Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

【変化を恐れて成功はありえません】2020年から変化を恐れず、前向きに生きていく方法とは?ポイントは、『時代の流れに合わせて、思考を変えていく努力』です。

変化を怖がる人の特徴とは?

 

 

 

早速ですが、あなたは、変化を恐れていますか?

 

 

 

それとも、変化を楽しめる性格ですか?

 

 

 

僕は明らかに、後者の、「変化を楽しめる性格」であると思っています。

 

 

 

ですが、大多数の方が、前者の「変化を恐れるタイプ」のようで、

 

 

 

 

「失敗はなるべく避ける方が良い、今のままがベストである。」と考えて

 

 

 

 

 

います。

 

 

 

 

 

それでは、前者後者のそれぞれの「メリット・デメリット」は何か?

 

 

 

 

また、これからの時代、「どういうタイプの人間が、得をするのか?

 

 

 

 

を書いていこうと思います。

 

 

 

 

どちらのタイプにしろ、それぞれのタイプを参考にすることはとても大切です。

 

 

 

 

そして、それぞれのメリットやデメリットを知ることで、「自分を変えるきっかけ

 

 

 

を掴めるかもしれません。

 

 

 

もし、2020年は、今までの自分を変えていきたいと考えている人は、

 

 

 

参考になると思いますので、ぜひ、このまま、読み進めていただければと

 

 

 

思います。

 

 

 

人は安定を望む生き物である

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20200107170213j:plain



 

 

 

あなたは安定志向型ですか?

 

 

 

 

正直、そう問われても、「はい!私は、安定志向型であります。」って、

 

 

 

 

堂々と答えられるものでしょうか?

 

 

 

 

多分、そのように答えられる人は、ほとんどいないのではないのかなと

 

 

 

思います。

 

 

 

例えば、一昔前の世代の人だと、「一流企業に入社すれば、安泰」だと

 

 

 

言われてきました。

 

 

 

確かに、その時代は、大手企業に入社すれば、定年を迎えるまで、安泰で、

 

 

 

ボーナスに然り、退職金に然り、しっかりでた時代でありました。

 

 

 

ですが、それから約数十年が経ち、今の時代はどうでしょう?

 

 

 

結果、その「真逆をいく方向」へ向かっていませんか?

 

 

 

例えば、「終身雇用の撤廃宣言」「50代以上のリストラ」「非正規と正規社員の

 

 

 

雇用格差の撤廃」など、時代の流れは大きく変わり、正直、正社員として働き

 

 

 

続ける方が、だんだんと不安定になってきたのではという感じになってきています。

 

 

 

こういう時代に突入し、今まで安泰だと腰を据えてやってきた人が、ようやく、

 

 

 

 

重い腰を上げて、「何か違う収入源を見つけなければ!」と焦り出して始めている

 

 

 

といった印象を受ける、今日この頃となってきました。

 

 

 

 

副業解禁になってみて、より加速したこととは?

 

 

f:id:ebaysearteacher:20200107170401j:plain



 

 

 

過去、企業に勤めている人たちは、会社で、「ある規則」がありました。

 

 

 

それは、「本業以外に、副業はしてはいけない。」というルールです。

 

 

 

理由は、各企業それぞれ理由はありますが、やはり、「本業に大きな影響を

 

 

 

及ぼしかねない」といったところではないでしょうか。

 

 

 

もちろん、公務員に関しては、今でも副業は不可ですが、現在はどうでしょう?

 

 

 

全ての企業とはまだまだ言えないものの、少しづつ、副業が解禁され始めてきて

 

 

 

いますよね。

 

 

 

それは、なぜか?

 

 

 

時代の流れが、解禁に向かうことによって、企業にも、雇用されている側にも

 

 

 

どちらにもメリットが出る」と、判断したからなのです。

 

 

 

それにより(というよりも、副業熱はその前からアツい)、

 

 

 

様々な副業を始める人が出てきました。

 

 

 

例に出していうと、

 

 

 

  • 投資
  • せどり
  • 動画配信
  • ブログ

 

などなど、すぐにでも始められ、チャレンジする人が、今は爆発的に増加

 

 

 

傾向に向かっているわけですね。

 

 

 

本業以外の収入が増えることで、心の安定につながったというのが、最大の

 

 

 

理由に挙げられると、僕は考えています。

 

 

 

問題が起こってから動き出す日本人

 

 

 

人は、なかなか、自分の考えを変えることができない生き物である

 

 

 

これは、永遠の課題でもあるし、年齢を重ねるにつれて、こういったことが、

 

 

 

より深く感じてくるものです。

 

 

 

僕は常に思うのですが、リスクヘッジの対策が、非常に遅い人が多いのでは?

 

 

 

危惧しています。

 

 

 

つまり、「問題が起こってから、考える」みたいな、発想です。

 

 

 

この考え方にも、色々あるのですが、僕は、比較的、この考え方には、

 

 

 

否定的です。

 

 

 

自分が個人経営として、小さいながらでも、事業を営み始めてから、こういった

 

 

 

意識も大きく変わり、「安定させるためには、リスクヘッジは欠かせない

 

 

 

事項である」と考えているからです。

 

 

 

そして、そういった「後になってから考える」というのも、結構、日本人に

 

 

 

多くありがちな発想でもあります。

 

 

 

海外では、何事も問題点にいち早く気づき、全てにおいて、日本よりも、

 

 

 

先を行っていることが、多方面ですでに実証済みです。

 

 

 

そういう観点から考えると、日本人は、少し楽観的な考え方の人が多いなという

 

 

 

印象を抱きます。

 

 

 

 

時代に流れに合わせて、思考も変えていく努力が必要

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20200107170811j:plain

 

 

 

時代の流れは、常に、物凄いスピードで動いています。

 

 

 

これから、5Gがくると言われ、インターネット回線がより早くなる

 

 

 

可能性があるため、それに合わせた、ビジネスも、たくさん出現することでしょう。

 

 

 

だからこそ、今までの「アナログ的な思考」を180度転換し、変化をしていかなければ

 

 

 

生き残っていく術がないと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

我々が今、危機感をもつべきこと。

 

 

 

それは、今の状態で良いのか?」「もっと、より良い方法があるのでは?

 

 

 

と考え続けることではないでしょうか。

 

 

 

絶対に、「今の状態がベスト」なんて、ことは、あり得ません。

 

 

 

一番良い立ち回り方法は、「常に、時代の流れを見て、それに合わせたことを

 

 

 

やること」なのです。

 

 

 

皆さんは、常に変化し続けていますか?

 

 

 

これから衰退していくタイプとは?

 

 

 

本記事最後になりますが、これから衰退していくタイプを申し上げると、

 

 

 

変化を恐れる人」であると言えるでしょう。

 

 

 

その昔、トヨタ自動車は、機織りを作る機械製造から始めました。

 

 

DHCは、サプリメントや、化粧品関係で有名な大手企業ですが、その昔は、

 

 

「語学の翻訳をする会社」だったのです。

 

 

 

そんな感じで時代の流れを見ていくと、将来、成功する人は、常に変化を

 

 

してきました。

 

 

 

その途中では、大きな失敗もしてきたはずです。

 

 

ただ、変化を求める人は、その失敗は、もろとも思っていません。

 

 

いずれ、成功したら、損した分は回収できる」と考えています。

 

 

僕も、この意見には、大きく賛同しています。

 

 

 

皆さんは、将来、不安ばかりの人生を送りたいですか?

 

 

 

 

僕はイヤです。

 

 

 

 

常に「安定を求めています。

 

 

 

 

だからこそ、「変化し、時には辛くても、努力し続けます。

 

 

 

 

そうでなければ、生き残っていくのは、無理だと考えているからです。

 

 

 

 

皆さんは、いかがですか?

 

 

 

 

この記事を見て、「自分はどうあるべきか?」今一度、考えて見ては、どうで

 

 

 

しょうか?