Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【せどりで、クリスマス商戦や年末商戦に、陥りやすい罠とは?】転売ビジネス初心者必見!掻き入れ時の『時期とタイミング』を理解しよう!

転売ビジネスで、ハマってはいけないことがあります

 

 

久々のブログのメイントピックスである、転売ビジネスについてのお話ですが、

 

 

 

「初心者がはまってはいけない、事例」というのがあります。

 

 

 

今は、クリスマス商戦真っ只中で、転売ビジネスをしている販売者は、

 

 


どのお店でも、必ず儲かると言われています。

 

 

 

そんな皆さんへ、「この時期だからこそ、初心者が注意すべき事項」というのがある

 

 

 

ので、本記事ではそのお話をさせていただこうと思っています。

 

 

 


ぜひ、転売ビジネス初心者の方には、有益な情報だと思いますので、このまま

 

 

 


読み進めていただければと思います。

 

 

 


 一年に一回の爆売れ時期が、まさに11月である

 

 

 

転売ビジネス全般に言えることですが、クリスマス商戦を控え、各販売者が

 

 

 

一番よく売れる時期であるのが、まさに11月であると言えます。

 

 

 

今、僕のコンサルの方も、いつもよりたくさん売れているようで、まさに

 

 

 


ここが、販売者にとっては、書き入れ時と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

あと、11月には、「ブラックフライデー」と12月には、「サイバーマンデー」

 

 


というのもあるので、お客さんの財布の紐が緩みやすいこの時期に、ガンガン

 

 

 

商品を売っていく必要がありますよね。

 

 

 


転売ビジネスは、安定しないビジネスであったことは、覚えていますか?

 

 


過去記事で何度も言っていますが、「転売ビジネスは不安定なビジネス」

 

 


であると申し上げました。

 

 


世の中、「安定収入」という言葉に、惑わされている方もいるでしょうが、

 

 

 

実際な話、そんなことはまずないと言って間違いないでしょう。

 

 

 

そう言い切れる理由としては、「僕自身が、転売ビジネスで起業した」

 

 


からです。

 

 

 

今でこそ、稼げるようになりましたが、開業前は、「失敗続きの赤字ばかり

 

 

 

垂れ流していた」過去がありました。

 

 

 

そういう経緯があるので、今では、「豊富な知識と、経験で、そつなくこなして

 

 


います」が、転売ビジネスほど、

 

 

 


1: コスパが悪い


2:在庫を抱える


3: 資金が圧迫する

 

 

 


ビジネスはないのではと考えています。

 

 

 


そういう意味では、物販も同様だと言えるかもしれませんね。

 

 

 

 

やはり、1/3法則を理解すべきである

 

 

 


僕の記事では、過去、何度も出現している、「1/3法則」のお話があります。

 

 

 

転売ビジネスでは、「利益は、総売上の1/3しか占めない」ということ。

 

 

 

つまり、多くても、「利益は、30%を超えることは、稀中の稀」であると言える

 

 


わけです。

 

 

そう言い切れる理由として、過去こんな記事↓↓を出しています。

 

 

僕のブログを見ていただいている方は、「何度も見ているよ」って、言われるかも

 

 


しれませんが、「ストア運営の経営者」としては、「収支の管理」はとても

 

 


大事なので、復讐ついでに、今一度、ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

www.tani-blog.com

 

 

 

 

 

 


転売ビジネスでは、「これを理解していないと、先には進めません」ので、

 

 

 

初心者の方は、まずは、ここからの理解に努めましょう。

 

 

 

初心者の人が、陥る罠とは?

 

 

 

では、以上を踏まえ、転売ビジネス初心者の方が、陥る罠をお伝えします。

 

 


冒頭で、「クリスマス商戦である、11月は、書き入れ時である」とお伝え

 

 

しました。

 

 


ですが、「書き入れ時を過ぎた後、商品は売れていくものなのか?

 

 

 

1年を通して、経験のない、初心者の方は、判断に苦しむのではないでしょうか?

 

 

 

そういう方が、判断しにくいこと、それは、「継続して仕入れて良いのか?

 

 


だと思います。

 

 


売れ筋商品なら、すぐに売れていくことは間違いありません。

 

 

 

ですが、売れ筋にも、「時期とタイミング」があることを、理解した方が

 

 

良いです。

 

 

僕は経験はありませんが、FX投資なんかも、同じことが言えるのではないでしょうか?

 

 

 


つまり、「お金を突っ込むべき時に突っ込んで、撤退する時に、さっと撤退する」

 

 

 

この決断が、できるかできないかで、仕入れた商品が、「在庫の山」と化すか、

 

 


「売り上げ」へと化すか、へと、分かれてくると思います。

 

 

 


仕入れは、”現金派”もしくは、”クレジット派”?

 

 

 


皆さんは、仕入れにどういった方法で、仕入れていますか?

 

 

 

例えば、「現金派」だという方は、資金がある程度、準備されているかも

 

 


しれません。

 

 


だからこそ、「手持ちの資金の範囲で、商売をする」といった手法が、積極的に

 

 

 

取れるのだと思います。

 

 

 

では、「クレジット派」だという方は、いかがでしょうか?

 

 

 

多分、手持ちの資金が、そこまでないので、クレジットの上限範囲内で、

 

 

 

仕入れをされているのではないでしょうか?

 

 

 


では、どちらの仕入れ方法が、ベストなのか?

 

 


また、どちらの仕入れ方法を、最終的に目指すべきなのか?

 

 

 

僕の考えとしては、「現金仕入れ」です。

 

 

 

クレジットカード仕入れほど、「リスキー」な仕入れは、ないと、経験上、

 

 

 

考えるからです。

 

 

 


クレジットカード仕入れは、なぜ、リスクが大きいのか?

 

 

 

クレジットカードは、言葉の通り、「Credit=信用」ということです。

 

 

 

つまり、クレジットカード発行会社が、「あなたを信用して、カードを発行している

 

 

 

わけですよね。

 

 


だけど、あなたが運営するストアの業績が良いからと言って、ガンガン仕入れた

 

 


挙句、「急に売れなくなったら、あなたは、どう対処しますか?」

 

 

 

結果は、もう見えていますよね。

 

 


つまり、「資金圧迫からの、キャッシュフローがどんどん悪くなる」ということ。

 

 

 

結果、商品が売れても、クレジットカードで仕入れている限り、「買掛金」と

 

 

 

して、「暫定的に、クレジットカード会社が、立て替えているだけ」なのです。

 

 

 

純粋に利益を出せたと言えるのは、「現金で仕入れて、あなたの手持ちの在庫が

 

 


しっかり売れて、取引が完了するまでのこと」を指すので、そうでなければ、

 

 

 

僕は、「クレジットカードでの仕入れは、リスクしかない」と考えます。

 

 

 


人生、波があります。自分で制御する意識を持とう

 

 

 


例えば、周りに相談できるような、先輩や、仲間がいない場合、

 

 


あなたは、自分で判断しないといけなくなる時があります。

 

 

 

初心者の人が勘違いしやすいこととして、「売れているからと言って、

 

 

 

ガンガン仕入れてしまうこと」なんです。

 

 

 

先ほども言った通り、「売れ筋には、時期とタイミング」があります。

 

 

 

だからこそ、「調子に乗って、自分を制御できない人は、結末が、

 

 

 

ヤバくなる」と、ここで断言したいと思います。

 

 

 

 


以上、「転売ビジネスの初心者が、ハマりやすい、事例」を、お伝え

 

 


しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

 

「販売することも大事」ですが、それ以前に、「収支の管理」も、徹底できて、

 

 

 

初めて、「健全な経営」だと言えると、僕は考えます。

 

 

 

思い当たると思う方は、ぜひ、ご参考までに、していただけたらと思います。