タップ」します。

すると、「ランプ」みたいなアイコンが出現しますので、そのアイコンを

指で、「上下」するだけで、自分好みの明るさに調整が可能です。

ちなみに、明るくすると、

f:id:ebaysearteacher:20191109092214j:plain

こんな感じ。

暗めにすると、

f:id:ebaysearteacher:20191109092233j:plain

こんな感じです。

違いをお分かりいただけたかと思います。

転売のプロが、隠している、もう一つのテクニックとは

f:id:ebaysearteacher:20191109092404j:plain

本記事の最終項になりますが、「転売のプロ」が、商品を高く売るために、

ブログや動画では、披露しないテクニックというのがあります。

それは、「敢えて、見せないテクニック」と僕は呼んでいるのですが、

この手法は、とても、有効なので、ぜひ使っていただきたいと思います。

結論言いますが、

・製造国を隠す

・修正し、新品・同様に見せる

です。

特に、「製造国を隠す」は、海外輸出では、「使えるテクニック」です。

お客さんの中では、「日本人が売っている メイド・イン・ジャパン」製品を

購入したいと思っている人が、たくさんいます。

世の中には、「本物と偽って、偽物」として、販売する人が、たくさんいるから

です。

ですが、もう20年以上前から、メーカーの生産拠点は、海外に移動しているため、

「メイド・イン・ジャパン」の製品など、なかなかお見かけしないし、

仮にあったとしても、価格が高騰して、商品が売れなくなってしまいます。

だから、こういうお客さんには、あまり、「メイド・イン・●●」を、前面に

出してしまうと、逆に買い手がつかない場合があるので、知っておくと

良いでしょう。

仮に、購入してくれたお客さんより、「日本製ではないじゃないか!」と

言われても、問題はありません。

その時は、タイトルに、「Japan Model」とか、「From Japan」と書いておけば

これは、日本向けのモデルと書いてあって、日本製とは書いていないし、

あなたも、事前に質問がなかったではないか!」と反論すればOKです。

あと、「修正し、新品同様」に見せる方法ですが、初心者の皆さんには

あまり使っていただきたくない手法なので、「こういうこともあるのだ」

という知識だけ、知っておいていただければ結構です。

以上、参考になりましたでしょうか?

「写真撮影の仕方」「写真を撮る際の環境、器具」のお話し、そして、「プロが

公開しない裏技」的なお話もさせていただきました。

少しでも参考になる部分はあると思いますし、すぐにでも真似できる部分は

あると思います。

どうぞ、ご活用いただければと思います。