Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

【生産性が著しく低下している要因って?】省けるモノは、どんどん省こう!あなたの『生産性を下げるもう一つの要因は、”健康面”の改善』で変わります!あなたの食事、やばくないですか??

生産性を上げるもう一つのコツとは?

 

 

 

 

先日、「生産性を上げるテクニック」に関連する記事を挙げましたが、

 

 

 

 

 

もう一つ、僕が実践しているテクニックがあるので、本記事では

 

 

 

 

そのことについて、ご紹介していきます。

 

 

 

 

 

今回のテーマですが、「食事」についてです。

 

 

 

 

 

つまり、「健康面で、●●を省けば、生産性が上がる」というテーマで、

 

 

 

 

お話していきます。

 

 

 

 

 

これは、僕が2019年6月から実践していることで、多方面で成果がでた

 

 

 

 

 

ことから、信憑性ありとの判断をし、この記事を書く経緯に至りました。

 

 

 

 

 

生産性が上がらない」「どうすれば生産性が上がるかわからない

 

 

 

 

 

 

という方は、ぜひ、このまま、本記事を読み進めていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

生産性を大幅に下げるものは、全て省くことを念頭に置こう!

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191221114835j:plain



 

 

 

 

 

 

一般的に、ビジネスでは、「短い時間で、効率よく、生産性を上げることが大事!」

 

 

 

 

 

って言われていますよね。

 

 

 

 

 

「生産性って、じゃ、なんなの?」

 

 

 

 

 

 

こういう疑問が生まれてくると思います。

 

 

 

 

 

 

そこで、前回、以下の記事↓↓を投稿してみました。

こちらに、生産性について、書かせていただきましたので、この記事から

お読みいただけると、少し理解が深まると思います。

 

 

 

 

 

 

 

www.tani-blog.com

 

 

 

 

 

さて、ここから、本題ですが、皆さんにとって、「生産性を邪魔するモノって

 

 

 

 

 

なんですか?

 

 

 

 

 

僕は前の記事にも書いたのですが、

 

 

 

 

 

 

  1. 仕事以外の長電話
  2. やる気のない人とのビジネスのやり取り
  3. ギブしない人とのやり取り
  4. 決断できない人とのやり取り
  5. 心配性な人とのやり取り
  6. 準備を怠る人とのやり取り

 

 

 

 

こういうことが、通常生活でよくあることですが、僕はこう言った行動は、

 

 

 

 

 

著しく、生産性を下げる要因」となるので、即刻、「排除」すべきと

 

 

 

 

 

考えています。

 

 

 

 

 

ただ、人間関係というのは、どんな人とも多かれ少なかれ、接触しないといけない

 

 

 

 

 

もの。

 

 

 

 

だからこそ、「無駄な時間を搾取されないよう、極力、自分の生産性を上げる

 

 

 

 

 

ためのパフォーマンスを維持するため」に、人付き合いという面でも考えた

 

 

 

 

行動をとることを、お勧めしたいものですね。

 

 

 

 

 

 

来年40歳になるからこそ、実感すること

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191221115111j:plain



 

 

 

 

 

僕は、プロフィールにも書いていますが、来年でちょうど40歳になります。

 

 

 

 

 

本当に、時間が流れるのは、早いなと感じさせられるのですが、

 

 

 

 

 

年齢を重ねるにつれて、「今まで受け入れられてきた者が、受け入れられなく

 

 

 

 

 

なってきた」のです。

 

 

 

 

 

それは何かというと、

 

 

 

 

 

 

  • 油物
  • 炭水化物
  • 添加物が入った食品
  • 砂糖たくさんのあま〜い飲み物
  • お菓子

 

 

 

 

こういったモノが、以前は大好きでよく食べていたのに、急に「興味」が

 

 

 

 

 

なくなりました。

 

 

 

 

 

そのきっかけは、2019年6月から始めた、「ダイエット」がきっかけでした。

 

 

 

 

 

ここではそのダイエットについて、詳しくは、語ることはしませんが、

 

 

 

 

 

4ヶ月で10キロのマイナスに成功しました。

 

 

 

 

 

そのことから、「健康(特に食事面)の見直し&改善」は、「生産性を

 

 

 

 

 

上げる大きな要因になる」ことが、実際、行動してみてわかったのです。

 

 

 

 

 

では、いったい、「何をどう改善して、自分の身体や脳・集中力に影響を

 

 

 

 

 

及ぼしたのか?」を、経験値でお話していきます。

 

 

 

 

 

この経験は、決して、他の人に適しているかどうかは、わかりませんので、

 

 

 

 

 

どうか「参考程度」に聞いていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

食事の頻度と、摂取するべき、食事の”質”を見直すべき!

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191221115333j:plain



 

 

 

 

まず、結論からいいますが、「生産性を上げるためには、"食事の頻度”と、

 

 

 

 

"質”を大幅に改善しましょう」ということ。

 

 

 

 

 

あなたは、普段、どういった食生活をされていますか?

 

 

 

 

 

そんなに消費していないのに、「どか食い」していませんか?

 

 

 

 

思い当たる節があるひとは、もう少し、このまま読み進めていってくださいね。

 

 

 

 

 

まず、根本的な人間の

 

 

 

 

・新陳代謝

・糖質

 

 

 

 

 

について、「僕が知っている範囲」でお教えしたいと思います。

 

 

 

 

 

「新陳代謝」とは、「何もしなくても、身体の中で、勝手に消費される

 

 

 

 

カロリー」を指しますが、これも性別によって、大きな差が出るそうです。

 

 

 

 

ざっくりにはなりますが、

 

 

 

 

・男性 1800キロカロリー/日

・女性 1200キロカロリー/日

 

 

 

 

らしいので、これ以上、摂取すれば、間違いなく、「デブ」まっしぐら

 

 

 

 

 

になるわけですね。(こんな感じかな。。。↓↓)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191221115450j:plain



 

 

 

 

 

 

 

そして、「糖質」ですが、僕が4ヶ月で10キロマイナスできたのも、この、

 

 

 

 

 

 

糖質制限」のおかげでした。

 

 

 

 

 

 

「糖質」は、60グラム/日 ほど、摂取できればいいそうなので、それ以上、

 

 

 

 

 

 

 

摂取している人は、もう「デブ」まっしぐらの可能性が大となりますね。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191221115554j:plain



 

 

が原因で、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191221115707j:plain

 

 

 

 

 

こうなる可能性も。。。(怖い)

 

 

 

 

つまり、これを知るだけで、「健康面の改善の糸口」が明確化されました。

 

 

 

 

 

次に、申し上げた、「食事の頻度と、質について」です。

 

 

 

 

 

結論、「生産性を上げるために、食事の頻度は、二回/日にして、質も、

 

 

 

 

 

低カロリーな、野菜、鶏肉などのタンパク質をメインに取ること」が

 

 

 

 

 

望ましいです。

 

 

 

 

 

「量」については、先ほどいった通り、「性別によって、取るべき摂取カロリー

 

 

 

 

 

の上限を超えない」ように、することが、望ましいですので、敢えて、ここでは

 

 

 

 

 

いいません。

 

 

 

 

 

僕は、この食事を基本とし、「運動」を掛け合わせたおかげで、

 

 

 

 

 

身体のみならず、脳への刺激と集中力が大きく向上」することが

 

 

 

 

 

できました。

 

 

 

 

 

 

特に、昼間の食事が、リスク大です!

 

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191221115854j:plain

 

 

 

 

 

人にもよりますが、「朝食を抜いて、昼飯をガッツリ食べる人」を見かけます。

 

 

 

 

 

僕自身も、朝食は食べていませんので、その点については、別に

 

 

 

 

どうこういうつもりはありません。

 

 

 

 

 

ですが、昼飯に食べる、「内容物」に、大きく問題がある人が多いのも、

 

 

 

 

 

事実です。

 

 

 

 

 

これは特に男性に多いのですが、「白飯✖︎揚げ物」みたいな、「丼物」を

 

 

 

 

 

 

好む人が多いです。

 

 

 

 

 

故に、炭水化物は、一気に、「血糖値の上昇」がなされ、食事後は、

 

 

 

 

 

一気に眠気へと変わります。

 

 

 

 

 

これが、「生産性低下」への著しい要因となっているのです。

 

 

 

 

 

 

皆さんは、これを聞いて、何か、思い当たる節はありませんか?

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

本記事最後になりますが、僕は生産性向上のためには、全て「不要」だと

 

 

 

 

判断したものは、スパッと切ることにしています。

 

 

 

 

 

それは、日常生活で日々起こることであり、目にすることであると思います。

 

 

 

 

そして、決めたからには、必ず実践すること。

 

 

 

 

実践したら、「経過を観察して、問題ないか、随時、追跡すること

 

 

 

 

 

が大事です。

 

 

 

 

 

 

そういう面で、「健康面という視点に目をつけたこと」で、大きく

 

 

 

 

 

変わることができたのは、2019年の大きな発見のひとつでもありました。

 

 

 

 

 

よく、「規則正しい生活、食事、睡眠、適度な運動」って言われますが、

 

 

 

 

 

人によって、「適度な基準や、規則正しいさの基準」が違うと

 

 

 

 

 

思うのです。

 

 

 

 

 

だからこそ、「自分なりのスタイルを持って、常に、生産性を上げるために

 

 

 

 

 

すべきことを明確」にすることが大事なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

以上、「生産性向上のために、僕がしてきたこと(健康面バージョン)」

 

 

 

 

 

について書いてきました。

 

 

 

 

ぜひ、「生産性向上に悩んでいる人への参考」になればと思っています。