Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【転売ビジネスで生計は立てられる?】転売ビジネスで起業した、転売歴5年のプロが、生計を立てていくための極意を教えます。(後編)

転売ビジネスで、生計を立てていこうと、考えているあなたへ(続編)

 

 

 

転売ビジネスで、「独立」しようと考えている方へ、前回の記事からの

 

 

 

「続編」として、書かせていきます。

 

 

 

本記事では、「転売ビジネスで、開業するに当たる、メリット5点」を

 

 

 

 

 

 

 

メインに、僕が実際、経験したことも踏まえて、お伝えしていきたいと思いま

 

 

 

 

 

す。

 

 

 

 

ご興味がある方は、ぜひ、このまま、読み進めていただければと思います。

 

 

 

開業したら、有利に働く5点を紹介

 

 


まず、この記事から、読み進めていただく前に、前回の記事から、お読みいただくと

 

 


より、理解しやすいと思いますので、ご覧いただければと思います。

 

 

 


www.tani-blog.com

 

 

 

 

 

その中で、「開業すると、有利に働く5点」について、挙げています。

 

 

 


前回の記事では、詳しくは書いていませんので、本記事では、その5点を

 

 

 

 

 

中心に書かせていただきます。

 

 

 

 

 

起業した方が良いと考える点:その一

 


海外輸出で言えば、還付制度が、適応される

 


→日本国内での売買は、必ず、「消費税」が課されます。
ですが、海外輸出では、「税を課すこと」ができません。


「では、どう対処するのか?」ですが、毎年の確定申告で、申請するだけ。
たとえば、売り上げが、年間の売り上げが100万円だった場合、そこに
今の消費税(10%)が課税され、10万円が、税務署から還付されると
いうことになります。

 


還付された分は、前年度の売り上げに入るかどうかは、皆さんが契約されている

 

 


顧問税理士さんや、税務署に、一度、お問い合わせいただく方が良いでしょうね。

 

 


起業した方が良いと考える点:その二

 

 

仕入先の開拓も可能。今までの、メルカリやヤフオクの仕入れ以外にも、卸などからの仕入れも可能となる。故に、利益率アップの可能性も出てくる。

 

 


→開業すると、「会社対会社での取引」が実現できたりします。
実際に、転売ビジネスをされている方でも、「利益率をアップさせるため」に、
卸と交渉して、直接卸してもらっている方も、たくさんいます。

 


一般的に卸から購入するためには、自分で問い合わせたり、その分野の会社が

 

 

出展している場所に行き、直接交渉してみるのが、主流のやり方だと思います。

 

 

 

起業した方が良いと考える点:その三

 

 

ビジネスをさらに拡大したい時は、金融機関からの借入も可能。

 

 

正直、転売ビジネスメインで、お金の借入は難しいと思います。

 

 

ですが、ご自身が、転売ビジネスで得た利益で、他のビジネスを展開させたい
時は、やはり、開業していた方が、より借入がしやすいです。

 

 

ただし条件があります。

 

 

2期以上、「黒字化」させていること。 

 


起業した方が良いと考える点:その四

 

 

節税対策

 

 

 

開業すると、「節税対策」が可能となります。

 

 


転売ビジネスは、非常に仕入れにも、その他にも、お金がかかるビジネスです。
なのに、たくさん儲かっても、収益は、売り上げの1/3しか、発生しません。

 

 


この意味としては、過去、ブログでも投稿しているので、よければ、ご覧ください。

 

 

 

 

www.tani-blog.com

 

 

 

 

 

また、所得税も、業種により様々で、「転売ビジネスのみのカテゴリー」では、

 

 


5%ほど、課されると記憶しています。(詳しくは、税務署にお問い合わせください)

 

 

 

「節税対策」も利益が出てこそ、できること。

 

 

 

利益が出ていなければ、「節税対策」の余地はありません。

 

 

起業した方が良いと考える点:その五

 

 


買取も、一般公開できる

 

 

→転売ビジネスをすると、どうしても必要なのは、「仕入れ」です。

 

 

この仕入れを、WEB上で、一般人向けに公開し、「買取訴求」することが

 

 

可能です。

 

 


ただ、これをするには、開業後、「古物商許可証の取得」が必須。

 

 

 

「古物商許可証って何?どう取得すれば良い?」

 

 

 

 

と、いう疑問をお持ちの方は、先日、↓↓のような記事も投稿しているので、

 

 

 


よければ、ご参考ください。

 

 

 

 

www.tani-blog.com

 

 

 

 

 

 

www.tani-blog.com

 

 

 

 

 

あなたのビジネススタイルとは?

 

 

 

あなたには、「ビジネススタイル」はありますか?

 

 


どんな分野でも、「戦略」というものを立てるものではないでしょうか?

 

 

 

仮にあなたが、転売ビジネスで起業を考えたとしても、今まで通り、

 

 


「実店舗で仕入れ、ヤフオクなどのオンラインで仕入れる」スタイルで、

 

 


いくのでしょうか?

 

 

 

起業するということは、副業の時と同じではありません。

 

 


普段の、水道光熱費や、仕入れの際に発生した、車のガソリン代、また、

 

 


インク代などの雑費など、色々、含めて、まだ利益を出していくことが

 

 


必要になります。

 

 


それだけ厳しいのに、「何の戦略もない」まま、起業するなんて、リスクが大きすぎて

 

 


話にはなりません。

 

 

 

「転売ビジネスの起業は、勢いでするものではない、熟慮が必要」

 

 

 

ということです。

 

 


大きく稼ぐには、それだけ資金が必要です。

 

 


皆さんには、それだけの覚悟があって、転売ビジネスで、生計を立てていこうと

 

 


お考えでしょうか?

 

 

 


以上です。

 

 

 

「転売ビジネスをきっかけに起業した僕」の経験談をもとに、「転売ビジネスで

 

 


起業するためのお話」を、前回そして今回と二回に渡って、投稿させていただき

 

 


ました。

 

 

 

転売ビジネスのみならず、これから起業しようという方のためにも、何かしら参考に

 

 


なる部分があるのではと思っています。

 

 


ぜひ、何かあれば、この記事を参考に考えてみてくださいね。