Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

【起業分野を誤るな!】あなたのビジネスは、『時流』に沿っていますか?儲かる分野で、起業しよう!起業で失敗した経営者から学んだこととは?

あなたのビジネスは、時流に沿っていますか?

 

 

 

 

さて、2019年もあと少しになってきましたね。

 

 

 

 

 

 

2019年7月4日から始めたブログですが、約5ヶ月毎日、読者の皆さんに、記事を

 

 

 

 

 

 

 

お届けしており、年末・年始も休まず、投稿するので、引き続き、ご覧

 

 

 

 

 

いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

さて、本記事のテーマは、「あなたのビジネスは、時流に沿っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

例えばですが、皆さんは、「倒産した社長」と知り合ったことはありますか?

 

 

 

 

 

 

 

僕はあります。

 

 

 

 

 

 

もう過去話で、すでに時効であると言う判断の元に、一部、話の設定だけ変えて、

 

 

 

 

 

 

 

書いていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、「時流に沿っていないビジネスはいくらその人が優秀でも、商売と

 

 

 

 

 

 

して成り立たないと言う一例」を、当時、本人から聞いた話を元に、

 

 

 

 

 

 

お伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

これから起業する予定の方は、このお話は、リアルでかつ、今後のための有益な

 

 

 

 

 

 

 

話となると思いますので、ご興味ある方は、ぜひ、このまま、読み進めていただければ

 

 

 

 

 

 

と思います。

 

 

 

 

 

 

ビジネスは、”需要”あって、初めて"供給”へと繋がる

 

 

 

 

 

 

さて、世の中には、画期的なビジネスを起こそうと、たくさんの方が、

 

 

 

 

 

アイデアを巡らせて、奮闘しておられます。

 

 

 

 

 

僕なんかも、経営者としては、まだまだ端くれですが、最初は、「転売ビジネス」

 

 

 

 

 

で起業しました。

 

 

 

 

 

このブログを見ていただいている読者の皆さんや、その周りの方にも、そういった

 

 

 

 

 

「起業を目指している方」もしくは、「すでに起業された方」がおられること

 

 

 

 

 

でしょう。

 

 

 

 

 

さて、起業するには、「どういったモノが必要」と言うのがあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

そう言われて、パッと思いつくのは、「開業資金」「スタッフ」「事務所」など

 

 

 

 

 

たくさんありますね。

 

 

 

 

 

 

ですが、もっと大事なモノがあるのです。

 

 

 

 

 

それは、何かと言うと、「あなたが起こそうとしている事業に対するニーズ

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

仮にですが、今は何もかもが便利な時代に、「アナログ」で活動することなど、

 

 

 

 

 

ほとんどなくなってきましたよね。

 

 

 

 

 

それと同じで、あなたが起こそうとしているビジネスは、本当に、世間にニーズが

 

 

 

 

 

あるのかと言うことなのです。

 

 

 

 

 

 

これは、起業する前に、どんなことよりも、まずは真剣に考えるべきことで

 

 

 

 

 

あると思うのです。

 

 

 

 

 

"ニーズ"なきところに、"供給”することなど無し」なのですから。

 

 

 

 

 

 

Aさんは、誰もが認める優秀な方でした

 

 

 

 

 

 

さて、本記事のテーマに取り上げた方の例になります。

 

 

 

 

 

 

 

この方を、仮に、Aさんとさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

僕とAさんは、とあるビジネス交流会の場で知り合いました。

 

 

 

 

 

 

その方と最初は、名刺交換する程度で、挨拶を終えたのですが、また何日か

 

 

 

 

 

 

して、お会いする機会がありました。

 

 

 

 

 

 

その時は、Aさんも、僕も、まだサラリーマンをやっていた時です。

 

 

 

 

 

 

Aさんの名刺を拝見すると、聞けば誰もが知っている、某大手人材紹介会社に

 

 

 

 

 

 

お勤めされていました。

 

 

 

 

 

 

じっくり話を聞いてみると、もう人事採用のお仕事にを8年ほど従事していた

 

 

 

 

 

 

と言うことで、いわば、「人事採用のプロ」と言える人でした。

 

 

 

 

 

 

 

そして、二回目お会いしてから、しばらくして、風の便りで、Aさんが開業

 

 

 

 

 

されると言うお話をお伺いしました。

 

 

 

 

 

そのお話によると、人事採用の経験を活かして、自身でも人材紹介の会社を

 

 

 

 

 

 

起こされたと言うことでした。

 

 

 

 

 

 

僕も、何度かお会いしただけだったし、まさか、起業するとは思いもしなかった

 

 

 

 

 

ので、大変驚いたことを、覚えています。

 

 

 

 

 

 

そして、また何ヶ月かすぎたある日のこと、何かの交流会で、そのAさんと

 

 

 

 

 

ばったりお会いすることができました。

 

 

 

 

 

 

その時のAさんは、経営者らしく、「ビシッとスーツを来て、カッコ良い出で立ち」

 

 

 

 

 

 

だったので、「僕もいつか、Aさんのように、何かのビジネスで起業しよう」

 

 

 

 

 

 

と言う漠然ではありますが、夢を持ったことを、覚えています。

 

 

 

 

 

 

そして、「今度こそ、連絡先を聞こう」と決断し、お互い、連絡先を

 

 

 

 

 

 

交換することができました。

 

 

 

 

 

 

それから、事あるごとに、そのAさんとご連絡を取らせていただく機会が増えて

 

 

 

 

 

きたのです。

 

 

 

 

 

 

 

Aさんの事業内容とは?

 

 

 

 

 

僕とAさんは、それぞれ他県に居住地を構えているので、頻繁にお会いする

 

 

 

 

 

 

 

ことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

ですので、僕が何かの用事で、そのAさんが住む県に行く時は、必ずアポイントを

 

 

 

 

 

 

取り、少しでも経営者の話を聞こうと言う目的で、お会いさせていただいていました。

 

 

 

 

 

 

そんなある日、Aさんとお会いし、Aさんの事務所で話をしていた時、詳しい事業

 

 

 

 

 

内容を聞いてみたのです。

 

 

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

 

  • 人材紹介の会社を経営(分野は不明)
  • 日々、何万とある求職者情報に、広告を打っては、自社のアピールをする
  • 人材紹介先は、主に、知り合いの企業さん10社程度

 

 

 

 

と言うことで、始めたばかりで、事務作業と、営業とで、日々、忙しく

 

 

 

 

 

 

されていることが、生々しく、お伺いすることができたのです。

 

 

 

 

 

率直に感じたのが、「大変だな、起業することは」と思いました。

 

 

 

 

 

そして、その方の事務所ですが、約10畳ほどの広さに、机を二つおいて、来客

 

 

 

 

 

 

 

用に、テーブルを一つ入り口近くに置いてあるだけでした。

 

 

 

 

 

 

その時のAさんは、「いずれ、会社をもっと大きくして、事務所の移転も夢

 

 

 

 

 

 

見ている」とおっしゃっており、心からすごいなと感じていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

年に一度お会いする度に、実感するAさんの苦悩とは?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20191224172221j:plain

 

 

 

 

 

 

僕とAさんは、年に一度、お会いする機会がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は、僕が年に一度、Aさんが住む県に行くことがあったからです。

 

 

 

 

 

 

 

その際、必ず事前にアポイントを取って、約束した日にAさんの事務所に

 

 

 

 

 

 

お伺いしていました。

 

 

 

 

 

 

Aさんは、本当に心の広い方で、日々忙しいにもかかわらず、僕との約束の日は、

 

 

 

 

 

 

必ず時間を割いてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

僕もAさんの時間を無駄にせず、勉強するつもりで、質問を事前に考えて

 

 

 

 

 

 

 

行くのですが、やはり懐かしいと言うところから、結構、無駄話をすることの

 

 

 

 

 

 

 

方が多かったと記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

そんな心が広く、優しいAさんでも、一人の人間です。

 

 

 

 

 

 

 

ある日、訪問した時、話をしていても、イライラされていることがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐る話を聞いてみると、「人材紹介の案件が、途中でキャンセルされた」

 

 

 

 

 

と言うことでした。

 

 

 

 

 

 

ご存知ない方にお話しすると、人材会社と言うのは、「人を企業に紹介して、

 

 

 

 

 

 

 

就労が決定した段階で、紹介した人材がもらう給与の何ヶ月分かを手数料と

 

 

 

 

 

 

 

 

して企業に請求する」と言うシステムになっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、大体、どの人材会社でも同じだと言うことでした。

 

 

 

 

 

 

ですので、起業したばかりの零細企業としては、その売り上げが一気になくなる

 

 

 

 

 

 

 

のは痛手であるし、悔しくなる気持ちも、少しではありますが、理解できたかなと

 

 

 

 

 

 

 

思っています。

 

 

 

 

 

 

特に、人材紹介会社と言うのは、「人を紹介し、手数料をいただいて、ナンボ」

 

 

 

 

 

 

 

の世界です。

 

 

 

 

 

 

 

ですので、いわば、今の僕がやっている「転売ビジネス」同様、「待ち」の

 

 

 

 

 

 

 

商売ではあるわけです。

 

 

 

 

 

 

例えば、大手の人材紹介会社なら、豊富な資金で、ネットで広告をバンバン打てますが

 

 

 

 

 

 

零細企業では、そういったことも、時にはままならない状況であると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、そんな話を聞く度に、Aさんの苦悩が、ヒシヒシと伝わってきて、

 

 

 

 

 

 

「起業の難しさ」を、肌で実感できたと言う瞬間でもありました。

 

 

 

 

 

 

勝負するジャンルを誤ると、太刀打ちできなくなることもあります

 

 

 

 

 

 

皆さんご存知の通り、今では無料で人材募集をかけられる時代になってます。

 

 

 

 

 

 

例えば、「In●eed」とかもその一例です。

 

 

 

 

 

 

そして、グーグルも、人材紹介のページを設けるようになり、ググれば、

 

 

 

 

 

 

最初に「Google」の名前で、たくさんの企業が自社の人材募集を載せる

 

 

 

 

 

 

 

 

ようにもなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、小さな企業と言うのは、どんどん、立ち行かなくなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

待てど待てど、求職者は、より案件の多そうな、大手人材派遣会社に流れていく。

 

 

 

 

 

 

また、今の時代、「人手不足」で、ありながら、なかなか人が集まらない。

 

 

 

 

 

その逆を行くかのように、自分で独立する人が、徐々に増えてきましたよね。

 

 

 

 

 

 

そう考えると、「人材派遣会社」の立ち位置は、だんだんと苦しくなってくるの

 

 

 

 

 

 

 

ではないかとも感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今のAさんは?

 

 

 

 

 

 

 

Aさんから電話をいただきました。

 

 

 

 

 

それは、2018年の暮れの話でした。

 

 

 

 

 

Aさんは、「会社をたたみ、一旦、会社勤めに戻る」と、おっしゃって

 

 

 

 

 

いました。

 

 

 

 

 

そして、これからチャンスがあれば、また起業にチャレンジすると

 

 

 

 

 

おっしゃり、電話を切っていったのです。

 

 

 

 

 

正直、僕の方としても、連絡は取りづらいので、それからお電話することは

 

 

 

 

 

 

控えています。

 

 

 

 

 

だけど、次に向かって、歩き出されたと言うところが、切り替えが早く、

 

 

 

 

 

自分も見習うべきところだなと思いました。

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

 

今回は、Aさんの事例を取り上げました。

 

 

 

 

 

 

もちろん、ご本人の許可も得ていますが、そのままお話しすると、素性がバレる

 

 

 

 

 

 

可能性もあるので、所々、設定は僕の方で変えて、書かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

僕は、そのAさんと約5年ほど、かかわらせていただきました。

 

 

 

 

 

そこで学んだこと。

 

 

 

 

 

それは、「起業とは、そこまで甘くない。そして、勝負する分野を見誤るな

 

 

 

 

 

 

 

と言うことです。

 

 

 

 

 

 

世の中、「需要と供給」で成り立っている。

 

 

 

 

 

そして、「時流に沿ったビジネス上で、戦うこと」が大事だと言うこと。

 

 

 

 

 

 

例えば、あなたが、●●の分野ではプロフェッショナルとしましょう。

 

 

 

 

 

 

だけど、その●●が、この先、何年経っても、まだニーズがあり続けるのか?

 

 

 

 

 

 

この判断が、経営者として、非常に難しいところであると考えます。

 

 

 

 

 

僕は、そのAさんから、たくさん学ばせていただきました。

 

 

 

 

 

 

そして、僕自身も、起業してから、いまだに、失敗ばかり続けています。

 

 

 

 

 

 

僕は非常に恵まれていると感じているのは、先駆者の失敗を目の当たりに

 

 

 

 

 

 

して、自分でも実際行動して、失敗して、経験を積めたこと。

 

 

 

 

 

失敗なくして、成功などあり得ない

 

 

 

 

 

これを、体験して、強く感じたのが、ここ数年での僕の大きな収穫と

 

 

 

 

 

なりました。

 

 

 

 

 

 

今後、起業される方、今、起業されている方。

 

 

 

 

 

もし、この記事を見ていただいているなら、ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

 

 

色々な意味で、非常に為になる話であると思います。