Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebayのリサーチ難民を救うことをミッションとし、リサーチの悩み〜人生やお金のことまで、経営者目線で発信しています。

MENU

【転売ビジネス初心者は見落としがち?】せどりの仕入れは、メルカリ・ヤフオクだけではない!新品・未使用以外の、『商品コンディション』からの仕入れで、利益アップを狙いましょう。

仕入先は、俯瞰した目で見ることが大切です

 

 

僕のブログでは何度も言っていますが、仕入先は、山ほどあります。

 

 

別に、メルカリや、ヤフオクだけに固執する必要性は一切ありません。

 

 

では、なぜ、初心者のみなさんが、「メルカリ」や「ヤフオク」だけに

 


固執しがちなのか?

 


それは、「仕入先を俯瞰してみれていないから、私の扱う商品は、ここだけにしか

 

 

売ってないから」って、思い込んでいるからだと考えます。

 

 

実際に、目の付け所を変えるだけで、まだまだ見落としている部分はたくさんあり

 


ます。

 

 

本記事では、初心者のみなさんが、「普段、見落としているだろう」と思われる

 

 

ところを、じっくりお教えしていきたいと思います。

 

 

ぜひ、このまま、読み進めていただければと思います。

 

 

 

メルカリや、ヤフオク仕入れは、利益は出しやすいが、安定はしません

 

 


例えば、あなたが扱っている商品の中で、いくつか、売れ筋商品があったとします。

 

 

それらは、ほとんどの初心者は、メルカリや、ヤフオクで購入している比率が

 

 

多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、メルカリや、ヤフオクでの仕入れは、メリットもありつつ、「デメリット

 

 

の方が多かったりします。

 

 

例えば、

 

 

1. 無在庫販売は難しい
2. 個人出品者が大多数なので、在庫に限りがある
3. 個人出品者も、本業と並行してやっているので、発送が迅速ではない

 

 

だと、思います。

 

 


まず、

 

1. 無在庫販売は難しい

 


ですが、手っ取り早く、過去記事で、実際に実践した記事を投稿しているので、

 

 


ぜひ、こちらの記事をお読みいただけると、より理解しやすいと思います。

 

 

 

 

 

www.tani-blog.com

www.tani-blog.com

 

 

 

 

2. 個人出品者が大多数なので、在庫に限りがある

 

 

→こちらは、「商売目的で、販売している人が少ない」ということ。
だから、在庫にも限りがあり、売れても、大きく在庫を確保するのは、大いに
難しいと言えます。

 


3. 個人出品者も、本業と並行してやっているので、発送が迅速ではない

 

→ebay輸出の無在庫販売をやっているものにとって、1番のネックは、この項目です。
こちらは、「早く商品が欲しい」と思いつつ、相手は、「すぐには送れない、なぜなら
本業があるから」みたいな、もどかしいやり取りがあったりするのです。

 


以上により、商品を確保できるうちは、利益は出やすいですが、長期的な安定供給は

 


望めないのが、実情だということを、ここで申し上げておきたいと思います。

 

 


長期的な安定供給を目指すなら??

 

 

 

もし、あなたが、「メルカリや、ヤフオクのように、短期でガッツリ稼ぐより、

 

 

利益が少し目減りしても良いので、中長期的に、受注できる商品を販売し、

 

 

安定仕入れ、安定供給を目指したい」と思うなら、すべきことはただ一つ。

 

 


販売商品の路線の変更」です。

 

 

それを変えるだけで、1発で、安定供給が可能になります。

 

 

僕自身、「短期でガッツリ稼ぐ商品もあれば、中長期的に稼げる商品も両方兼ね合わせ

 

 


ることが大事だと考えています。

 

 


理由は、これも過去、何度も言っていますが、「転売ビジネスは不安定なビジネス

 

 

であるからです。

 

 

身を以て、体験しているので、「リスクヘッジ」がいかに大事か、誰よりも理解して

 

 

います。

 

 


そこで、僕がおすすめなのは、「常に在庫を抱えているメーカーや業者から

 

 


仕入れること」

 

 

これしかないと思います。

 

 

そうすると、申し上げた通り、「利益の目減り具合」は増えますが、逆に、「ライバル

 

 

 

の減少と在庫欠品の心配はほぼ皆無」になります。

 

 

安定供給できない商品というのは、販売者が疲弊するだけなので、長期間、転売ビジ

 

 

ネスに関わろうと考えているなら、中長期に売れ続ける商品を扱った方が絶対

 

 

お勧めであると言えますね。

 

 

 

商品コンディションをよく見て!”表記の見た目”だけに、踊らされてない??

 

 


では、今から、初心者のみなさんが、「見落としがちで、かつ、仕入れる範囲を

 

 

 

自分で狭めている原因」を、追求して、ご指摘させていただこうと思います。

 

 


一応、ここでは、「メルカリ」や「ヤフオク」仕入れではなく、あなたが

 

 

「販売商品の路線変更をして、他サイトから商品を購入することになった場合

 

 


何を見て、どう仕入れるべきか」ということで仮定して、書き進めていきたいと

 

 

思います。

 

 

まず、大体の人が、商品コンディションで、「新品とか未使用」とかの

 

 


商品を仕入れることでしょう。

 

 


それは僕も一緒で、その方が、「クレーム率が減る」し、「買ってもらいやすい」

 

 


というメリットがあるからです。

 

 

それでは、「中古・ほぼ新品」というコンディションをしっかり見たことは

 

 


ありますか??

 

 

ここで言いたい、「中古・ほぼ新品」という言葉に対して、ほとんどの人が、

 

 

 

スルーしているのではないかと思うのです。

 

 

 


実は、初心者の人が、見落としがちな部分で、この部分を見れているかないかで、

 

 


仕入れの幅も大きく変わってきます。

 

 


では、その一例をお見せしたいと思います。

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191130090927p:plain

f:id:ebaysearteacher:20191130090939p:plain




 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

見ていただいてお分かりの通り、「中古・ほぼ新品」で、未使用を謳いながらも、

 

 


それぞれの問題点も同時に挙げている」のです。

 

 


こうやって見ると、一見、「え?問題あるんじゃない?」って思われがちですが、

 

 

 

それは、「日本国内」だけで言えること。

 

 

 

海外輸出の場合は、そんなこと「一切、気にしなくてOK」です。

 

 

つまり、「保証が切れていよう」が、「展示品であろう」が、未使用で且つ、

 

 


品質が安定しているなら、お客さんは何も言わないからです。

 

 


意外とこれを知っているか知らないかで、皆さんの仕入れの幅も大きく左右される

 

 

と思います。

 

 

 

 まとめ

 

 

1. 仕入先は、俯瞰で見よう
2. 安定供給を目指すなら、販売商品の路線を変えよう
3. 新品・未使用は、「中古・ほぼ新品」のコンディションにも眠っている?
4. 初心者を脱却したいなら、「メルカリ」「ヤフオク」仕入れの比率を減らしていこう

 

 

 

以上です。

 

 


これを見ていただけただけで、仕入れる幅も大きく変わることでしょう。

 

 


ぜひ、今まで気にしていなかった方は、見ていただけたらと思います。