Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

【人生迷ったときの対処法とは?】30代・40代の方は必見!人生やりたいこと・したいことを貫き通すためには?ポイントは、『個々の性格』で決めることを、僕自身の経験から語ります。

本当にしたいこと・やりたいことができていますか?

 

 

 

早速ですが、皆さんは、今していることが、本当に「したいこと・やりたいこと」

 

 

 

 

 

でしょうか?

 

 

 

 

 

よく、「本当にしたいことだけやり続けよう!」って言われて、「あ〜確かに

 

 

 

 

 

 

そうだな」って思う反面、「ほとんどの人が、行動に移せているものか」とも

 

 

 

 

 

 

思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

僕も、日々、自分に問いかけています。

 

 

 

 

 

 

「本当に、今やっていることが、自分のしたいこと・やりたいことなのか?」

 

 

 

 

 

それにより、人生必ず、誰しも「迷い」が生じる時がきます。

 

 

 

 

 

 

そんな「迷いが生じている皆さんへ」、本記事では、「人生で、自分が本当に

 

 

 

 

 

 

したいこと・やりたいことは何なのか?」というのを、

 

 

 

 

 

・性格

 

 

 

 

 

という観点から、僕自身の性格も例に挙げて、独自の経験と私論でお話

 

 

 

 

 

 

 

していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

僕は、「性格で、自分の人生を決めても良いのではないか」という考え方です。

 

 

 

 

 

 

生きていると、当然、色々な考え方があるけど、「時に、性格は、信念を勝る

 

 

 

 

 

 

ことがあると考えているからです。

 

 

 

 

 

 

それなら、「思うがままに、したがって見ても良いのではないか?」という

 

 

 

 

 

 

考えの元、「何をやりたいか、迷っている人へ」の参考になればと思っています。

 

 

 

 

 

 

興味がある方は、このまま、読み進めていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、人は迷うのか?

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191220172449j:plain



 

 

 

 

 

皆さんは、人生、迷っていると感じていませんか?

 

 

 

 

 

 

人生、そんなにスムーズに進めば、苦労はしませんよね?

 

 

 

 

 

 

でも、必ず、訪れるもの。

 

 

 

 

 

それは、「転換期」です。

 

 

 

 

 

 

人は、常に進化し続ける生き物で、そのためには、「成長」が必要です。

 

 

 

 

 

 

成長するためには、自分が変わらないといけない。

 

 

 

 

 

 

ずっと、今のままではいけない。

 

 

 

 

 

 

 

こういう気持ちを持たないと、「変わることができません

 

 

 

 

 

 

そして、変わろうとした時、誰しも起こりうるのが、「迷い」です。

 

 

 

 

 

 

 

この迷いは、決して、悪い方向に向かっているのではなく、「良い方向」に

 

 

 

 

 

 

 

向かっていると、捉えていただいて良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進むべき道の分岐点に立った時、あなたはどちらへ進むべきか?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191220172602j:plain

 

 

 

 

 

 

 

では、あなたは、人生という道をまっすぐ進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、ある「分岐点」に到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、「一つの迷い」が生じてきますね。

 

 

 

 

 

 

 

「さて、自分はどちらの道を選択すべきか?」

 

 

 

 

 

 

 

例えば、2つ道があり、

 

 

 

 

 

A:給与が高い・大手企業

B:好きな仕事・やりがいがあるが、給与が低い、中小企業

 

 

 

 

 

このような条件が備わっていたとします。

 

 

 

 

 

 

あなたは、「AもしくはBのどちらの道へ進みますか?」

 

 

 

 

 

 

 

まずは、じっくり考えて見てください。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、その道を選んだのか?理由は?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191220172711j:plain

 

 

 

 

 

 

では、ここでは、あなたが、Aの道を選ぼうが、Bの道を選ぼうが、どちらでも

 

 

 

 

 

 

 

構いません。

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、一つの例として、挙げているだけなので、読者の皆さんのお答えは、

 

 

 

 

 

 

読者の皆さんがわかっていればOKということにさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

では、あなたが選んだその道は、「どういう考えに基づき、選んだのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

また、その理由は何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

こう聞かれたら、あなたは、どう答えますか?

 

 

 

 

 

 

 

これは、Aと答える人と、Bと答える人とで、「考えと理由が大きく異なる

 

 

 

 

 

 

ことが、ポイントであると言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんの中で、明確にお答えすることはできますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

僕が迷ったときは、こう考える!

 

 

 

 

 

 

僕は、いつも迷っている、ダメ人間です。

 

 

 

 

 

 

それは、明らかに、僕の「性格」に大きく影響していることが、明白だと

 

 

 

 

 

 

自覚しているからです。

 

 

 

 

 

 

 

僕の自己分析によると、僕の性格は、

 

 

 

 

 

 

 

  • 飽き性
  • これといった信念がない
  • 注意力散漫

 

 

 

など、挙げ続けると、永遠に挙げられそうだなと思うぐらい、ダメな部分が

 

 

 

 

 

 

たくさんあります。

 

 

 

 

 

 

ですが、僕も「進化し続けるために、自己成長をしなければならない」ことは

 

 

 

 

 

 

わかっているので、自分のダメな部分は、常に「反省・改善・実践」して

 

 

 

 

 

修正してきましたし、いまだ修正途中の部分も多々あります。

 

 

 

 

 

 

そんな僕は、今までの人生の中で、「迷った時は、"性格”に基づいて、

 

 

 

 

 

 

新しい道を決める」ようにしています。

 

 

 

 

 

 

先ほども言いましたが、僕の性格は、「飽き性」という部分があります。

 

 

 

 

 

ということは、仮にこれをやるんだと決めても、何年後かに、「やっぱり

 

 

 

 

 

こっちの方が、俺の性に合っている」と、思い直すかもしれないと、

 

 

 

 

 

先を見て、考えるのです。

 

 

 

 

 

 

これだけ見ると、「じゃ、何をやっても中途半端じゃん?」って思うかも

 

 

 

 

 

しれませんが、どんなことでも、「自分の得意を武器に、どうしてもブラしては

 

 

 

 

 

いけない部分だけブラさない」という気持ちでいれば、どの道に進もうが、

 

 

 

 

 

 

僕は良いのではないかという考えです。

 

 

 

 

 

 

2019年、日本では、様々な事件が発生しました。

 

 

 

 

 

そして、国民をあっと脅かすような、ニュースも飛び込んできましたね。

 

 

 

 

 

その中でも、僕が一番気になったのは、やはり、大手企業を中心とした

 

 

 

 

 

 

45歳以上の早期退職希望者を募ったニュースでした。

 

 

 

 

 

 

それまで、大手企業は「安泰だ」と言われてきたのが、2019年5月の

 

 

 

 

 

 

某企業の会長さんが言った、「生涯の継続雇用は困難を極める」と言った

 

 

 

 

 

 

発言以降、日本国内では、大きな人員削減が行われてきました。

 

 

 

 

 

 

きっと今まで会社の一線で頑張ってきた方々も、年齢が45歳を超えていると、

 

 

 

 

 

すぐに就職先も見つからないというような問題にもぶち当たったかたも

 

 

 

 

 

いるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

今まで、「●●分野の仕事ではエキスパートだった」人も、そんな得意を活かし切れない

 

 

 

 

 

 

 

 

ケースも就職先により、出てきているのではないかと推測します。

 

 

 

 

 

 

だからこそ、僕は、「どちらへ転がっても良いように、リスクヘッジは

 

 

 

 

 

 

 

人生には必要である」という考えなのです。

 

 

 

 

 

 

そのリスクヘッジとは、人により様々です。

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

 

 

 

  • 投資
  • ブログ
  • YouTube
  • プログラミング
  • 転売

 

 

 

 

など、色々あるでしょう。

 

 

 

 

 

 

リスクヘッジこそ、「早ければ早いほどに越したことはない」ので、

 

 

 

 

 

 

将来的に備えるのであれば、「自分の得意分野を活かし切れない場合、

 

 

 

 

 

 

どうするか?」を考える必要があります。

 

 

 

 

 

 

そういう意味で、「中途半端はダメだが、時流に沿った、対応策も見据えた

 

 

 

 

 

 

行動が必要」であるため、僕は、同じ環境で固執する必要性は、全くないと

 

 

 

 

 

 

 

いう考え方です。

 

 

 

 

 

 

皆さんは、どうお考えでしょうか?

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

 

 

 

本記事最後になりますが、皆さんは、「人生迷った時、自分が本当にやりたいこと

 

 

 

 

 

 

を貫き通せる自信がありますか?

 

 

 

 

 

 

僕は「ありません。」

 

 

 

 

 

理由は、「自分の性格」と、「35歳以降の自身の身に降り起こった大病」という過去

 

 

 

 

 

 

が大きく関係しているからです。

 

 

 

 

 

 

人は、「迷い」が生じた時、必ず、「転換期」を迎えます。

 

 

 

 

 

 

そして、たくさん悩みます。

 

 

 

 

 

 

でも、いつか、決断をしないといけない時期がくると思うのです。

 

 

 

 

 

 

その迷いは、「何を基準に決断するか?」が、今後の人生に大きく影響が出る

 

 

 

 

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

 

僕の場合、その基準は、「"性格"に基づいて決める」です。

 

 

 

 

 

 

決して、「目先の利益や流行りだから。。」みたいな理由では、あとで、

 

 

 

 

 

 

大きく痛い目にあいますよ。

 

 

 

 

 

 

以上、「人生で、自分がやりたいこと・したいことが何か、迷った人へ」

 

 

 

 

 

書かせていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

 

 

 

 

少しでも、「迷っている人へ」参考になればと思っています。