Taniブログ ebayリサーチ専門コンサルの情報発信サイト

ebay輸出の収益向上を目的とし、多方面でアドバイスしていくアドバイザー!

MENU

【英語ができないと感じるのは、ただの勘違い?】2020年から英語を学び始めても遅くはありません!日本人が英語を学ぶべき理由を、解説します。

英語が難しいと考えている方へ

 

 

 

早速ですが、読者の皆さんは、外国語に対して、どういう概念をお持ちでしょうか?

 

 

 

 

「いや、そもそも使う機会ないし、勉強するつもりないよ」

「いや、勉強したいけど、もう歳だしさ」

「そもそも、意欲はあるけど、勉強の仕方わからないし」

 

 

 

と、英語に対する、ちょっとした「壁」をお持ちな方が多いのも、事実でしょう。

 

 

 

 

そんな方々へ、本記事では、「2020年、英語を学習すべき主な理由」というテーマ

 

 

 

 

で書いていきたいと思います。

 

 

 

 

今年開催予定の、「オリンピック」しかり、今年から、「小学三年生以上を対象と

 

 

 

 

 

した学校での英語教育の義務化」も始まるということで、英語学習の勢いが

 

 

 

 

 

止まることはないでしょう。

 

 

 

 

そこで、「英語学習に”壁”を感じている方へ」、「英語を学ぶべき理由」として、

 

 

 

 

 

僕が考える、「メリット」を挙げさせていただき、「それがどう活かすことが

 

 

 

 

 

できるのかまで、お話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ぜひ、このまま、読み進めていただければと思います。

 

 

 

 

 

英語が難しいと感じるのは、ただの誤解にすぎません

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20200110081752j:plain



 

 

 

 

皆さんは、「なぜ、英語が難しい」って、思うのでしょうか?

 

 

 

 

僕が思うに、「たくさんある外国語の一つ」にしかすぎません。

 

 

 

 

冒頭で、今年から小学三年生以上を基準に、英語教育の義務化がなされると

 

 

 

 

書きました。

 

 

 

 

それ以前は、ほとんどの方は、中学校に入学してから、ようやく英語を学び

 

 

 

 

始めました。

 

 

 

 

僕は、以前、「日本の英語学習は、テストに合格するためだけの学習で収まっている」

 

 

 

 

ことをお伝えしました。

 

 

 

 

担当教師が、黒板に英語を書いて、ひたすら「暗記」させる方法しか、教えて

 

 

 

 

こなかったわけです。

 

 

 

 

それにより、どういう結果を招いたか?

 

 

 

 

 

日本人による、英語離れ」がおきました。

 

 

 

 

時代が進むにつれて、世の中は、「英語を喋れて当たり前」の世界に変わって

 

 

 

 

きたからです。

 

 

 

 

それにより、企業でも「英語のビジネスレベル」を求めるようになり、今まで

 

 

 

 

 

「聴く・話す」の練習をしてこなかった若者が、「聴く・話す」の学習を中心に

 

 

 

 

 

「このままじゃヤバイ!」と、急かされるかのごとく、英語学習を始めるように

 

 

 

 

 

なってきました。

 

 

 

 

 

実は、この件について、過去、ブログでも、投稿しています。

 

 

 

 

 

ぜひ、合わせてお読みくださると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

www.tani-blog.com

 

 

 

だから、英語が難しいと感じるのは、「ただの勘違い」にしか、すぎないのです。

 

 

 

 

 

きちんと学べる環境が整っていなかったことによるもので、「学べば誰でもできる

 

 

 

 

もの」だということを、まずは理解していただきたいです。

 

 

 

 

 

日本人の英語力について

 

 

f:id:ebaysearteacher:20200110082049j:plain

 

 

 

 

 

 

日本人の英語力について、過去、海外に10年滞在経験がある僕が、実際に見てきた

 

 

 

 

ことから、得た感想をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

僕は、プロフィールにも書いてある通り、中国に留学し、その後、中国で就労経験

 

 

 

 

があり、約10年、中国に滞在した経験があります。

 

 

 

 

 

その間に、たくさんの日本人が話す英語というのを、見聞きしてきましたが、

 

 

 

 

 

率直に感じたのは、「そもそも英語から、遠ざかってきた」人々が多いのだと

 

 

 

 

 

いう印象があります。

 

 

 

 

少しでも、知っている単語で話をすることで、相手にも多少なりとも、伝わる

 

 

 

 

ものですよね。

 

 

 

 

ですが、それ自体さえも、しようとはしない人が多すぎるということ。

 

 

 

 

 

そういう方々は、どちらかというと、「言葉が通じやすい、同じ日本人同士と

 

 

 

 

一緒にワイワイする方」が多いという印象です。

 

 

 

 

そういう方々は、別に英語を話す環境が嫌いというわけではなく、ただ喋れないから

 

 

 

 

 

わざとそういう環境から、身を遠ざけているだけという印象を受けました。

 

 

 

 

 

だから、英語力も、なかなか向上しないし、英語に触れようとしないから、

 

 

 

 

 

英語力はどんどん下降していく一方にすぎません。

 

 

 

 

 

「環境はあるのに、もったいないな」と、僕はそう感じる瞬間でもありました。

 

 

 

 

 

きっかけは、子供の頃から触れさせておくべきです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、大人になって、その道のプロになる人は、大体、幼少の頃から、その道に

 

 

 

 

 

足を突っ込んでいるパターンが多いです。

 

 

 

 

 

そして、そのきっかけは、「両親の影響」や、「兄弟の影響」という風にも

 

 

 

 

言われているぐらいです。

 

 

 

 

例えば、世界に名が知られている、有名プロ野球選手や、サッカー選手、

 

 

 

 

フィギュアスケート選手、水泳選手など、挙げたらキリがありませんが、もともと

 

 

 

 

プロになるまでは、両親の多大なる助けを借りながら、育ってきた方が多いのも

 

 

 

 

 

事実ですよね。

 

 

 

 

だから、英語もそういう環境に身をおく子供は、必ずと言っていいほど、

 

 

 

 

興味を持つはずだし、両親の助けがあって、だんだんと、日本から海外へと

 

 

 

 

視野を広めていくきっかけになるはずです。

 

 

 

 

 

2020年からでも、英語を学んでおくと良い理由とは

 

 

 

 

それでは、本記事のテーマに入りますが、「2020年からでも、英語を学んでおくと

 

 

 

 

 

良いと思う理由」ですが、僕は以下のようなメリットを挙げたいと思います。

 

 

 

 

 

  1. 企業のグローバル化は、今後も加速するから、需要は高まる
  2. インバウンドの来日外国人が増えることで、需要が高まる
  3. IT分野の発達により、海外の人材との交流も増える可能性がある
  4. そもそも義務教育化がスタートするから
  5. 世界の共通語であるから

 

 

 

 

などの理由から、特に英語を学んでおくほうが、後々有利になってくると、

 

 

 

 

僕は考えます。

 

 

 

 

 

英語という分野は、外国語の中でも、絶対に廃れることがない外国語の一つです。

 

 

 

 

あなたの将来の武器として、「英語」を選択することは、決して間違いではないこと

 

 

 

を、強く訴えたいと思います。

 

 

 

 

その他の外国語にも注目する

 

 

 

 

 

f:id:ebaysearteacher:20200110082634p:plain



 

 

 

 

 

その他の外国語ですが、最近では、東南アジアの言葉を話せる人も、たくさん

 

 

 

 

需要があるようです。

 

 

 

 

最近よく見るのは、「インドネシア語」とか、「タガログ語」もそうですね。

 

 

 

 

政府が、外国人雇用の受入枠を増やした政策を取ることで、今後たくさんの

 

 

 

 

技能実習生がたくさん増えてくると思います。

 

 

 

 

今でこそ、英語ほどの需要はないものの、僕個人では、今後、その他の外国語の

 

 

 

 

枠として、多いに注目しております。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

海外に出るとよく聞かされるこういった言葉があります。

 

 

 

 

日本人の英語は、よく聞き取れない」と。

 

 

 

 

お隣の、中国や、韓国では、小さい頃から、英語を学習させている

 

 

 

 

家庭が多いです。

 

 

 

 

僕の知る限り、韓国では、そこら中に、英語の塾があるぐらいです。

 

 

 

 

日本では、今年から、小学校での英語教育の義務化が始まろうとしている中で、

 

 

 

 

すでに遅れを取っているなと感じる今日この頃。

 

 

 

 

今の時代、「自分の得意✖︎時流に沿ったビジネス」が、必要となってきます。

 

 

 

 

だからこそ、そこに英語を加えるだけでも、スキルの幅が大きく広がることは

 

 

 

 

間違いないでしょう。

 

 

 

 

人生100年と言われているこの時代に、少しでも長く活躍できる場を求めて、

 

 

 

英語を学習することで、自分の立ち位置を確立させてみてはいかがでしょうか。

 

 

<p