Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

【2020年転売ビジネスを本格的にやろうと考えている方へ】2019年最後に、転売ビジネス5年のプロが、『転売ビジネスの本質』を語ります。これを見て、わからなければ、せどりで稼ぐのは難しいと分かります!

個人が転売ビジネスを本業にできるのか?

 

 

 

 

久々に、専門分野である、「転売ビジネス関連」の記事を挙げていきます。

 

 

 

 

 

僕は、転売ビジネス歴5年ですが、この「はてなブログ」を始めてから、

 

 

 

 

 

何記事にも渡り、転売ビジネスについては、触れてきました。

 

 

 

 

 

そこで、本記事では、2019年最後の記事になり、今後、おそらくいうことの

 

 

 

 

 

 

ない「転売ビジネスの本質」について、正直に言いたいと思います。

 

 

 

 

 

 

これは、「今後、転売ビジネスは、本当にビジネスの軸になりつつある商売

 

 

 

 

 

 

なのかを、本気で考えている人には、有益な記事になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

ご興味ある方は、ぜひ、このまま、読み進めていただければと思います。

 

 

 

 

 

転売ビジネスは、副業からスタートする

 

 

 

 

 

 

なんでもそうですが、いきなり、本格的に始めるのは、気が重い。

 

 

 

 

 

 

ですので、まずは、「小さくても良いので、副業スタイルから始めてみる

 

 

 

 

 

 

ことがオススメです。

 

 

 

 

 

 

大事なのは、「転売ビジネスってどんなもの?」を、自身で感じることが

 

 

 

 

 

 

大事だと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

最低でも、10万円の資金は必要になります

 

 

 

 

どんな商売でも、「資金ゼロ」から始められる商売など、存在しません。

 

 

 

 

 

これは、各経験者にとって、意見が分かれるところなんですが、転売ビジネス

 

 

 

 

 

 

は、最低でも、10万円の資金は用意しておくべきだと思います。

 

 

 

 

 

後ほど詳しく書きますが、転売ビジネスは、「以外と支出が多い商売」です。

 

 

 

 

 

ですので、どんな時でも、「イレギュラーに対応できる体制」は整えて

 

 

 

 

おくべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 真似されやすい 

 

 

 

 

転売ビジネスとは、「売れている商品を、安くで仕入れて、高くで販売する」

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

非常に簡単で、いわば、「誰でもできる商売」なので、参入壁が低いです。

 

 

 

 

 

日本国内だと、「ヤフオク、メルカリ」、海外だと「ebay、アマゾン」が

 

 

 

 

 

誰もが利用している販売サイトになりますね。

 

 

 

 

そこでは、あなたが出品している商品と同じ商品を、すでに、たくさんの

 

 

 

 

 

ライバルが出品中であるということ。

 

 

 

 

 

そこで、生き抜くのは、至難の技とも言えるでしょう。

 

 

 

 

 

転売ビジネスって、儲かる商売だって、まだ勘違いしてませんか?

 

 

 

 

初心者の方で、「転売ビジネスの利益率は、何%取れるのか?」って、

 

 

 

 

 

 

聞かれた時、大体、「え〜、たったのそれだけしか取れないの?」みたいな

 

 

 

 

 

ニュアンスで、驚かれたりすることが、多々あります。

 

 

 

 

 

どうも、「転売ビジネスは、めちゃくちゃ儲かる。だって、YouTubeの●●さんが、

 

 

 

 

 

10分の動画で、"たった、15分で、利益10万円は確定”」って、いう動画を

 

 

 

 

 

あげてたじゃん?

 

 

 

 

 

こんな先入観で、転売ビジネスをやろうとしている、もしくは、すでに

 

 

 

 

 

始めている方が、非常に多い印象があります。

 

 

 

 

 

僕は、何度もブログで言っているのですが、利益10万円稼ぐのに、

 

 

 

 

 

いくら売り上げないといけないのか?わかっていますか?

 

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

実は、僕の記事を初めて見ていただく方に、以前、僕は、こんな記事を

 

 

 

 

 

出しました。

 

 

 

 

 

 

www.tani-blog.com

 

 

 

 

 

 

僕は、「転売ビジネスの、1/3の法則」という言葉を、勝手に造りました。

 

 

 

 

 

この意とするものは、「転売ビジネスとは、売り上げに対して、色々、

 

 

 

 

 

かかるものが多く、結果、どう頑張っても、30%ぐらいしか、利益は

 

 

 

 

 

でないビジネス」であるということです。

 

 

 

 

 

 

特に、利益を出すためには、「固定費」の削減は必須で、この項目を

 

 

 

 

「どう抑えるか?」が、販売者の見せ所だと言えます。

 

 

 

 

 

 

以上、見ていただいて、お分かりいただけると思いますが、転売ビジネスは、

 

 

 

 

 

決して、利益率が高い商売ではないということを、ご理解いただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 初心者は、転売ビジネスの「波」を経験するべきです

 

 

 

 

これは、どんなビジネスにも、「波」があり、「転売ビジネス」は、

 

 

 

 

 

その波が、結構、「安定しない波をたくさん抱えるビジネス」であると

 

 

 

 

 

 

まずは理解しておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

転売ビジネスでは、固定のお客さんのみで、生計を立てられるほど、

 

 

 

 

 

そこまで甘くはないです。

 

 

 

 

 

販売経験を、積めば積むほど、固定客も増えてくるでしょうが、

 

 

 

 

 

時間も労力もかかるものです。

 

 

 

 

 

そして、あなたが扱う「商品カテゴリー」次第で、その「波」も

 

 

 

 

 

大きく動くか、小さく動いて収まるか」は、その時にならないと

 

 

 

 

 

わかりません。

 

 

 

 

 

売り上げが予測が一番立てにくい、ビジネスであると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

在庫を持たないとやっていけない商売である

 

 

 

 

ebay輸出では、今のところ、「無在庫販売」はOKとなっていますが、

 

 

 

 

 

メルカリ、ヤフオク、アマゾンでは、「非常に危険」であり、

 

 

 

 

 

見つかれば、「ご自身のアカウントも、抹消されかねない行為」に

 

 

 

 

 

 

なり得ません。

 

 

 

 

 

ただ、在庫を持つということは、「売れる前から、お金を出して、在庫を抱える」

 

 

 

 

 

ことなので、「売れなかったら、ずっと在庫を抱えぱなし」になり、

 

 

 

 

 

停滞在庫もしくは、不良在庫」になる可能性もあります。

 

 

 

 

 

「在庫は、資産」でありながらも、「売れなけれな、赤字」なので、

 

 

 

 

 

在庫を持つ商品とそうでない商品の見極め」が非常に難しいという

 

 

 

 

 

 

ある意味、「販売者泣かせの商売」であると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

全ては、自分の責任だと理解しよう

 

 

 

 

転売ビジネスで、大きく儲けるには、

 

 

 

 

  • 高単価
  • 大量販売

 

 

 

 

で、短期間で、月収100万円は、軽く突破できると思います。

 

 

 

 

 

ですが、このレベルは、「相当経験がないと、飛び越えられないハードル

 

 

 

 

 

なので、初心者には、挑戦しがたいと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

もし、将来、あなたが、「売り上げ拡大のために、新しい扱ったことのない

 

 

 

 

商品を販売するとしましょう。」

 

 

 

 

そこで、最初のうちは、誰でも遭遇すること。

 

 

 

 

 

それは、「失敗赤字」です。

 

 

 

 

 

下手したら、今までの儲けは、吹っ飛んでしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

ですが、「やらないと、売り上げはそのままだし、利益も上がらない」ことは

 

 

 

 

 

 

明白です。

 

 

 

 

 

その時に、必ず覚えておいて欲しいこと。

 

 

 

 

 

どんな失敗があっても、どれだけ赤字を喰らっても、決断したのは、自分自身。

 

 

 

 

だから自分が悪い!

 

 

 

 

 

という気持ちです。

 

 

 

 

 

正直、この考え方ができなければ、「転売ビジネス」は辞めた方が良いし、

 

 

 

 

 

100%、あなたには向いていなかった」と言わざるを得ません。

 

 

 

 

厳し目ですが、副業であれ、本業であれ、最終的には、「自分で決め、自分で

 

 

 

 

 

判断すること

 

 

 

 

 

が大事です。

 

 

 

 

 

 

人のせいにしているようでは、成長ありませんよ。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

 

2020年、「転売ビジネスを始めよう!」と思っている方、これから、「転売ビジネス

 

 

 

 

 

を軸に商売をしてみたい」という、”本気ある方”は、以上の内容を念頭において、

 

 

 

 

 

ぜひ頑張ってみてください。

 

 

 

 

 

「世の中に、モノがある以上、転売ビジネスという商売は、消えることは

 

 

 

 

 

ありませんし、ずっと需要あり続けるビジネス」であると言えます。

 

 

 

 

 

 

僕は、「誇張」が大嫌いです。

 

 

 

 

 

それは、「自分が独学で始めた転売ビジネスが、過去の失敗が多すぎて、

 

 

 

 

痛いほど、転売ビジネスとは何かを知り尽くしている」ので、こうやって

 

 

 

 

自信を持って、「転売ビジネスの本質」を、皆さんにお伝えできています。

 

 

 

 

 

「謙虚であれ!」

「他責にするな!全ては自責で起こったことだ!」

「グズグズ文句を言うなら、最初から、やるな!」

「常に研究、実践、失敗、改善、また実践の繰り返しである!」

「なんでも楽しんでやろう!」

 

 

 

 

 

は、僕が開業して、常に僕のポリシーとして、存在する言葉です。

 

 

 

 

 

ぜひ、皆さんも、「小さいところからコツコツ」と、頑張ってみてください。

 

 

 

 

 

 

追伸:

 

 

 

2020年は、「転売ビジネス系の記事」は、そこまで頻繁に挙げることは

 

 

 

 

ありません。

 

 

 

 

今まで投稿した記事に、この半年間で、「僕の5年分の経験」をぎっしり

 

 

 

 

 

詰めて、お送りしてきました。

 

 

 

 

 

 

今後は、「気づき程度」のレベルで、あげていく予定です。

 

 

 

 

 

初心者の方は、ぜひ、「考え方」を学んで欲しいと思います。

 

 

 

 

 

僕は、「実務レベルの内容」は、一切、記事にはあげない主義なので、

 

 

 

 

 

それだけは、ご理解ください。