Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【起業・開業予定の方は、必見!】経理業務は、税理士さんに任せる?それとも自分でする?僕の失敗談付き!

開業したら、まずすべきこととは

 

 

近年、独立志向が年々高くなっている中で、「会社に属さず、自分で稼いで

 

 

 

食べていく。」といった考えの方が、日に日に多くなっていると感じて

 

 

 

います。

 

 

 

そのせいか?どうかは知りませんが、企業は人手不足に陥り、時給単価を上げても、

 

 

 


だんだん集まらなくなってきて、大変、深刻な問題化となっていますよね。

 

 

 


本記事では、独立した経緯が、先述したような内容ではないのですが、みなさんより

 

 

 


少しだけ早く開業した僕が、「開業するために、必要な作業事項」と言うのが

 

 

 

 

ありますので、経験に基づいた失敗談も併せて、みなさんにお伝えしたいと

 

 

 

 

思います。

 

 

 


少なからず、参考にはなるはずなので、開業を目指そうと考えている人は、ぜひ、この

 

 

 


まま、読み進めていただければと思います。

 

 

 

 

 開業に当たり、色々知らなさすぎた。。。。

 

 



 

f:id:ebaysearteacher:20191118190020j:plain

 

 

 

 

 

 

まず、開業を決めたら、すべきことがたくさんあります。

 

 

 

 


それは、「法人」か、「個人事業主」かで、「すべき手続き内容」に差があると

 

 

 

 


言うこと。

 

 

 

 

詳しくは、地元の税務署や、商工会議所などでも、詳しく情報は取れるので、

 

 

 


各位で行っていただきたいのですが、僕は、「個人事業主」として開業したので、

 

 

 


本記事では、「個人事業主として、開業するに当たり、すべき手続き事項」を

 

 

 


順を追って、ご説明したいと思います。

 

 

 


その中で、当時、僕の知識が浅く、最終的に大損した失敗事例もあるので、

 

 

 


海外輸出で起業した人のみならず、全ての人に、当てはまることだと思います。

 

 

 

 

開業するには、「資金」の他に、「会計関係の事務作業」もこなさないといけない

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191118190132j:plain



 

 

 

 

個人事業主の「開業届」は、法人と違って、シンプルです。

 

 

 

 

税務署に行って、必要書類を書き、税務署に提出するだけ

 

 

 


これだけで、OK.

 

 

 


そして、晴れて、「個人事業主=社長」になるわけですが、個人事業主であれ、

 

 

 


法人企業の社長であれ、必ずやるべきこと。

 

 

 

それは、「日々の経理作業」をしっかりすること。

 

 

 

これは、「どんなことを差し置いても、必ずすべきこと」なんです。

 

 

 

これができていない人は、将来、「所得申告漏れ」みたいなことで、税務署から

 

 

 

 

色々指摘を受ける立場となることを、まずは理解しておかないといけません。

 

 

 

 

と、言っても、開業したばかりで、売り上げもままならない間は、

 

 

 


税務署にそこまで言われることはありませんが、それでも、税金を収める立場と

 

 

 

しては、やっておかないといけないことであることを、まずは理解しておきましょう。

 

 

 

転売ビジネスの経理作業は、どの分野よりも、煩雑である

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191118190515j:plain

 

 

 

 

転売ビジネスの経理作業は、正直、「煩雑」です。

 

 

 

「転売」なので、「決まった商材」を扱っているわけではありませんよね。

 

 

 

 

ebay輸出に関して言えば、プライベート商品を扱うことができないので、

 

 

 

尚更なんです。

 

 

 

商品も、様々な分野の商品を扱うので、毎日の経理作業も、正直大変!

 

 

 

 

しかも、梱包材、消耗品、落札手数料、在庫などなど、挙げたらキリがない

 

 

 

 

項目がいっぱい!

 

 

 

 

もう頭は、真っ白になり、爆発寸前になることもしばしば。

 

 

 

 

そして、さらに頭を悩ませたのは、「外貨と日本円との為替の

 

 

 

部分。

 

 

 

売り上げた時点では、「差益」なのか?「差損」なのか?

 

 

 


これも管理が超面倒。

 

 

 

 

だから、開業して、数ヶ月で、管理しきれないと感じるようになってきて、

 

 

 


頭を悩ませた時期があったわけです。

 

 

 

 

 

 


そこで、初めて、「税理士」さんの存在を、真剣に考え始めるきっかけと

 

 

 

 

 

なりました。

 

 

 

 

 


 海外輸出に詳しい税理士さんが、地元にはいなかった

 

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191118190716j:plain




 

 

僕が起業した最初の分野は、「海外輸出の物販業」でした。

 

 

 

 

この分野を周知している税理士さんというのは、そう多くはないことは

 

 

 

 

知っていましたし、いたとしても、地元には、そんなに多くはないなと

 

 

 


考えていました。

 

 

 

 


そこで、まずは情報を集めないといけないと考え、地元の商工会議所や、

 

 

 

 

 

インターネットで情報収集をしたりとしていました。

 

 

 

 

でも、これといって、めぼしい情報は、出てこなかったのが、現実でした。

 

 

 

 

ただ、地元の税理士さん踏まえ、手当たり次第、電話で事情を話して、

 

 

 

 

問い合わせをしたことを、今でも思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ある税理士さんと会うことになりました

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191118190918j:plain



 

 

 

 

 手当たり次第、色々電話で相談に乗っていただいているうちに、ある税理士さんと

 

 

 

 


会うことになりました。

 

 

 

 


そして、関連する資料を持って、約束していた場所へ向かうと、その方の

 

 

 

 

自宅兼事務所まで、招かれることになったのです。

 

 

 

 

 

そして、こちらの事情や、現状のお話、経理事務の悩みなどもお話をしました。

 

 

 

 

 

先方も、仮契約書や、費用などのお話もしていただき、その日は一旦、帰宅して

 

 

 

 


検討することにしたのです。

 

 

 

 


今の売り上げで、固定費をまかなえますか?

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191118191024j:plain



 

 

 

 

 

「固定費」とは、

 

 

 

どんな状況であっても、必ず出ていくお金のこと

 

 

 


例を挙げると、

 

 

 

1. 人件費


2. 水道光熱費


3. ガソリン代


4. 通信費

 

 

などなど、

 

 


様々な費用が、ここでは挙げられます。

 

 

 


さて、税理士さんですが、見積もりをしてみると、色々わかったことがあります。

 

 

 


毎月、お支払いする費用は、「売り上げに基づいて、決まる」そうです。

 

 

 


つまり、「売り上げが高ければ、高いほど、固定費も高くなる

 

 


ということ。

 

 

 

さらに、日々の経理業務をお願いすると、もっと割高になります。

 

 

 


僕が、見積もりをした中で、わかったこと。

 

 

 

それは、自社で経理担当者を一名雇うのと、そこまで変わらないということ。

 

 

 

 

これは、個人で営業している者にとって、最初は、考えさせられるものが

 

 

 

 

ありました。

 

 

 


あと、一年に一度の確定申告は、「毎月お支払いする費用✖︎半年分?」ぐらいの

 

 

 


費用をまとめてお支払いする必要が出てくるので、そう考えると、年間で、

 

 

 

 

最低でも、50万円以上の支出は、否めないということになります。

 

 

 


相当、利益を出していないと、まず、ポンと出せる金額ではないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転売ビジネスの経理作業を減らす方法

 

 

 



 転売ビジネス分野の、経理作業は、本当に煩雑です。

 

 

 

 

ebay輸出で言うと、「自社のブランド商品」を出してはいけないので、

 

 

 

 

そう考えると、専門店でない限り、ほとんどの人が、色々な分野の

 

 

 


商品を出品しているかもしれません。

 

 

 


でも、考えてみてください。

 

 

 

 

これらが売れると、経理作業は、「ただ数字をまとめるだけの作業」では

 

 

 


ないと言うこと。

 

 

 

 

細かいことは、別ブログでもお伝えしますが、商品によって、

 

 

 


勘定科目」と言う名称を、変えていかないといけません。

 

 

 

 

ちなみに、勘定科目の意味を、ご存知ない方のために、以下、ネットからの
URLを引用しますので、よければ、ご参照ください。↓↓

 


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE

 

 


噛み砕いて言うと、「毎日の取引履歴に、記載すべき必須事項」です。

 

 

 

 

ですので、販売経験を積んで、将来、専門店を作った時に、「少ない

 

 

 


商品カテゴリー数に絞ること」をお勧めします。

 

 

 


あと、「仕入れの回数を減らしていくこと

 

 

 

 

これだけで、経理作業は、グッと減らせることができ、みなさんのご負担も

 

 

 


軽くなることでしょう。

 

 

 

 

 

 最後に、

 

 

 

 

この記事の最後になりますが、結論、「税理士さんを雇うか、自身で経理作業を

 

 

 


するか」は、ご自身が決めること。

 

 

 

 

ですが、転売ビジネスで、一番大事なこと。

 

 

 

 

それは、「商品リサーチと出品に時間を充てること。

 

 

 


「餅屋は餅屋に任せる」ことで、解決できることです。

 

 

 


ただ、経営者になると、会社の売り上げや、お金の動きには、日々、

 

 

 

 

敏感にならないといけません。

 

 

 


是非、起業予定の方は、参考にしていただければと思います。