Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

【今やっていることに、将来性はあるの?】あなたのビジネスに需要はありますか?大事なのは、トレンドを理解し、自分のビジネスと「組み合わせる・融合させる」ことが大事です。

需要ある分野を自分の得意にしていこう

 

 

 

早速ですが、今のトレンドってなんですかと聞かれたら、どう答えますか?

 

 

 

 

例えば、「言葉」「食べ物」「仕事」「芸能人」など、たくさん思い浮かべれば、

 

 

 

 

出てくると思います。

 

 

 

 

人は、こういった「自分の興味のあること」には、いち早く敏感だし、

 

 

 

 

どんどん追求・探究して行きたくなるものです。

 

 

 

 

 

ですが、「不得意なこと」「面倒なこと」には、見向きもしません。

 

 

 

 

 

 

もちろん、「自分の好きなこと」「自分の得意なこと」をどんどん伸ばすことは

 

 

 

 

大事です。

 

 

 

 

ですが、対マーケットで勝負する場合、「それではダメなことがたくさん

 

 

 

 

出てくる」と思うのです。

 

 

 

 

そこで、本記事では、「市場の需要を見極め、不得意をいつの間にか、

 

 

 

 

 

得意にする方法」というテーマで、書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

これは、僕のブログの「人生」というカテゴリーに属するのですが、

 

 

 

 

 

 

 

「不得意なこと」「嫌なこと」を「自分の得意」にしていくのは、

 

 

 

 

日々研究と改善」が必須です。

 

 

 

 

今でこそ、「人生好きなことをして、生きていく方法」という方が

 

 

 

 

たくさんインフルエンサーとして出現していますが、そこまで到達する上で、

 

 

 

 

決して、「好きなことばかりしてきたわけではない」ということを、理解しないと

 

 

 

 

いけません。

 

 

 

 

それでも、「不得意なこと」「興味のないこと」は、人はやりたがらないもの。

 

 

 

 

なら、「時代の流れで、あなたが不得意なものを、やらざるを得なくなった場合」

 

 

 

 

どう行動を起こすべきでしょうか?

 

 

 

 

本記事ではその点をテーマとして、「不得意を得意にする方法を知りたい方」

 

 

 

 

 

「興味が一辺倒過ぎて、ダメだなと感じている方」向けに最適な記事内容と

 

 

 

 

 

なっています。

 

 

 

 

 

 

ビジネスは需要があって成り立つものだと理解しよう

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20200106174435j:plain



 

 

 

 

世の中、「需要と供給」という言葉がありますが、「需要なきところに、

 

 

 

 

どれだけ商品を売ったところで、なんの意味も為しません。

 

 

 

 

 

例えば、今、あなたがブログもしくは動画を発信している側だとしましょう。

 

 

 

 

もし発信する側なら、行動を起こす前に、ある程度「何を、誰に」という

 

 

 

 

目標を定めるのではないでしょうか。

 

 

 

 

ただ単に、「私は●●が好きだから」とか、「日本の文化を伝えたいから」と

 

 

 

 

 

言っても、リーチさせたい相手がそもそも見てくれなければ、意味がないと

 

 

 

 

いうことなのです。

 

 

 

 

 

 

あなたは、時代のトレンドに対する理解に努めていますか?

 

 

 

 

 

では、冒頭でお話しした、「時代のトレンド」について、書いていきます。

 

 

 

 

 

おそらく、普段、日本のニュースを見ないとかいう方は、そこまでいないと

 

 

 

 

 

思いますが、エンタメ系のニュースを見ると、「巷のトレンド」を紹介

 

 

 

 

 

する企画をやっていたりするのを、観たことはあるでしょうか?

 

 

 

 

 

調査員が緻密(ちみつ)な調査をして、それを企画化していくわけですが、

 

 

 

 

 

みなさんは、普段からアンテナを張って、「何がビジネスで需要があるか」

 

 

 

 

という情報収集に努めておられますか?

 

 

 

 

需要あることが、決して、ニュースから読み取れるというわけではありませんが、

 

 

 

 

ニュースは、「時代の流れ」を毎日記してくれているものです。

 

 

 

 

だからこそ、「ニュース」を観なかったり、「新聞」を読まない人は、

 

 

 

 

少しもったいないなと、僕なら感じてしまいます。

 

 

 

 

市場の需要と、自分のビジネスの関連性について

 

 

 

 

この記事を読んでいただいている方は、「何かしらのビジネスをされている方

 

 

 

 

と仮定して、書いていきたいと思います。

 

 

 

 

僕もそうですが、今は小さいながらも、個人で経営をしています。

 

 

 

 

ですので、いつも気にするのは、自分が販売している商品の需要は

 

 

 

 

どこまで継続するだろう」ということです。

 

 

 

 

 

例えば、転売ビジネス系だと、固定の顧客がいるわけでもなく、毎度新規の顧客を

 

 

 

 

相手にする場合、どうしても「売り上げ予測」もできないし、不安定なビジネス

 

 

 

 

だと考えるからです。

 

 

 

 

そして、「どうすれば、売り上げも一定的に安定するのか?」「販売路線は

 

 

 

 

これで良いのか?」など、常に考え続けます。

 

 

 

 

だから、「需要の見極め方」が、転売ビジネスでは難しいと、経験上、

 

 

 

 

経験でわかっているつもりです。

 

 

 

 

では、自分のビジネス分野から、さらに広い視野で見た場合、市場の需要(トレンド)

 

 

 

 

はなんだと思いますか?

 

 

 

 

それは、今、あなたがやっているビジネスと関連して、実践できそうですか?

 

 

 

 

 

これからの時代、あなたのビジネス分野に、「さらに時代の需要をプラス

 

 

 

 

させることが、流行になると思っています。

 

 

 

 

そういう意味で、あなたは、「市場の需要が何に偏っているか?」を

 

 

 

 

理解されていますか?

 

 

 

 

 

絶対に外せない、これからのトレンドとは?

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20200106174742j:plain



 

 

 

 

それでは、もうみなさん、ご存知かと思いますが、2020年のビジネスの

 

 

 

 

トレンドとは何かをお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

実は、僕自身もすでに進めているのですが、動画配信」の時代に、移り変わって

 

 

 

 

きています。

 

 

 

ですので、あなたのビジネス✖︎動画配信」を使った、何かを企てることを、

 

 

 

 

考えていくべきでしょう。

 

 

 

 

僕自身、これは絶対に外せないと思っていて、すでに色々な方が、始めて

 

 

 

 

いることですが、トレンドには変わりないと思っています。

 

 

 

 

ある意味、「このトレンドに乗らない理由はない」と言っても、過言では

 

 

 

 

ありません。

 

 

 

 

重要なのは、「動画配信で、自分のオリジナルをどう見出していくか」が、

 

 

 

 

非常に重要だと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

みなさんは、この「掛け算の方式」をすでに、実行されていますでしょうか。

 

 

 

 

 

顔出し、しゃべりは不必要?

 

 

 

 

では、先ほど、動画配信のお話をしましたが、ここで、本記事のテーマである

 

 

 

 

需要ある分野で、自分の不得意を得意にする方法」を書いていきますが、

 

 

 

 

動画配信は、絶対に、「顔出ししないといけない」とか、「喋らないといけない」

 

 

 

 

という決まりはありません。

 

 

 

 

動画配信の分野によっては、そんなことをしなくても良い場合があるからです。

 

 

 

 

だから「不必要なことを、わざわざ時間をかけて、得意にする必要はない」のです。

 

 

 

 

それよりも、大事なのは、「有益なコンテンツ作り」「役にたつコンテンツ作り」

 

 

 

を目指すべく、自分が目指す分野が、本当に需要があるかを分析することが

 

 

 

 

大事ではないでしょうか。

 

 

 

 

その繰り返しが、いずれ、あなたの「得意」に変わる時がくると、僕は

 

 

 

 

考えます。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

時代の流れは、日々、変化しています。

 

 

 

 

今は、ネット分野の爆速な成長により、プログラミングができる人、動画編集ができる

 

 

 

 

人などの需要が上がり続けています。

 

 

 

 

でも、今は需要があっても、時代は常に、回っているので、廃れる時が

 

 

 

 

くるかもしれません。

 

 

 

 

よく人は、「一つのことの専門化になれ」といいますが、そこに需要がなければ、

 

 

 

 

そんな専門は、あっても意味がなくなってきます。

 

 

 

それよりも、「時代のトレンドを掴み、時流に合わせた、立ち回り」ができることが

 

 

 

 

望ましいと考えます。

 

 

 

 

そういう行動ができれば、同時にリスクヘッジにも繋がるし、あなたの需要も

 

 

 

 

いずれ安定し続けるでしょう。

 

 

 

 

僕は、そういう思考の元、転売ビジネスのみならず、「自分の得意✖︎不得意✖︎

 

 

 

 

トレンド」を掛け合わせて、邁進していこうと思っています。