Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

【留学しようか迷っている人は必見!】中国留学+中国就労が計10年の僕が、あなたの人生を左右する、『あなたに合った留学する学校の適切な選び方』を教えます。

世界に出ると、視野が一気に広がります

 

 

今回は、「転売ビジネス系の記事」ではなく、留学経験+中国就労経験が

 

 

ある僕が、「海外留学+海外就労で学んだこと」を、書いていきたいと

 


思います。

 

 

今、この記事を見ている、特に、20代からアラサーの方中心に、自身の

 

 

キャリアを海外で積んでみたいという方は、ぜひ、このまま、読み進めて

 

 

いただければと思います。

 

 

僕が海外に出た理由

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191208142329j:plain

 

 

何度もブログでは言っているのですが、プロフィールにも書いてある通り、

 

 


僕は、「中国へ留学経験があり、そのまま、中国の日系企業で就労した経験

 

 

があります。

 

 

滞在期間は、留学+就労で、計10年滞在しました。

 

 


その中で、日本に居たら、絶対に学べないことを、その10年の間で、たくさん学べた

 

 

ことが、一番大きかったと思っています。

 

 

そんな僕が、海外に出ようと思った、21歳の時、「どういうきっかけ」で海外に

 

 

出ようと思ったのかを、書いていきたいと思います。

 

 

まず、きっかけは、高校を出て、入学した、専門学校時代の話まで遡ります。

 

 

僕は、当時、某外国語専門学校で、「英語の字幕翻訳」を学習していました。

 

 

その傍ら、「第二外国語」で、週一のカリキュラムだったのですが、「中国語」

 

 

を選択したのです。

 

 

当時、中国語を学ぶ人は、すでにいましたし、そこまで珍しくもありませんでした。

 

 

そんな僕が、専門学校を卒業する頃、周りが就職活動で忙しい最中、中国留学を

 


決意しようと思ったきっかけがありました。

 


それは、「知り合いが中国で先に留学し、働き始めた」という話を聞いたから

 


です。

 

 

その人の影響で、「たまたま行動したことが、僕にとって、幸運を招くとは

 

 

そのころは、思いもよりませんでした。

 

 


あなたの海外留学をする、最大の目的はなんですか?

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191208142525j:plain



 

 


あなたが、「海外で留学をする目的は何か?」と問われたら、なんと答えますか?

 

 


この目的を明確化して、ビジョンをしっかり立てること。

 

 


これが、留学をする上で、一番大事になってくることです。

 

 


よくあるのが、留学して、「遊び」を覚えたために、勉強をしなくなる人が

 


いたりします。

 


今まで、親の目の届くところにいたわけで、急に一人暮らしともなると、羽を

 

 

伸ばしたくなるのもわかりますが、そこは、「目的」を見失わず、しっかり

 

 

勉学に励むこと。

 

 

この気持ちを忘れては、本末転倒でしょう。

 

 


学校選びの基準は、なんですか?

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191208142632j:plain



 

 

 

 

あなたが、留学先の学校を選ぶとしましょう。

 

 


あなたは、「何を基準に学校を選びますか?

 

 

選択肢の候補としては、色々あると思います。例えば、

 

 


1. 専門分野
2. 学費
3. カリキュラム
4. 立地条件
5. 友人が行くから
6. 日本人の数
7. 経験者の口コミ

 


など、まだまだ挙げればキリがないですが、僕が留学するときに、

 

 

決めた学校選びの基準は、

 

 


- 立地条件
- 日本人の数

 

 

のみでした。

 

 

まず、「立地条件」に関しては、北京の一番辺鄙な学校を選びましたし、

 

 


日本人の留学生の少なさも、決めての一つでした。

 

 


その頃から、すでに、「自分を追い込む環境」が大事だと考えていました。

 

 

皆さんの学校選びの基準は、何かありますか?

 

 

ルームメイトは、外国人を選ぼう

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191208142807j:plain

 

 

 


通常、留学先で、住む部屋の割当というのがあります。

 

 


大体は、「二人一部屋」が基本となるのですが、追加料金を払えば、

 

 

グレードが高い「一人部屋」に住むことも可能なのです。

 

 

まあ、ほとんどの人は、最初は、ルームメイトと一緒に住むことになりますが、

 

 

ここは「外国人のルームメイトと一緒に住む」ことを、お勧めしたいと思います。

 

 

僕は、北京に留学していた頃、約2年滞在し、全て「韓国人の留学生」と一緒に

 

 

住んでいました。

 

 

そうするおかげで、日々、中国語を話す機会に触れ、異文化を学ぶきっかけにもなり、

 

 

留学が終わってからでも、お互い、メールなどでやり取りする機会も増え、

 

 

大変有意義に過ごすことができたのです。

 

 


結構、こういうところは、神経質になって、「自国の人でなきゃ嫌だ」

 

 

という人もいるようですが、そういう人は、海外での生活は、長く続かない

 


ので、あまりお勧めはしません。

 

 

 

現地の友人も積極的に作ろう

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191208142955j:plain

 

 

 

留学する、1番の醍醐味として、現地の友人を作ることではないでしょうか。

 

 

そう言った友人は、何年経っても、かけがえのないものになります。

 

 

それに、その留学先での、言葉以外に、文化や、マナー、食事、など、

 

 

学べるのは、そういった現地の人からしか学べません。

 

 

だからこそ、現地の友人を積極的に作るよう、自分から話しかけるように

 

 

しましょう。

 

 

 

 経験者に話を聞くことで、よりイメージが湧いてくるもの

 

 

本記事最後になりますが、あなたが、留学する上で、一番良いのが、

 

 

学校を紹介してくれる会社や、実際に留学したことのある、経験者

 


に、直接、体験談を聞くこと。

 

 

きっと、あなたの疑問に、真摯に答えてくれるはずです。

 

 

一番大事なのは、「どの学校で学習するのではなく、あなたがどう言った

 

 

目的を抱いて、留学するのか?」です。

 

 

海外の生活を経験していない人は、色々と、慣れないこともあるのに、さらに

 

 

言葉がわからないことへの不安から、「しんどいな」と感じることが

 

 

あるかもしれません。

 

 

そういうことのなきよう、ある程度、事前に準備をしつつ、情報もしっかり

 

 


収集して、留学するようにしましょう。

 

 


追伸:留学する上での、基本的なこと。

 

 

それは、「留学する国の、歴史を勉強すること

 

 

です。

 

 

これを知らずに、海外に行くのは、「靴も履かずに、人の家に上がり込む

 

 

無責任な人」と同じであると思っておいてください。

 

 


まあ、言われなくてもわかっていると、言われそうですが、非常に大切なことです

 

 

ので、ぜひ心がけるようにしましょう。

 

 

以上、これから留学を考えている人への、「参考」になればと思います。

 

 

ぜひ、これからのキャリア形成に、海外留学を選んだからには、しっかり

 

 

学んで、次につなげるようにしましょう。